Venture Club 書籍販売過去ログ

Venture Clubで扱っていた書籍の過去ログをご確認いただけます。
【ご注意】現在、Venture Clubでは書籍の注文を承っておりません。
一部の書籍は提携サービスであるBookclub KAIにてお求めいただけます。お気軽にお問い合せ下さい。
商品番号 商品名 著者 メーカー名 本体価格 新分類 商品詳細 消費税 送料 支払方法 URL 目玉商品 商品番号と商品名 発行日 CODE メモ
VC00116 他人を意のままにあやつる方法 谷原誠 KKベストセラーズ 1,333 リーダー [目次]
●序章 人をあやつるための基礎知識(人間は誰も、他人を従わせたがっている)
●1章 天使の邪心が説得の要諦(説得する者が心得ておくべき鉄則;まずは説得の基本、「相手に好意を抱かせろ」;説得の技法、その究極のすべて)
●2章 悪魔の誠意で交渉に勝利する(はたして最高の交渉術とは;最善の交渉とはすべての人が勝つ交渉である;交渉における情報、交渉における力 ほか)
●3章 議論に絶対勝つ十四カ条のテクニック(「議論の技術」がますます重要になってくる;手の内を明かしたからには―おわりに)
67 380 自動振替

VC00116他人を意のままにあやつる方法

◯人間により成り立っている社会で成功をつかむ為には、相手を動かせなければならない。あなたの答え方如何で、人生は天と地ほどに違ってしまう。説得や交渉、議論のテクニックを若手弁護士が公開。 (回)
VC00248 情報の歴史 松岡正剛/監修 NTT出版 5,340 情報革命 [目次]
1 情報の記録―われわれはどのように情報を記録し、伝達しはじめたのか BC6000以前〜BC600
2 情報の分岐―経典と写本と図書館が、古代世界のデータベースを準備する BC600〜999
3 情報と物語―航海術と印刷術は、情報文化の表現を多様に変えていく 1000〜1599
4 技術と情報―産業革命が社会と技術を近づけ、人々の世界観を変質させる 1600〜1839
5 情報の拡大―資本と労働が対立し、世界は激しい情報の多様化をおこす 1840〜1899
6 戦争と情報―宗教は後退し、資本の矛盾が情報文化に辛い試練を迫る 1900〜1939
7 情報の文化―環境危機をかかえたグローバル・コミュニケーションの時代へ 1940〜1989
267 380 自動振替 http://www.nttpub.co.jp/
VC00248情報の歴史
4-87188-460-0 ◯画期的情報年表『情報の歴史』が話題を呼んで以来待たれていた本書は、5000万年を駆け抜ける情報文化史講義の形をとる。歴史の読み方が変わる21世紀のための必読書。(出 OK)
VC00314 複雑系入門 井庭崇、福原義久 NTT出版 1,800 複雑系 [目次]
1 『複雑系』科学
2 複雑性の現象
3 複雑適応系
4 『複雑系』科学のフロンティア
5 『複雑系』研究への道標

90 380 自動振替 http://www.nttpub.co.jp/vbook/index.html
VC00314複雑系入門 1998.6.1 4-87188-560-7 ◯ 引用了解済み内容紹介■ 「複雑系」に含まれるテーマを包括的に整理、解説。なんとなく概念はわかったが、もう少し「複雑系」を理解したいと思う人への格好の「入門書」。 (出OK)

VC00249 理解の秘密 マジカル・インストラクション リチャード・ワーマン/著 松岡正剛/監訳  NTT出版 2,718 情報革命 [目次]
第1章 伝わらない人生―あなたは理解されていますか?
第2章 インストラクション入門―コミュニケーションの核心がここにある
第3章 コミュニケーションとしての仕事―インストラクションの働きをさぐる
第4章 「言ったじゃないか!」「そうでしたっけ?」―インストラクションの送り手・受け手
第5章 パーソナリティ以外の壁―コミュニケーションを阻害するもの
第6章 なぜインストラクションに従えないのか―トラブルには原因がある
第7章 インストラクション・マネジメント―ハードルを超える方法
第8章 理解へ向かう道がある―インストラクションのレシピ
第9章 方法はいくつもある―多彩に多様にさらに深く
第10章 これがディストラクションだ―コミュニケーションを破壊するもの
第11章 「機械についていけない」症候群―喜劇のような悲劇が起きている
第12章 マニュアルはどこからくるのか―その発生と問題と対策
第13章 忘れがたいインストラクター―インストラクションの達人とは
第14章 エンパワーメントが組織を活かす―責任と権限と創造力
第15章 新しいリーダー像―コントローラーVSコンダクター
第16章 カンニング・ペーパー―インストラクション虎の巻
136 380 自動振替 http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/217.html
VC00249理解の秘密 マジカル・インストラクション 1993.4.1 4-87188-217-9 ◯情報のやりとりに少しの配慮が足りないばかりに、世の中は失意と誤解に満ちている。アメリカのユニークな情報インストラクターの著者がビジネスピープルに贈るコミュニケーション講座。 (出OK)
VC00147 カオスのマネジメント ラルフ・ステイシー/著 石川昭/監訳 NTT出版 2,816 経営 [目次]
第1章 カオスのマネジメントとは何か
第2章 なぜマネジャーには新しい思考の枠組みが必要か
第3章 システム、成功、不安定状態
第4章 創造性と破壊 自然発生と予測不可能性
第5章 戦略的思考と意見の対立
第6章 戦略上の意図と予測不可能性
第7章 戦略的な業績コントロールと不規則性
第8章 社員の経営参加、序列、安定状態
第9章 組織的な学習と戦略の自然成立に至るステップ
141 380 自動振替 http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/381.html
VC00147カオスのマネジメント 1995.3.1 4-87188-381-7
VC00059 元気な産業 意外なビジネス 牧野 昇著 月尾嘉男著 PHP 研究所 1,250 パラダイムシフト [目次]
プロローグ 産業再編構想
第1章 環境保全産業―“社会活動”として生まれかわる農林業
第2章 資源循環産業―大量生産・廃棄社会からの転換
第3章 生活支援産業―多様で高度な豊かさの追求
第4章 情報活用産業―「小」組織の活力が創る「大」ビジネス
第5章 資代開拓産業―伝統力と先端力を武器に拓く未来
エピローグ 表の経済・裏の経済
63 380 自動振替 http://www.php.co.jp/cgi-web/shop/shop.cgi?select=4-569-60533-8
VC00059元気な産業 意外なビジネス 1999年3月19日 ISBN4-569-60533-8 今の日本は閉塞状況にある。この状況を乗り切る新しいビジネスの分野はどこにあるのだろうか。 本書では産業に対する考え方そのものを転換し、そこから見えてくる新しいビジネス・チャンスを具体的に紹介する。 日本はすでに成長構造ではなくなり、一極集中から多極分散構造になるなど、大きな構造変化の中にある。従来の第一次、第二次、第三次といった産業分類は実情に合わなくなっている。そこで、環境保全、資源循環,生活維持、情報活用、次代開拓、といった新しい五つの産業概念を提唱する。そこから「都会の孤独な人に向けた人工ペット」「捨てられていた石が魚焼き器に、海水が化粧水に」「氷で建物を冷やすエコ・アイス」「マイクロソフトを脅かす仮想組織リナックス」「水と空気が高く売れる」「遺跡復活ビジネス」など目からウロコの新ビジネスが見えてくる。 サバイバル時代を生き抜き、今後の長期的な発展も見込める実践的アイデアが満載。
VC00262 人を育てるカウンセリング・マインド ビジネスリーダーが読む心理学 國分康孝 PHP研究所 602 心理学 [目次]
第1章 カウンセリング・マインドを職場に活かす
第2章 部下を育てるライン・カウンセリング
第3章 効果をあげる現場指導
第4章 上手な会議の進め方
第5章 集団を育てるときのカウンセリング
第6章 部下を理解する七カ条
第7章 よい管理者になれる特性
第8章 実りある職場カウンセリング
第9章 職場のカウンセリングQ&A
30 380 自動振替 http://www.php.co.jp/
VC00262人を育てるカウンセリング・マインド ビジネスリーダーが読む心理学 1995.5.1 絶版 絶版日本の情報ネットワークをリードし、「編集工学研究所」を率いる著者が、価値ある情報の発見と発信のための門外不出のノウハウを大公開。言語や記憶の秘密から知の快楽、新たな世界観の構築まで、現代に生きる必須の技術を詳細に説く。
(出未)
VC00263 人間関係がラクになる心理学 國分康孝 PHP研究所 467 心理学 [目次]
第1章 まず人間関係を潤す原理を知ろう
第2章 こうすれば人間関係の悩みは解消できる
第3章 好ましい人間関係を築く技術
第4章 人の世を力強く生きるための要諦
第5章 人づきあい相談室―悩む前に読んでください
23 380 自動振替 http://www.php.co.jp/
VC00263人間関係がラクになる心理学
ISBN4-569-56481-X 人間関係、悩んでいたのが嘘みたい「嫌いな相手を好きになろうとする必要はない」「気になることは相手に言え」など、眼からウロコが落ちる50のハウツーを公開する。
VC00148 戦略シナリオのノウハウ・ドゥハウ HRインスティテュート/著 野口吉昭/編 PHP研究所 1,600 経営 [目次]
第1章 戦略シナリオとはサバイバル・シナリオである
第2章 戦略シナリオのつくり方・まとめ方
第3章 分析ツールの基本―コンサルティング・スキルを整理する
第4章 戦略シナリオのための環境分析の方法
第5章 戦略目標はゴール(GOAL)
第6章 戦略体系がシナリオのコアだ
第7章 戦略〜計画〜目標管理までの一気通貫でシナリオに命を吹き込む
第8章 事業収支シミュレーションがシナリオのまとめ
第9章 戦略シナリオ修正のマイルストーン
80 380 自動振替 http://www.php.co.jp/cgi-web/shop/shop.cgi?select=4-569-60685-7
VC00148戦略シナリオのノウハウ・ドゥハウ 1999.7.1 ISBN4-569-60685-7 絶版
VC00117 上司の哲学 部下に信頼される20の要諦 江口克彦 PHP研究所 1,333 リーダー [目次]
●仕事の峠・人生の峠
●夢を与える
●考え方を示す
●ほめる
●熱意を評価する
●能力を引き出す
●耳を傾ける
●仕事を任せる
●差別をしない
●自分より優秀な人材を育てる
〔ほか〕
67 380 自動振替 http://www.php.co.jp/
VC00117上司の哲学 部下に信頼される20の要諦 1997.12.1 ISBN4-569-55945-X これから求められる指導者の条件とは何か。PHP研究所の経営者であり、二十数年間、松下幸之助に薫陶を受けた著者が語る上司の心得。
VC00089 競争優位のマーケティング 「一人勝ち時代」の格闘能力養成講座 柴田正幸/著 PHP研究所 1,350 マーケティング [目次]
1 生活者市場で支持されるために(生活者市場のドアを開けるパスワード―ベネフィット(得、便益、満足)
ニーズに応えても選ばれるとは限らない―ニーズとウォンツ、その違い ほか)
2 激化する競争環境で生き残っていくために(競争は片方の一方的意思のみで成立する―マーケティングという名の企業バトル
運を天に任せるだけでは勝利は得られない―ランチェスター戦略とマーケティング ほか)
3 あなた自身の中にある競争優位の発見(顧客の心の中こそがマーケティングの主戦場―心すべきは「知覚の前提」
心の中の指定席を予約せよ―絶対有利「NO.1の法則」 ほか)
4 有効なマーケティングを行うために(市場拡大のタイムラグ―PLC(プロダクト・ライフ・サイクル)
PLCの戦略は競争ポジションで変わる―PLCと競争戦略 ほか)
68 380 自動振替 http://www.php.co.jp/
VC00089競争優位のマーケティング 「一人勝ち時代」の格闘能力養成講座 1999.10.1 ISBN4-569-60373-4
VC00090 入門ワン・トゥ・ワン・マーケティング 〈顧客〉ではなく〈個客〉の満足を高める新手法 服部隆幸/著 PHP研究所 1,350 マーケティング [目次]
序章 服部メソッド・ワン・トゥ・ワンとは
第1章 なぜ、いまワン・トゥ・ワン・マーケティングが注目されるのか
●現状データベースには課題が山積だ
●本当に役立つデータベースはこう作る ほか
第2章 エリア戦略を高める
●“ワン・トゥ・ワン観点”を身につける
●顧客側の変化にどう対応するか ほか)
第3章 リレーションシップを高める―DM編
●顧客を感動させるDMの条件
●顧客との円滑なリレーションシップのとり方 ほか)
第4章 リレーションシップを高める―店舗編
●平等では顧客満足は得られない
●接客中の顧客情報をいかに販売員に伝えるか ほか)
第5章 カスタマイズが成功の決め手
●真のカスタマイズとは何か
●カスタマイゼーションは顧客との対話から ほか)
68 380 自動振替

VC00090入門ワン・トゥ・ワン・マーケティング 〈顧客〉ではなく〈個客〉の満足を高める新手法 1999.7.1 ISBN4-569-60684-9
VC00060 ネットワーク思考のすすめ 逢沢明 PHP研究所 660 パラダイムシフト [目次]
第1章 ネットワークからの発想
第2章 ネットワーク社会のダイナミズム
第3章 文明としてのネットワーク
第4章 「知」のネットワークに隠された主題
第5章 ギガ文明を開く情報技術
第6章 ウェブ型メディアの爆発的成長力
第7章 コミュニティウェアで技術を超える
第8章 ハイウェイは文化をめざす
33 380 自動振替 http://www.php.co.jp/cgi-web/shop/shop.cgi?select=4-569-55536-5
VC00060ネットワーク思考のすすめ
ISBN4-569-55536-5
VC00077 ベンチャー株市場のすべて  出縄良人 PHP研究所 1,500 ベンチャー株 [目次]
第1章 ベンチャー株市場の幕開き
第2章 東証の新市場「マザーズ」のすべて
第3章 「ナスダック・ジャパン」の正体
第4章 「店頭市場」「未公開株市場」のベンチャー株
第5章 ベンチャー株市場の新投資戦略
75 380 自動振替 http://www.php.co.jp/
VC00077ベンチャー株市場のすべて  1999.12.1 ISBN4-569-60876-0
VC00239 ビジネスマンのための大人のクイズ 逢沢明 PHP研究所 1,260 柔らかい頭
63 380 自動振替

VC00239ビジネスマンのための大人のクイズ 1995.11.1 ISBN4-569-54932-2 エープリル・フールに最高のだまし方を1つ考えよ! 象を冷蔵庫に入れるための3つの不可欠な条件とは! 時代をリードする独創的発想を導くための頭の体操100問100答。
VC00280 元気な産業意外なビジネス 牧野昇/著 月尾嘉男/著  PHP研究所 1,250 新市場を拓く [目次]
●プロローグ 産業再編構想
●第1章 環境保全産業―“社会活動”として生まれかわる農林業
●第2章 資源循環産業―大量生産・廃棄社会からの転換
●第3章 生活支援産業―多様で高度な豊かさの追求
●第4章 情報活用産業―「小」組織の活力が創る「大」ビジネス
●第5章 資代開拓産業―伝統力と先端力を武器に拓く未来
●エピローグ 表の経済・裏の経済
63 380 自動振替

VC00280元気な産業意外なビジネス 1999.4.1 ISBN4-569-60533-8
VC00279 「シブヤ系」経済学 この街からベンチャービジネスが生まれる理由 西村晃/著 八田真美子/著 PHP研究所 1,200 新市場を拓く [目次]
第1章 渋谷はベンチャーの孵卵器だ!
第2章 シブヤ世代論
第3章 「シブヤ系」企業検証
第4章 文化発信の街「シブヤ」
第5章 なるか「シブヤ・ルネサンス」
60 380 自動振替

VC00279「シブヤ系」経済学 この街からベンチャービジネスが生まれる理由 1999.8.1 ISBN4-569-60690-3 ◯小商いが繁盛し、大資本が苦戦する街・渋谷は、日本経済の縮図でもある。経済的視点から渋谷を分析し、日本経済の未来を予測する。
VC00131 アウトプレースメント ジェームス・E・チャレンジャー/著 今道明/訳 TBSブリタニカ 1,500 起業 [目次]
第1部 あなたは必ず高く売れる
●再就職希望者のここが間違っている
●アウトプレースメントならどうするか
●カウンセリングが開く新しい扉 ほか
第2部 会社は必ずスリムになれる
●ダウンサイジングが新たな雇用を創出する
●ダウンサイジングと生産性の確保
●解雇しか方法はないのか ほか
第3部 優れたアウトプレースメント・サービスとは何か
● 間違いだらけのアウトプレース メント選び
●良質なアウトプレースメントと出合うために
●チャレンジャー・グレイ・クリスマスのプロセス
75 380 自動振替 http://www.tbsb.co.jp/tbsb/x5books/index.html
VC00131アウトプレースメント 1999.12.1 見つからない
VC00041 全図解インターネットビジネスのしくみ アメリカベンチャー、ここまでやってる! 有元美津世/著 あさ出版 1,500 ネットビジネス [目次]
プロローグ アメリカのインターネットビジネスはこうなっている―日本の明日がみえてくる
1 オンラインコミュニティのしくみ
2 オンライン旅行予約ビジネスのしくみ
3 オンラインオークションのしくみ
4 オンライン仲介ビジネスのしくみ
5 企業間取引仲介ビジネスのしくみ
6 オンラインストアのしくみ
7 オンライン宅配サービスのしくみ
エピローグ アメリカベンチャーに学ぶインターネットビジネス成功のための10のポイント
75 380 自動振替

VC00041全図解インターネットビジネスのしくみ アメリカベンチャー、ここまでやってる! 1999.7.1
VC00042 全図解インターネットビジネス儲けのヒント 日本版e‐ビジネスのしくみ24 今井仁 あさ出版 1,500 ネットビジネス [目次]
第1章 インターネット・ビジネス立ち上げの着眼点は何か
●インターネット・ビジネスは「ドッグイヤー」から「マウスイヤー」に
●インターネット社会の「ビジネスのヒント」 ほか
第2章 インターネット・ビジネスの「儲け」はこうしてつかめ
●サービスを提供して儲ける
●情報を提供して儲ける ほか
第3章 コンテンツで「儲ける」にはそれなりのコツがある
●コンテンツ・プロデューサーになって儲ける
●顧客の情報を蓄積して儲ける ほか
第4章 インターネット・ビジネスの「儲け」はキャピタル・ゲインにあり
●成長の可能性が生み出すキャピタル・ゲインという儲け
●キャピタル・ゲインがアメリカの成功モデル ほか
第5章 起業独立と新事業展開のチャンスが訪れた
●行政サイドの支援がかつてなく充実している
●あなたがインターネット・ビジネスの起業家になるために
75 380 自動振替

VC00042全図解インターネットビジネス儲けのヒント 日本版e‐ビジネスのしくみ24 2000.1.1
VC00315 複雑系を超えて システムを永久進化させる9つの法則 ケヴィン・ケリー アスキー出版局 4,800 複雑系 [目次]
作られたものと生まれたもの
巣の精神
態度を持つ機械
複雑なものを組み上げる
共進化
流動する自然
コントロールの創発
閉じた系
バイオスフィアが「はじける」とき
産業生態学〔ほか〕
240 380 自動振替

VC00315複雑系を超えて システムを永久進化させる9つの法則 1999.2.1
VC00118 マフィアの法則 人を操る37の方法 V. 東江一紀 監訳 アスペクト 1,200 リーダー [目次]
1 おのれを管理する(就職;上司;権力抗争 ほか)
2 他人を管理する(雇用;部下;相談役 ほか)
3 その他もろもろ(目標;ビジネスの本質;資本主義 ほか)
60 380 自動振替

VC00118マフィアの法則 人を操る37の方法 1997.10.1

VC00300 プロが教えるインターネット株式投資のツボ めざせ!インターネット長者への道 ワールドストック・ジャーナル/著  インプレス 1,400 投資 [目次]
第1章 米国の情報化革命と株式市場
●インターネット関連銘柄の上昇
●米国の状況を見据えて日本では
第2章 株式投資をはじめるための基本
●株ってなに?
●株取引のしくみ
●株取引の実際
●金融商品のいろいろ
●テクニカル分析の基礎
第3章 株式投資を決定するコツ
●株式投資の考え方
●自分で考えて株式投資する―方法論
●自分で考えて株式投資する―データ編
●専門家の意見を参考にする
第4章 できた!オンライン株式投資
●オンライン株式投資のしくみ
●株式投資に挑戦
70 380 自動振替

VC00300プロが教えるインターネット株式投資のツボ めざせ!インターネット長者への道 1999.11.1
VC00061 ワクワクするビジネスに「不況」はない 小阪裕司 ヴォイス 1,700 パラダイムシフト [目次]
第1章 あなたにもミッションがある
第2章 市場はワクワクを待っている
第3章 「意味合い」こそが人生だ
第4章 癒しの市場がやって来る
第5章 顧客をエンターテインせよ!
第6章 ショップの意味を転換せよ!
第7章 ワクワクから始めよう
85 380 自動振替

VC00061ワクワクするビジネスに「不況」はない 1997.12.1

VC00062 ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる マーシャ・シネター/著 ヴォイス/編 ヴォイス 1,893 パラダイムシフト [目次]
第1章 米国の情報化革命と株式市場
●インターネット関連銘柄の上昇
●米国の状況を見据えて日本では
第2章 株式投資をはじめるための基本
●株ってなに?
●株取引のしくみ
●株取引の実際
●金融商品のいろいろ
●テクニカル分析の基礎
第3章 株式投資を決定するコツ
●株式投資の考え方
●自分で考えて株式投資する―方法論
●自分で考えて株式投資する―データ編
●専門家の意見を参考にする
第4章 できた!オンライン株式投資
●オンライン株式投資のしくみ
●株式投資に挑戦
95 380 自動振替

VC00062ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる 1996.11.1

VC00017 スティーブ・ジョブズの道 改訂版 ランドール・ストロス 斉藤 弘毅  エーアイ出版 2,427 カリスマ [目次]
第1章 パロアルト研究所をめぐって
第2章 当然与えられるべき名誉
第3章 三十代の仲間たち
第4章 ロス・ペローの魔術
第5章 狭い視野
第6章 様々な競争者
第7章 NeXT発表
第8章 学者とお金
第9章 ハリウッド
第10章 ローラーコスター
第11章 再生
第12章 ヴードゥー経済学
第13章 再生また再生
第14章 ダーウィン博士、ようこそラスベガスへ
121 380 自動振替

VC00017スティーブ・ジョブズの道 改訂版 1995.8.1
VC00165 SOHO初心者の簡単経理入門 開業の準備から初決算まで 富永英里 かんき出版 1,300
[目次]
PART1 開業の準備はできていますか?
1  SOHOで成功する3つの条件
2  本当にその仕事で独立できますか?
3  同業者に人脈はありますか?
4  独立に必要な資金はできていますか?
5  仲間と一緒に独立するときの注意点

PART2 開業時の役所への届け出
1  開業にはたくさんの手続きが必要
2  独立前の手続きは?
3  開業届を出す前にしておくこと
4  開業届を出そう
5  青色申告制度を活用しましょう
6  身内に仕事を手伝ってもらう場合
7  帳簿を簡単につけたい場合
8  アルバイトや従業員を雇った場合

PART3 お仕事を探しましょう
1  営業活動を開始しましょう
2  営業ツールを揃えましょう
3  アピール度の高いホームページとは?
4  料金表の作り方
5  実績表の作り方
6  挨拶回りに出かけましょう
7  交流会に参加しましょう
8  SOHOネットワークの活用法
9  送付状・請求書などの作り方

PART4 お金の管理も大切です。
1  帳簿は毎日つけましょう
2  領収証の整理の仕方
3  会計ソフトの入力の基本
4  お金を支払ったときの入力
5  お金を受け取ったときの入力
6  報酬を後払いでもらうときの入力
7  後払いでものを買ったときの入力
8  大きな買い物をしたときの入力
9  事業資金の貸し借りの入力
10  補助科目を活用しましょう
11  資金繰りの把握も重要です

PART5 仕事上のトラブルが起こったら
1  トラブルはどこで起きる?
2  トラブルを事前に回避する方法
3  請求書を発行しわすれないで!
4  手形や小切手をもらったら?
5  入金されなかったらどうする?
6  トラブル解決の最後の手段
7  サムライ族の家系図を知りましょう

PART6 はじめての決算と確定申告
1  決算ってどんなこと?
2  決算作業の第1ステップ
3  残高試算表と総勘定元帳のチェック
4  経費の内容のチェック
5  決算処理の第2ステップ
6  売上原価を計算する
7  減価償却費を計算する
8  貸倒引当金を計算する
9  青色申告の特典をチェック
10  決算作業の第3ステップ
11  確定申告書を提出しましょう

PART7 来年度の事業計画を立てましょう
1 決算が終わったら
2  1年間の反省点を見つけましょう
3  利益計画も大切です
4  将来の設計図を書きましょう
5  フリーランスから会社社長へ
6  法律も勉強しておきましょう
7  万一に備えて保険もかけよう
8  最後にモノを言うのは「人間」です
65 380 自動振替 http://www.kanki-pub.co.jp/Pages/books/5819-5.htm
VC00165SOHO初心者の簡単経理入門 開業の準備から初決算まで 1999.11.1
◯PART1 開業の準備はできていますか?
1  SOHOで成功する3つの条件
2  本当にその仕事で独立できますか?
3  同業者に人脈はありますか?
4  独立に必要な資金はできていますか?
5  仲間と一緒に独立するときの注意点


PART2 開業時の役所への届け出
1  開業にはたくさんの手続きが必要
2  独立前の手続きは?
3  開業届を出す前にしておくこと
4  開業届を出そう
5  青色申告制度を活用しましょう
6  身内に仕事を手伝ってもらう場合
7  帳簿を簡単につけたい場合
8  アルバイトや従業員を雇った場合


PART3 お仕事を探しましょう
1  営業活動を開始しましょう
2  営業ツールを揃えましょう
3  アピール度の高いホームページとは?
4  料金表の作り方
5  実績表の作り方
6  挨拶回りに出かけましょう
7  交流会に参加しましょう
8  SOHOネットワークの活用法
9  送付状・請求書などの作り方


PART4 お金の管理も大切です。
1  帳簿は毎日つけましょう
2  領収証の整理の仕方
3  会計ソフトの入力の基本
4  お金を支払ったときの入力
5  お金を受け取ったときの入力
6  報酬を後払いでもらうときの入力
7  後払いでものを買ったときの入力
8  大きな買い物をしたときの入力
9  事業資金の貸し借りの入力
10  補助科目を活用しましょう
11  資金繰りの把握も重要です

  
PART5 仕事上のトラブルが起こったら
1  トラブルはどこで起きる?
2  トラブルを事前に回避する方法
3  請求書を発行しわすれないで!
4  手形や小切手をもらったら?
5  入金されなかったらどうする?
6  トラブル解決の最後の手段
7  サムライ族の家系図を知りましょう

  
PART6 はじめての決算と確定申告
1  決算ってどんなこと?
2  決算作業の第1ステップ
3  残高試算表と総勘定元帳のチェック
4  経費の内容のチェック
5  決算処理の第2ステップ
6  売上原価を計算する
7  減価償却費を計算する
8  貸倒引当金を計算する
9  青色申告の特典をチェック
10  決算作業の第3ステップ
11  確定申告書を提出しましょう

  
PART7 来年度の事業計画を立てましょう
1 決算が終わったら
2  1年間の反省点を見つけましょう
3  利益計画も大切です
4  将来の設計図を書きましょう
5  フリーランスから会社社長へ
6  法律も勉強しておきましょう
7  万一に備えて保険もかけよう
8  最後にモノを言うのは「人間」です

  




<開業後の思いがけない悩み>
あなたは今、SOHOとして、どんな事業を起こそうと考えていますか?データ入力やプログラミング、DTP、WEBデザイン、あるいはインターネットでお店を開く人もいるでしょう。もしかしたら、今まで誰も考えつかなかったとっておきのビジネス・アイデアを温めている人もいるかもしれませんね。一口にSOHOといっても、本当にさまざまな業種があるものです。
でも、実はどんな業種であっても、共通することがあります。わたしのつたない税理士業の経験から言わせていただけば、開業すると、ほとんどの方が同じ悩みにぶつかっているのです。
それは本来の業務に関わることではなく、それにともなって発生する膨大な事務作業をどう処理するか、ということです。仕事のスキルを完璧に身につけて、準備万端のつもりで独立しても、意外と見落としていることはあるものです。
あなたは、独立開業したらどんなことが待っているか、イメージできますか?開業のお知らせ、業務案内、名刺、ホームぺージの作成などにはじまり、役所への届け出、営業、それから一番頭の痛い経理事務まで、ありとあらゆる仕事があなたを待ちかまえています。しかも、本業が忙しくなればなるほど、これらの雑務も増えていくことになるのです。
<開業から初決算までにやるべきこと>
つまり、SOHOで開業するということは、本来の業務以外に、さまざまな事務処理をこなしていかなければならないということなのです。一人で事業を立ち上げたのですから、サラリーマンと違って他人任せにはできません。すべて、あなた自身が処理しなければならないのです。
そこで本書では、独立開業するとあなたにどのような事務作業が待っているかを、出来るだけ簡単に解説してみました。
PART1では、そもそも今が独立の時期として適当なのかどうか、という根本的な問題にはじまり、資金はどのくらい必要なのか、会社を作ったほうがいいのか、それともフリーランスでがんばるのかなど、独立前に必要な準備について説明しています。
PART2は、開業時にお役所に提出する書類についての説明です。SOHOといえどもさまざまな届け出が必要ですから、いつまでにどんな書類を作らなければならないのかは、きちんと押さえておきましょう。
PART3では、挨拶状や料金表の作り方から、人脈の増やし方まで、営業活動のテクニックについて紹介しておきました。
PART4は、日々のお金の管理についての解説です。開業したら、売上から仕入、外注その他諸経費の管理まで、経営者として100%自分で行わなければなりませんから、これは非常に大切な作業です。
PART5では、代金回収について説明してあります。請求書などはどのように作成すればいいのか、トラブルが起こったときにはどうすればいいのか、そしてイザというとき頼れる税理士や弁護士と知り合いになるにはどうすればいいのかということも、ビジネスを行うなら当然知っておきたいところです。
PART6は、開業したら1年に一度必ずしなければいけない、決算と確定申告についての解説です。そしてPART7では、1年間のビジネスの成績を振り返り、よりよい翌年を迎える準備をするための、締めくくりの作業を行っていきます。
<パソコンを活用してラクしよう>
本書で説明している中でも、特にみなさんの頭を悩ますのが、PART4とPART6で説明している経理処理でしょう。よく、経理作業は雑用程度にしか捉えない方がいらっしゃいます。しかし、数字に弱い経営者で、成功している人はほとんどいないのです。
こういうと、経理なんてまったくしたことがない人にとっては、果たして自分一人できちんと処理できるかどうか、不安になるかもしれません。でも、大丈夫。本文を読めばわかりますが、これらの膨大な事務作業のほとんどは、パソコンが手助けしてくれます。経理処理は一定期間の数字を集計したり、予想の数字を修正して集計しなおしたりすることが頻繁に出てきますから、パソコンにとっては得意中の得意分野なのです。
これから一人で何でもしなければならない経営者にとって、面倒なことはなるべくパソコンに任せるべきでしょう。そうすれぱ、あなた自身は本業に専念できます。
ただし、パソコンは機械ですから、命令されたことについてしか反応しません。パソコンに指令を出すのは、やはりあなたです。ですから、パソコンにちゃんとした指示を出すために、経理処理の基本だけは勉強しなければなりません。もし、この努力を怠り、手書きで経理処理をしていったならば、あなたは1年後にはおそらく「経理嫌い」になっていることでしょう。
<全体のイメージを掴むのが大事>
本書は、「これから独立開業をしようと目指している人」もしくは「すでに独立開業したが、まだ経営者としては初心者の人たち」に、開業前から最初の決算を迎えるまでのイメージを掴んでいただくのが目的です。
そのため、個々の説明についてはなるべく専門用語などを使わず、感覚的に大枠を捉えられるように書きました。まず、本書で大きな流れを頭に入れて、詳しいことが知りたくなったなら、ぜひ専門の本も読んでみてください。
いきなり専門の本を読んでしまうと、細かいことばかりに気を取られてしまって、「木を見て森を見ず」状態になってしまうことがありますが、頭の中で全体がイメージできていれば、本当に重要なことが何なのか、すぐにわかると思います。
SOHOで開業するみなさんにとって、本書がひとつの羅針盤としてお役に立てるならば、幸いです。






冨永 英里(とみなが えり)

立教大学大学院法学研究科卒。乎成7年、冨永英里税理士事務所開設。平成10年、公認会計士・司法書士と共にER&Iコンサルティング有限会社を設立し、代表取締役に就任する。
(出)インターネットを通じて、SOHO支援番組「税理士エリの起業開業ヒント集」「税理士エリのSOHOクリニック」を開催中。主な著書に「法人税イエローぺージ」(共著、新日本法規出版)「有限会社設立キット」(共著、同文書院)がある。
VC00008 これなら絶対うまくいく!「SOHO事業」の進め方 これから始める人も一度失敗している人も 浦野敏裕/実践SOHO研究会 かんき出版 1,500 SOHO [目次]
PART1 SOHOでいったい何ができる?
PART2 SOHOをやって、いったいどこまで稼げるのか?
PART3 SOHO事業を成功させる営業戦略
PART4 SOHOがいちばん力を発揮できるオフィス環境
PART5 SOHOに欠かせないハード&ソフトの基礎知識
PART6 まずはSOHOをアルバイトで始めてみよう!
PART7 SOHOを思い立ってからの事業計画・資金計画
PART8 ムダなお金を使わないSOHO流ミニマムベンチャー戦略
PART9 保険や年金…。SOHOにとって切実な生活保障の考え方
75 380 自動振替 http://www.kanki-pub.co.jp/Pages/books/5816-0.htm
VC00008これなら絶対うまくいく!「SOHO事業」の進め方 これから始める人も一度失敗している人も 1999.11.1
PART1 SOHOでいったい何ができる?
@そもそも、SOHOとは一体何なのか?
Aどんな仕事・職種がSOHOに向いているのか?
BSOHOで仕事するメリットとは?
CSOHOにふさわしい経営規模・事業形態とは?
Dネットワークを駆使したSOHO流の仕事やり方とは?


PART2 SOHOをやって、
いったいどこまで稼げるのか?
@SOHOの報酬金額の目安はあるのか?
Aサラリーマン時代の生活を維持するにはいくら稼ぐ必要がある?
B資格取得はSOHOの報酬アップにつながるか?
C注目されているWeb通販はこれからでも参入できるか?


PART3 SOHO事業を成功させる営業戦略
@コンテンツ制作系のSOHOは“自分”をどう売り込むか?
A人脈が少ない技術系SOHOが「営業網」を広げるには?
B主婦ホームワーカーがネット上で人脈を広げていくには?
Cコンサルタント系SOHOの事業PR、顧客開拓は?
DWeb通販でお客にアピールするSOHOならではの秘訣とは?


PART4 SOHOがいちばん力を
発揮できるオフィス環境
@ホームオフィスで快適に仕事ができる理想的な環境とは?
A外に“スモールオフィス”を設けるときの注意点とは?
BSOHOにふさわしい通信環境は?
CLAN環境はどこまで役に立つか?
DSOHOのプロバイダー選びのポイントとは?

  
PART5 SOHOに欠かせない
ハード&ソフトの基礎知識
@SOHOの事業をパワーアップさせるデジタル機器の選び方とは?
A使い勝手を知っておくべき最低限のアプリケーションソフトとは?
BSOHOビジネスを効果的に進めるメールの使い方とは?
Cインターネットの膨大な情報を仕事に役立てるには?
DモバイルはSOHOの仕事にどれだけ役立つか?


  
PART6 まずはSOHOを
アルバイトで始めてみよう!
@会社にバレないように「副業SOHO」をうまくやるには?
A主婦が在宅ワークとしてできるSOHOの仕事とは?
B副業でWebショップをやるときの注意点とは?
C副業からいよいよ本業として考えるときの段取りとは?
D主婦のホームワーカーにとっての節税対策とは?


PART7 SOHOを思い立ってからの
事業計画・資金計画
@失敗しないためのSOHO開業プランの立て方とは?
A独立・開業資金の見積もり方はどうしたらいい?
B独立・開業のための自己資金が足りないときは?
Cこれから創業するSOHOが利用しやすい公的金融機関とは?
D公庫以外の創業者向けの公的融資制度はどこまで使えるのか?
ESOHOにとって、金融機関とのつき合い方とは?


PART8 ムダなお金を使わないSOHO流
ミニマムベンチャー戦略
@会社の設立費用をできるだけ抑えるには?
A事業をスターさせたときから始まるSOHOの税務対策とは?
B税理士に頼まず会計・税務は処理できるか?
C人を雇うとき、経費をできるだけ抑えるにはどうすればいい?


PART9 保険や年金…。SOHOにとって
切実な生活保障の考え方
@会社をやめたら、まず何をすればいい?
A健康保険はいったいどうなるのか?
B会社勤めしていたときの年金はいったいどうなる?
CSOHOとして事業をやるときの役所などへの届出はどうする?
D人を雇ったとき、労働保険や社会保険はどうしたらいい?






SOHOは、ご承知のように、スモールオフィス・ホームオフィス(Small Office/Home Office)の略語です。文字どおり、自宅をオフィスにしたり小さなオフィスを構えて、一人や小人数で行う事業スタイルです。
これまでの小規模事業スタイルとちょっと違うのは、パソコンやインターネットを使って仕事を効率的にこなし、より自由度の高い仕事環境とともに、創造性豊かなライフスタイルを追求していこうという発想があることです。
「自由度の高さ」や「創造性の豊かさ」というと少し気取った言い方になりますが、裏を返せば、おカネをかけず気軽に商売を始めようと思ったときに、そこにSOHOというビジネススタイルがあるともいえます。しかも、その仕事スタイルの基盤となるのが、すでに家庭にあるパソコンや通信環境だったりするわけです。
SOHOというと、デジタル・クリエイターといわれるような専門的な職種を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。
会社で身につけた専門的なスキルを土台に独立・開業を考えようとしたとき──たとえば、経理・総務部門で長くやってきた人が、独立して業務代行ビジネスをやろうとするとき、営業畑を歩んできた人が販売代理店を開業しようとするとき、あるいは広告代理店などを営もうとするとき──どんな場合でも、仕事の効率化や取引先へのスピーディーな対応は欠かせません。
しかも、最初は営業から経理、制作業務までをすべて一人でこなさなければいけないとしたら、まさにSOHOとしての効率的な事業スタイルを追求することが、成功のカギを握るといってもいいのです。
もちろん、デザイナーやライターといった従来からある専門職系の人たちの場合も、パソコン関連のスキルアップをはかったりインターネット上の情報を使いこなしていくことで、さらに仕事の幅も広がってきます。いわゆるSOHO化が仕事の品質やギャラにも跳ね返ってくるというわけです。
従来からあったビジネスのSOHO化の典型例をもう1つあげるとすれば、実店舗をもっていた小売店が、ホームページで通販をやるようなケースがあるでしょう。夫婦だけできりもりしていたお店の経営者が、新たな販売ルートを、ネットワーク上でも開拓できるようになる。しかも、実店舗とは違って、予算も人手もかけずに、いわば「2号店」をもつことができるわけです。
つまり、SOHOという事業スタイルは、これまでの事業形態や独立・開業のスタイルを大きく変える可能性を秘めているのです。
さらに、SOHOという考え方が、新たな「仕事のやり方」を生み出したもう1つの側面があります。その仕事を本業とする「専業的SOHO」に対して、「副業的SOHO」といわれる仕事スタイルです。
サラリーマンやOLが文字通り副業として行う場合もあれば、在宅の主婦が内職的に行うケースも、この「副業的SOHO」に含まれると考えていいでしょう。
会社に内緒での副業は微妙な問題ともありますが、しかし、インターネットというネットワークそのものを「仕事の場」にできたり、電子メールで仕事の受発注・納品が可能になったりと、本業に支障がでない形で仕事ができるようになった。それもSOHOスタイルならではのメリットといえます。
在宅主婦の場合は、子育てや家事をしながら時間の融通のきく仕事をしたい、かつて身につけたビジネス・スキルを埋もれさせておくのはもったいない、あるいは家計に少しでも寄与できれば……そんな動機からSOHOという仕事スタイルに関心が集まっています。
じつは、筆者も数人規模のスタッフとともに、雑誌・書籍やホームページの制作業務を営むSOHO事業者です。電子メールによる仕事の受発注はもちろん、インターネットによる情報収集、ネットワークを介したスタッフ同士の情報の共有化など、いわゆるSOHOスタイルを実践しながら日々の仕事をこなしています。
そんな日頃の体験を通して、あるいは仕事でお付き合いのあるSOHO実践者の方々を見ていて、職種や立場によってSOHOスタイルの在り方も多岐にわたることを痛感しています。
まして、これからSOHOをしようという人には「気軽」に始めたあとのクリアすべき問題(たとえば仕事の開拓、営業など)が多々あることは言うまでもありません。
本書は、そんなさまざまな立場にあるSOHO予備軍・実践者のみなさんに、できるだけ現実を踏まえた内容にしたつもりです。目次とは別に、関心のあるテーマから先に読んでいただけるよう、テーマ別インデックスを巻頭に儲けたのもそんな理由からです。
みなさんの新たな自己実現の足がかりになれば幸いです。






浦野 敏裕(うらの としひろ)

1955年新潟生まれ。早稲田大学卒。月刊誌「BIG tomorrow」(青春出版社)編集長を経て、1993年に編集制作会社?エディ・ワン設立。その後、夕刊紙や月刊誌の創刊などに参画。現在は、雑誌・書籍、ホームページなどの制作業務を行う。
自ら数人のオフィススタッフとともに仕事するSOHO事業者として、また外部のSOHOスタッフとのコラボレーション業務などを通じて、SOHO事業の在り方について研究。
著書に「これでカンペキ!独立開業の達人」(ダイヤモンド社)など。


実践SOHO研究会(じっせんそーほーけんきゅうかい)

とかく先進的なイメージが先行しがちなSOHO事業者として自らSOHOを実践しながら、その体験をもとに「SOHO事業の実学」を研究するグループ。
メンバーは浦野敏裕ほか、市嶋佑宇、永峰英太郎、黒沢大吾。それぞれが、事業の立ち上げ、税務・法務・金融、あるいは情報技術など得意分野をもち、雑誌・書籍の編集・執筆に携わりながらSOHOとして活躍する。
VC00323 手にとるように流通用語がわかる本 流通が見渡せるキーワード300 平島廉久/著 かんき出版 1,400 流通革命 [目次]
1 現代の流通の基本をつかむ―商品が消費者に届くまでの仕組みや、流通業の種類を見てみよう
2 小売業の仕組みと現状をつかむ―小売業のさまざまな形態と、抱えている問題点について見てみよう
3 卸売業の仕組みと現状をつかむ―卸売業の役割と物流システムのカラクリについて押さえておこう
4 マーケティングと流通の関係―マーチャンダイジングや販売促進、広告戦略など流通現場の実務を見ておこう
5 行政と流通の関係をつかむ―独禁法や大店法など、流通に関する法律や規制を押さえよう
6 流通の国際化と情報化―グローバル化、ネットワーク化が進むなか、流通業界はどう変わっていくのだろうか?
70 380 自動振替 http://www.kanki-pub.co.jp/Pages/books/5597-8.HTM
VC00323手にとるように流通用語がわかる本 流通が見渡せるキーワード300 1997.7.1
本体スーパーなどの仕組み、卸売業の役割、規制緩和の影響など流通のメカニズムから問題点、今後の方向性までわかる本。
VC00091 営業マンが使うマーケティングの知識 顧客にとことん近づく! 顧客別の提案で営業効率アップ 荒川圭基/著 かんき出版 1,400 マーケティング [目次]
プロローグ お客を一生の顧客にするために営業マンがやるべきこと
1 マーケティングとセールスの関係を整理する
2 営業の現場で使う「9Pの整理箱」
3 1人営業からチーム営業にチェンジする
4 データベースを活用して「ほしい!」と思っている顧客に近づく
70 380 自動振替 http://www.kanki-pub.co.jp/Pages/books/5720-2.HTM
VC00091営業マンが使うマーケティングの知識 顧客にとことん近づく! 顧客別の提案で営業効率アップ 1999.2.1

VC00092 小売業のためのマーケティング 粗利益率を3%アップする! FSP導入の手引き 荒川圭基/著 かんき出版 1,400 マーケティング PART1 「顧客維持マーケティング」とは何か?
       
@成熟市場でいかにして「成長」をかちえるか
A「顧客マーケティング」という考え方を理解する
B顧客の実態をよく観察し見きわめる
C新しい顧客維持手法
 ──フリークエント・ショッパー・プログラム(ESP)

PART2 ESPの全体像を理解する
@フリークエント・ショッパー・プログラムの狙い
Aより使いやすい「カード」で顧客をひきつける
B「毎日が特売」に替わる「顧客別投資戦略」を考える
Cあらゆる価値を提供して“上客”をつなぎとめる
D「地域密着」を強化して顧客との関係を深める
 
PART3 ESPの「顧客データ」の考え方
@はじめに顧客データありき
A顧客データベース・システムを構築する
B顧客の購買傾向をつかむ──デシル分析
C「顧客」の実像にせまる──RFMセル分析
Dすべての情報は「より良い顧客のために活用する」


PART4 事例で見るFSP成功のポイント
@顧客データベースで地域密着、顧客密着を徹底する
Aグリーンヒルズファームの生き残り戦略──フェーズ1
Bグリーンヒルズファームの生き残り戦略──フェーズ2
Cグリーンヒルズファームの生き残り戦略
  ──5年間の経験で学んだこと

PART5 FSPの導入手順
@プログラム導入時の5つの準備
A顧客システムの構築とPOSシステムの入れ替え
Bカードの仕様と特典の基本方針を決める
C初期費用・運営費用を概算し、導入効果を試算する
D会員募集は一気に展開して盛り上げる
E年間プロモーション、顧客別プロモーションを展開する
F顧客別の多段階価格を導入する
Gさらに進んだ特別企画を顧客別に展開する
H顧客の離反率を減らし、新規顧客は確実に奪取する
Iプロモーションの成果を分析する
70 380 自動振替 http://www.kanki-pub.co.jp/Pages/books/5793-8.htm
VC00092小売業のためのマーケティング 粗利益率を3%アップする! FSP導入の手引き 1999.7.1

PART1 「顧客維持マーケティング」とは何か?
       
@成熟市場でいかにして「成長」をかちえるか
A「顧客マーケティング」という考え方を理解する
B顧客の実態をよく観察し見きわめる
C新しい顧客維持手法
 ──フリークエント・ショッパー・プログラム(ESP)
   

PART2 ESPの全体像を理解する

@フリークエント・ショッパー・プログラムの狙い
Aより使いやすい「カード」で顧客をひきつける
B「毎日が特売」に替わる「顧客別投資戦略」を考える
Cあらゆる価値を提供して“上客”をつなぎとめる
D「地域密着」を強化して顧客との関係を深める
 
   
PART3 ESPの「顧客データ」の考え方

@はじめに顧客データありき
A顧客データベース・システムを構築する
B顧客の購買傾向をつかむ──デシル分析
C「顧客」の実像にせまる──RFMセル分析
Dすべての情報は「より良い顧客のために活用する」


PART4 事例で見るFSP成功のポイント

@顧客データベースで地域密着、顧客密着を徹底する
Aグリーンヒルズファームの生き残り戦略──フェーズ1
Bグリーンヒルズファームの生き残り戦略──フェーズ2
Cグリーンヒルズファームの生き残り戦略
  ──5年間の経験で学んだこと


PART5 FSPの導入手順

@プログラム導入時の5つの準備
A顧客システムの構築とPOSシステムの入れ替え
Bカードの仕様と特典の基本方針を決める
C初期費用・運営費用を概算し、導入効果を試算する
D会員募集は一気に展開して盛り上げる
E年間プロモーション、顧客別プロモーションを展開する
F顧客別の多段階価格を導入する
Gさらに進んだ特別企画を顧客別に展開する
H顧客の離反率を減らし、新規顧客は確実に奪取する
Iプロモーションの成果を分析する





 いま小売業では、「顧客力−ド」の発行が花盛りである。カード会員になれば誰でも購入額に応じて、一定率のポイントを貯めて特典と交換したり、買物のたびごとに5〜10%もの割引が提供されるプログラムだ。大手百貨店業界を中心に、まだ主流ではないがいくつかのスーパーマーケットでも導入され始めている。 誰にでも一定率のポイントや割引を提供するのは、確かに消費者の支持を受ける。ポイント提供率は高いほどよい。余裕があればポイント提供率を高くした方が競争上、確かに有利になる。 しかし、小売業は粗利益率が比較的少ない。少ない粗利の中からぎりぎりの率を割かなくてはならないとなると、利益面で経営を圧迫しかねない。はたして経済的に見合うのであろうか。 顧客力−ドをむやみに発行して当面の売上高を稼ぐのも結構だが、そこから将来につながる明るい手応えのようなものは何かつかめているのだろうか。 カードをただの割引券としてでなく、中・長期的な視点で、店と顧客をつなぐ新しい販促チャネルとして位置づけるカード・マーケティングへの経営改革がいま求められている。
 98年7月29日の日本経済新聞広告特集の中で、米国西海岸を中心に約300店舗を経営するスーパーマーケット、ボンズ・カンパニーが「顧客の取り込みと利益率向上を可能にしたカード・マーケティング」で、マイナス6%の売り上げ減少から一転して、6〜7%のプラス成長へ転じたという記事が紹介された。
 これがいま米国のスーパーマーケットを中心に、第2の小売革命と騒がれている「顧客維持マーケティング」だ。第1の革命はもちろん、今世紀半ばのセルフサービスの出現だった。 しかし大量仕入れ・大量販売のメリットを特売・安値でだけ訴求する時代は、もう終わったのだ。消費者の意識は変わった。顧客はもっと高度な満足感を店に求めている。ちょっとでも不満足を感じたら、すぐに店を離れていってしまう。 そこで登場したのが、「顧客維持マーケティング」という考え方だ。固定客を増やし、継続的にそのお客様を優遇していくことで、生涯購入額のより多くを使っていただこうというものだ。 その具体的な手法が「フリークエント。ショッパー・プログラム」=「たびたび買物するお客様のための特別プログラム」である。 ボンズ社長、リチャード・グッドスピード氏は次のようにコメントしている。
 「カード・マーケティングを導入するには、それまでのマーケティング戦略を全面的に刷新するだけの覚悟が必要だ。ボンズ社ではカードを持たない顧客にはいっさい特価販売しないといった、思い切った方針を採用した。調査で、すべての顧客が必ずしも特売品に興味を持っているわけではないことがわかり、実際に顧客力−ドを導入して新しいプログラムをテストしてみると17%も収益性が向上した」 どうだろうか。この低成長あるいはマイナス成長の時代に、粗利益が1%でも多く確実に稼げるという手法があるのだとしたら、現状の顧客力−ドの活用方法を即刻見直すべきではないだろうか。 なぜこのような革命が起こっているのか──その大きな鍵は、コストパフォーマンスが飛躍的に進歩した情報技術にある。 店の規模に見合ったコンピュータ・システムを導入し、顧客データベース・システムを構築し、顧客データを分析して販売戦略にフル活用する。 大規模チェーンでなくとも、中小や単店舗でも手ごろな値段で自前の顧客データベースを導入できるようになったことが背景にある。 「カード・マーケティングによって顧客の要求がつかめれば、顧客が一番欲しいモノを買うときに、思い切って値段を安くし?サービスをよくすることで、顧客のロイヤルティを高めることができる。売りたいモノにサービスをつけるよりも、顧客が買いたいモノにサービスをつける方が顧客は喜んでくれる。これによって、粗利益が向上し、買う気もない人に向かって広告費を浪費する無駄もなくなる」(グッドスピード社長)
 98年時点で、フリークエント・ショッパー・プログラム導入企業は全米で36%、年商5憶ドル企業では61%、5000〜5憶ドル未満の企業では50%がフリークエント・ショッパー・プログラムをすでに導入している。 その導入目的は、顧客とのロイヤルティ促進が87%、上位顧客売上高の増進が72%、購買顧客の情敷取得が70%、マーケットリーダーの維持と獲得が45%、ストア会社イメージの拡大が44%となっている。 最大のポイントは、「セルフサービス」から「顧客サービス」ヘ着眼点を移すことにある。セルフサービスはそのままに、新たに顧客サービスという視点を加味して、「顧客対話型セルフサービス」ヘ売り方を進化させる。 そのためにまず、「不特定多数向けの廉価販売」というこれまでの基本戦略をやめる。そして「特定多数へ的を絞った廉価販売」という新戦略を導入し、根本的な経営変革を行なうのだ。
 ひと口に顧客といっても、すべて同じではない。よく購入してくれている顧客もいれば、たまにしか来店しない顧客もいる。特売日だけ来店する顧客もいる。 彼らはお店の売上貢献度という経済尺度からみて同じではない。 「顧客の中には利益をもたらす人と損失をもたらす人がいることもわかる。当社の場合、顧客の40%が平均よりも1.5倍の利益をもたらしている一方で、10%の顧客は特売品のみを購入する人たちで、正直、あまり来店してほしくない方々だ」(グッドスピード氏) フリークエント・ショッパー・プログラムは顧客の購入金額に応じてサービスを区別していく新しいマーケティング手法である。「顧客を区別する」──それが基本コンセプトである。 「顧客を区別するなんてとんでもない」「顧客を区別するのはいかがなものか」というような質問をよく受ける。しかし次のような声こそが顧客の本音である。「私はこのお店で7年間ほとんど毎日買い物しているけど、その辺を通りがかった初めてのお客と比べて、何も変わったことをしてくれないじゃないの。彼らは私の名前すら知らないわ」 あなたのお店は、貢献度の高いお客様に大変無礼な扱いをしているのである。
 この本のスローガンは「より貢献度の高い顧客へ手厚いサービスを」そして「顧客を維持するマーケティングへの変革」だ。 この第2の小売革命は確かに大きな変革の波だ。しかし的確に趣旨を理解し、着実にトライすれば、必ず成功を得ることができる。そのための基本知識、そして知恵と工夫の手引きとして、本書をお届けした。 まずPART1で顧客維持マーケティングをめぐる時代背景を、PART2でフリークエント・ショッパー・プログラムの全体像を解説し、PART3で小売業に不可欠な顧客データベースとその分析手法に触れた。 PART4では米国の導入事例、特に中小規模のスーパーマーケットの成功事例に焦点を当てて紹介している。大規模チェーンでなくともこの新手法によって単店舗が大手に十分対抗できるということを明らかにした。 そしてPART5で、フリークエント・ショッパー・プログラムの導入手引きから経済効果まであらためて解説した。 フリークエント・ショッパー・プログラムはまだ日本ではなじみの少ない、しかしこれから数年のうちに確実に主流になる新手法である。できれば頭から通して読んでいただきたい。導入の経済効果を急ぎ知りたいのなら、PART5の該当部分に先に見ていただいても結構だ。




荒川 圭基(あらかわ たまき)

1939年生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。日本NCR、マイカル(旧ニチイ)を経て、83年に独立。総合情報・顧客管理などのコンサルティング会社?ジェリコ・コンサルティングとシステム開発会社?ジェリコ・ソフト・ブレーンを設立。
現在は百貨店、専門店チェーン、印刷会社、コンピュータメーカーなどに対してデータベース・マーケティングのコンサルティング、フリークエント・ショッパー・プログラム・システムの開発・導入・活用・営業用顧客データベースのパッケージ・システム開発・販売などを行なう。
主な著書に「データベース・マーケティングの進め方」(PHP研究所)「デジタル流通革命」(ダイヤモンド社)「好循環経営を生み出すデータ・ベース・マーケティング」(メディア総合研究所)「営業マンが使うマーケティングの知識」(かんき出版)など多数ある。
VC00093 〈入門〉販売予測の立て方・活かし方 売れ筋が見える!売り方がわかる! 長野修三/著 かんき出版 1,400 マーケティング [目次]
プロローグ そもそも販売予測とは何か
1 なぜ販売予測が大切なのか
2 販売予測の基本的なやり方
3 資料や情報を予測に活かす方法
4 過去の販売データを分析する
5 コストや利益と販売予測の関係
70 380 自動振替 http://www.kanki-pub.co.jp/Pages/books/5723-7.HTM
VC00093〈入門〉販売予測の立て方・活かし方 売れ筋が見える!売り方がわかる! 1998.7.1

VC00305 ’90年代後半を解く「超」の方程式  谷口正和 かんき出版 1,456 発想の転換 [目次]
超創業時代を解く
超メディア・エイジを解く
超流通革命を解く
超満足化社会を解く
超人出現を解く
73 380 自動振替 http://www.kanki-pub.co.jp/Pages/books/5505-6.HTM
VC00305 ’90年代後半を解く「超」の方程式  1995.5.1

VC00284 7つの習慣 成功には原則があった! スティーブン・R・コヴィー/著 ジェームス・スキナー/訳 川西茂/訳 キング・ベアー出版 1,942 成功の法則 [目次]
第1部 パラダイムと原則について
第2部 私的成功
第3部 公的成功
第4部 再新再生
97 380 自動振替

VC002847つの習慣 成功には原則があった! 1996.12.1

VC00244 女性が成功するレクソール・ビジネス 女性の力を100%引き出す「7day’s Study」ならうまくいく! 空閑貞子 こう書房 1,500 女性 [目次]
7day’s Studyを始める前に 女性の仕事・いまと未来へ
第1日 生涯の仕事に出会いましょう
第2日 製品を研究しましょう
第3日 報酬プランを学びましょう
第4日 あなたにあった方法を見つけましょう
第5日 自立とサクセスをめざすプランニング
第6日 あたなの人生を設計しましょう
第7日 あなたの問題点を知りましょう
7day’s Studyのまとめ 自立への能力開発
75 380 自動振替

VC00244女性が成功するレクソール・ビジネス 女性の力を100%引き出す「7day’s Study」ならうまくいく! 2000.1.1
VC00001 お金貸します 市民ベンチャーを応援する、市民バンクとは 市民ベンチャー研究会/著 永代信用組合/監修 ゴマブックス 1,800 money [目次]
1章 「市民ベンチャー」の時代が来た
2章 私たちはこうして「市民ベンチャー」に成功した
3章 市民ベンチャーで成功する人しない人
4章 あなたの夢を実現するための事業計画書の書き方
5章 あなたも市民バンクでお金を借りませんか
90 380 自動振替

VC00001お金貸します 市民ベンチャーを応援する、市民バンクとは 1999.7.1
VC00285 人の力,金の力 無能唱元 サンマーク出版 485 成功の法則 [目次]
序章 成功者となるには
第1章 成功者の器量
第2章 成功者の条件
第3章 人の力、金の力はこうして得る
第4章 成功へのステップ
第5章 真の成功への道
24 380 自動振替

VC00285人の力,金の力 1994.8.1

VC00063 ボディ・アンド・ソウル ボディショップの挑戦 A・ロディック ジャパンタイムズ 2,136 パラダイムシフト [目次]
1 欺瞞のビジネス
2 パスタとチップス
3 女商人の登場
4 仕事への挑戦
5 キャンペーン
6 ニューヨーク進出
7 愛の力
8 取引の話
9 熱帯雨林集会
10 先頭に立つ
11 ニュー・エイジは来るか
107 380 自動振替

VC00063ボディ・アンド・ソウル ボディショップの挑戦 1992.5.1

VC00018 カリスマ 下 マイク・ウィルソン/著 朽木ゆり子/訳 椋田直子/訳 ソフトバンク 1,500 カリスマ
75 380 自動振替

VC00018カリスマ 下 1998.3.1

VC00019 カリスマ 上 マイク・ウィルソン/著 朽木ゆり子/訳 椋田直子/訳 ソフトバンク 1,500 カリスマ
75 380 自動振替

VC00019カリスマ 上 1998.3.1

VC00043 インターネットビジネス白書 2000 インターネットビジネス研究会/著 浜屋敏/監修 碓井聡子/監修 ソフトバンクパブリッシング 2,800 ネットビジネス [目次]
TOPICS 
●日本のインターネットビジネストピック10
●新興キャリアが変えるか、日本の通信環境
●金融ビッグバン、主戦場はインターネットへ ほか
1 モデル別インターネットビジネスの動向
●オンラインショッピング
●情報仲介・購買支援 ほか
2 業界別既存ビジネスのインターネット対応
●農業・水産業界
●建設業界 ほか
3 データで見るインターネット市場
●インターネットの普及
●電子商取引 ほか
4 インターネットビジネス関連法規
●インターネットに関する法的な枠組み
●インフラに関する法律 ほか)
●Appendix ネットベンチャー企業マニュアル
●日本におけるベンチャー企業の再定義
●シリコンバレー型ネットベンチャーの再考 ほか
140 380 自動振替

VC00043インターネットビジネス白書 2000 1999.11.1
VC00302 E・トレードではじめるインターネット株式投資 鳥山隆一 ソフトバンクパブリッシング 1,800 投資 [目次]
1 インターネット・トレードをはじめよう
2 株式取引の基礎知識
3 インターネット・トレードに必要なパソコン知識
4 口座開設から売買の操作
5 銘柄の選択
6 売りどきと買いどきの判断
7 保有銘柄の管理
8 情報収集
90 380 自動振替

VC00302E・トレードではじめるインターネット株式投資 1999.10.1
VC00132 起業家のビジネスプラン デビッド・H・ハングスJr ダイヤモンド社 2,400 起業 [目次]
序章 ビジネスプラン概観
第1章 事業
第2章 財務データ
第3章 借入申込書
第4章 添付資料
120 380 自動振替

VC00132起業家のビジネスプラン 1997.12.1
本の内容
銀行・投資家に「OK」を出させるプランとは?雑誌「フォーブス」で“スモール・ビジネスの本ナンバーワン”にランキングされた、起業家による起業家のための実務書。これから始める人にも、すでに始めた人にも、事業の足場を固める必携本。

目次
VC00125 地球の掟 文明と環境のバランスを求めて アル・ゴア/著 小杉隆/訳  ダイヤモンド社 2,427 環境ビジネス [目次]
序章 決意への旅
第1章 砂漠の中の船団
第2章 未来が投げかける影
第3章 気候と文明の歴史
第4章 仏陀の息
第5章 井戸が涸れたら
第6章 皮一枚の厚さ
第7章 絶滅する植物種
第8章 ゴミ捨て場
第9章 自治の力
第10章 エコノミックス(生態経済学)
第11章 技術偏重時代の落とし穴
第12章 機能障害の文明
第13章 魂の環境主義
第14章 新しい共通の目標
第15章 地球環境版マーシャルプラン
終章 未来を捨てるな
121 380 自動振替

VC00125地球の掟 文明と環境のバランスを求めて 1992.9.1
VC00088 ネットワークマーケティング ゼロからできる人脈ビジネス 見山敏/著 ダイヤモンド社 1,600 マーケッティング [目次]
●一人では何にもできない
●時代は今、ネットワーク
●あなたも今日から経営者
●販売上手は夢実現上手
●販売でありながら、最も販売らしくない仕事
●普通の人が、夢を実現させるための最高の環境
●ジャパニーズドリームの実現を可能にするネットワークマーケティング
●自己責任の意識を持とう
●感動こそ人を動かす力
●誰もができることを誰もができないくらいやれ
80 380 自動振替

VC00088ネットワークマーケティング ゼロからできる人脈ビジネス 1999.1.1

VC00124 エコロジカル・マネジメント 緑の企業になるためのガイドブック E・カレンバック,F・カプラ 他 ダイヤモンド社 1,553 環境ビジネス [目次]
第1部 エコロジー重視の経営とエコロジー監査
●環境問題が企業経営を変えた
●環境データをどう分析するか
●エコロジー監査の出現
第2部 生命システムとしての企業とエコロジー監査
●エコロジー重視の企業文化をつくる
●生命システムとしての企業
●エコロジー監査のためのチェックリスト
●エコロジー監査の優先順位と進め方
付録
●いま、日本企業がなすべきこと
●バルディーズ原則
●監査に関するおもな教科書
●関連機関
解説 エコロジカル・マネジメントへの誘い
78 380 自動振替

VC00124エコロジカル・マネジメント 緑の企業になるためのガイドブック 1992.1.1

VC00097 クマのプーさんと学ぶマネジメント ロジヤー・E・アレン ダイヤモンド社 1,456 マーケティング
73 380 自動振替

VC00097クマのプーさんと学ぶマネジメント 1996.1.1

VC00094 MBAマーケティング グロービス/著 ダイヤモンド社 2,800 マーケティング [目次]
第1部 発展編―いまのマーケティング潮流を見る
●顧客維持型マーケティング
●同時進行型マーケティング
第2部 基礎編―フレームワークを確認する
●マーケティングの意義
●マーケティング・プロセス
第3部 実践編―マーケティングの考え方を実践する
●市場機会の発見
●顧客と製品に関する戦略
●価格戦略 ほか
140 380 自動振替

VC00094MBAマーケティング 1997.2.1

VC00095 ONE to ONEマーケティング 顧客リレーションシップ戦略 D.ペパーズ/著 M.ロジャース/著 ベルシステム24/訳 ダイヤモンド社 2,136 マーケティング [目次]
1章 未来からの回帰
2章 市場シェアから顧客シェアへ
3章 顧客との協働
4章 製品の差別化から顧客の差別化へ
5章 規模の経済から範囲の経済へ
6章 製品管理から顧客管理へ
7章 顧客との対話
8章 顧客のための製品づくり
9章 プライバシー保護のビジネス
10章 進化する社会
107 380 自動振替

VC00095ONE to ONEマーケティング 顧客リレーションシップ戦略 1995.3.1

VC00096 ONE to ONEマーケティングすべてがわかるQ&A 100 服部隆幸/著 渋野雅告/著 ワン・トゥ・ワン・マーケティング協議会/監修 ダイヤモンド社 1,800 マーケティング [目次]
●1 Key Word―ワン・トゥ・ワン・マーケティングを理解するキーワード
●2 Relationship―「一回のお客を一生の顧客にする」ことは、本当に可能か?
●3 Internet―インターネットとワン・トゥ・ワン・マーケティング
●4 Customer Specification―顧客識別ができなければ、ワン・トゥ・ワン・マーケティングはできない
●5 Data Base―データベースは、なぜ役に立たないのか
●6 Concept―日本における実践コンセプト
90 380 自動振替

VC00096ONE to ONEマーケティングすべてがわかるQ&A 100 1999.10.1

VC00150 顧客の「役割」を重視するデマンドチェーン・マネジメント カスタマー・コネクション ロバート・E・ウェイランド/著 ポール・M・コール/著 入江仁之/監訳 ダイヤモンド社 2,400 経営 [目次]
第1章 新しい価値の源泉を探求する
第2章 何を知る必要があるのか
第3章 いかにカスタマー・コネクション技術を獲得するか
第4章 何が利益を生み出すのか
第5章 顧客ポートフォリオを管理する
第6章 価値提案の範囲を決める
第7章 バリューチェーンにおける役割を知る
第8章 報酬・リスクのシェアを追求する
第9章 すべてを統合する
120 380 自動振替

VC00150顧客の「役割」を重視するデマンドチェーン・マネジメント カスタマー・コネクション 1999.10.1

VC00100 顧客生涯価値のデータベース・マーケティング 戦略策定のための分析と基本原則 アーサー・ヒューズ/著 秋山耕/監訳 小西圭介/訳 ダイヤモンド社 2,800 マーケティング [目次]
第1部 戦略的データベース・マーケティングの時代
●顧客ロイヤルティを支えるデータベース・マーケティング
●マス・マーケティングからデータベース・マーケティングへ
●データベース・マーケティングと組織内の権力闘争
第2部 戦略の策定
●LTV
●顧客生涯価値):その定義と計算方法
●データベースによって利益を向上させる方法
●RFM分析による利益の向上 ほか
第3部 業界別事例に学ぶ
●小売業のデータベース・マーケティング戦略
●パッケージ商品メーカーのデータベース・マーケティング戦略
●金融業のデータベース・マーケティング戦略 ほか
140 380 自動振替

VC00100顧客生涯価値のデータベース・マーケティング 戦略策定のための分析と基本原則 1999.9.1

VC00119 リーダーシップ論 ジョン P.コッター/著 黒田由貴子/監訳 ダイヤモンド社 2,400 リーダー [目次]
●序章 リーダーシップの未来
●第1章 リーダーとマネジャーとの違い
●第2章 人を動かすパワーをどう獲得し行使するか
●第3章 上司をマネジメントする
●第4章 変革プロセス・その八段階
●第5章 変革への抵抗にどう対応するか
●第6章 有能なゼネラル・マネジャーの行動

120 380 自動振替

VC00119リーダーシップ論 1999.12.1

VC00306 ネット資本主義の企業戦略 フィリップ・エバンス/著 トーマス・S・ウースター/著 ボストン・コンサルティング・グループ/訳 ダイヤモンド社 2,400 発想の転換 [目次]
第1章 不吉な前例
第2章 「情報」と「モノ」の流れが分離されると…
第3章 情報の「リッチネス」と「リーチ」は二者択一か
第4章 デコンストラクションとは何か
第5章 ディスインターミディエーション(中間業者の排除)
第6章 リーチをめぐる競争
第7章 アフィリエーションをめぐる競争
第8章 リッチネスをめぐる競争
第9章 サプライチェーンのデコンストラクション
第10章 組織のデコンストラクション
第11章 今、何をやるべきか
120 380 自動振替

VC00306ネット資本主義の企業戦略 1999.11.1

VC00099 ニューエコノミー勝者の条件 ウィナー・テイク・オール時代のマーケティング10則 ケビン・ケリー/著 酒井泰介/訳 ダイヤモンド社 1,600 マーケティング [目次]
●1 スウォーム・パワーをつかめ―多数を結べば知性が生まれる
●2 成功を呼ぶ成功―勝敗を分ける実力以外の要素
●3 潤沢さが価値を生む―希少性に逃げ込んではならない
●4 無料で売れ!―気前のいい者が報われる
●5 ネットを肥やせ―ルールではなくツールによる支配
●6 自分の強みを捨てよ―イノベーションは破壊から生まれる
●7 プレースからスペースへ―「中間」という広大な可能性
●8 フラックスこそ常態―不連続と不安定がビジネスを生む
●9 関係性のテクノロジー―一生の顧客をつかむ仕組み
●10 効率と生産性を捨てよ―無駄と非効率が機会を生む
80 380 自動振替

VC00099ニューエコノミー勝者の条件 ウィナー・テイク・オール時代のマーケティング10則 1998.8.1

VC00045 インターネットストラテジー 遊牧する経済圏 松岡正剛/〔ほか〕 ダイヤモンド社 2,718 ネットビジネス [目次]
●第1章 インターネット・ボランティア・編集的世界観―構造変動への序章
●第2章 ワールド・コミュニティモデルとしてのインターネット―世界と自分とコミュニティ
●第3章 WWW型インターネット応用技術の次にくるもの―情報編集のソフトテクノロジーへ
●第4章 インターネットと経済システム―「市場経済」から「関係の経済」へ
●第5章 悪と欲望とインターネット―矛盾と夢を吸収する装置
●第6章 遊牧的知識共有社会をめざして―人も知識も巡礼する
●エピローグ 相互編集の時代へ
136 380 自動振替

VC00045インターネットストラテジー 遊牧する経済圏 1995.11.1
VC00316 複雑系のマネジメント 週刊ダイヤモンド編集部/共編 ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス編集部/共編  ダイヤモンド社 2,000 複雑系 [目次]
第1部 複雑系企業
●ソニーの研究
●複雑系組織のマネジメント・モデル
●ソニーの収穫逓増を生み出すビジネス・モデル
●よいプラットフォーム・悪いプラットフォーム
●GEやIBMの収穫逓増を生み出すビジネス・モデル

第2部 創発・自己組織化・限定合理性・経路依存性
●創発型マネジメント・八つの発想転換
●自己組織化とポリエージェント・システム
●限定合理性と複雑性の研究
●経路依存性から見た日本企業社会
●日本企業社会の経路依存的な進化プロセス
100 380 自動振替

VC00316複雑系のマネジメント 1998.2.1
VC00324 図解物流のしくみ 必ずわかる 高橋昭博/監修 ナツメ社 1,300 流通革命 [目次]
第1章 物流の基礎知識
第2章 物流サービスとコスト
第3章 輸送と保管
第4章 物流戦略の変化と今後の展望
第5章 物流環境の変化と課題
65 380 自動振替

VC00324図解物流のしくみ 必ずわかる 1999.1.1

VC00065 宗教集団に学ぶ企業戦略 小田晋 はまの出版 1,553 パラダイムシフト [目次]
第1章 経営者は教祖、セールスは布教
第2章 販売と組織づくりは宗教集団が一枚上
第3章 はるか以前からCIを展開してきた宗教集団
第4章 後継者の育成に成功した集団がサバイバルする
第5章 文化を意識する前に宗教と文化の関わりを知る
第6章 宗教を観察すれば、21世紀の社会トレンドが見えてくる
78 380 自動振替

VC00065宗教集団に学ぶ企業戦略 1990.9.1

VC00265 「こころ」の仕事 人と向き合う・自分らしく生きる アクロス編集室編 パルコ出版 1,553 心理学 [目次]
対談 心の時代・こころの仕事(井原美代子,金子郁容)
こころの仕事探し 解説編
●心理―心を扱う仕事
●医療―医療の現場におけるこころの仕事
●東洋医学―現代に蘇る東洋医学 生活の中で育てる医学
●福祉―発想の転換で無限に広がる福祉の仕事
●ボランティア―仕事としてのボランティア
●オルターナティブ・エデュケーション―オルターナティブな教育の仕事
●メンタルトレーニング―スポーツにおけるメンタルトレーニングの展望 指導者への道
●ヒーリング―癒しの実践 民間ヒーリングの展開
●占い―援助職としての「占術」の成立に向けて)

第2章 こころの仕事を選ぶ生き方 現場編
78 380 自動振替

VC00265「こころ」の仕事 人と向き合う・自分らしく生きる 1996.7.1

VC00130 仕事はプレゼンテーション能力で決まる あなたの企画、製品、技術を実現するために 本多聡行 ぱる出版 1,500 企画
75 380 自動振替

VC00130仕事はプレゼンテーション能力で決まる あなたの企画、製品、技術を実現するために 1999.7.1
VC00101 コトラーマーケティング・マネジメント 持続的成長の開発と戦略展開 フィリップ・コトラー/著 小坂恕/〔ほか〕訳 プレジデント社 5,728 マーケティング [目次]
1 マーケティング・マネジメント
2 マーケティング機会分析
3 ターゲット市場の調査・選定
4 マーケティング戦略デザイン
5 マーケティング・プログラム
286 380 自動振替

VC00101コトラーマーケティング・マネジメント 持続的成長の開発と戦略展開 1996.5.1

VC00133 自宅からスタート!成功させる私の独立・起業 高橋慈子/伊藤華子 共著  ローカス 1,500 起業 [目次]
●第1章 勇気と知恵でビジネスを始めよう
●第2章 スタート時の準備と計画
●第3章 これだけは揃えたいモノ・設備
●第4章 仕事は「人」が支える
●第5章 お金のやりくり
●第6章 SOHOの毎日
75 380 自動振替

VC00133自宅からスタート!成功させる私の独立・起業 2000.1.1
VC00134 自分でできる会社設立 野口和男 ローカス 3,800 起業 [目次]
1 会社を設立する意義と責任
2 株式会社の設立
3 有限会社の設立
4 法人管理業務のノウハウ
5 助成金利用のノウハウ
6 フォームの利用
190 380 自動振替

VC00134自分でできる会社設立 1999.12.1
VC00135 自分でできる資金調達 野口和男 ローカス 3,200 起業 [目次]
1 銀行づきあいの常識
2 銀行の融資プロセスと会社の対応
3 緊急事態の対処法
4 民間金融機関の種類と特徴
5 公的中小企業融資の種類と特徴
6 助成金
7 事業計画書の作成方法
8 フォームの利用
9 巻末資料
160 380 自動振替

VC00135自分でできる資金調達 1999.12.1
VC00126 「エコビジネスマン」読本 地球環境にこだわる人の仕事カタログ 学生援護会 編 学生援護会 1,000 環境ビジネス
50 380 自動振替

VC00126「エコビジネスマン」読本 地球環境にこだわる人の仕事カタログ 1992.3.1

VC00068 勝者と敗者の判断 戦国武将にみる興亡の岐路 土門周平 学陽書房 1,340 パラダイムシフト [目次]
序章 勝者と敗者の判断
第1章 河越夜戦
第2章 桶狭間の合戦
第3章 川中島の合戦
第4章 姉川の合戦
第5章 三方原の合戦
第6章 長篠の合戦
第7章 山崎の合戦
第8章 賎ヶ岳の合戦
第9章 関ヶ原の合戦
67 380 自動振替

VC00068勝者と敗者の判断 戦国武将にみる興亡の岐路 1989.5.1

VC00317 偶然とカオス D.ルエール 岩波書店 2,330 複雑系 [目次]
偶然
数学と物理学
確率
宝くじと星占い
古典的決定論
ゲーム
初期条件への依存性
アダマール、デューエム、ポアンカレ
乱流―モード
乱流―ストレンジ・アトラクタ
カオス―新たなパラダイム
カオス―その後
経済学
歴史の発展
量子―基本となる考え方
量子―状態の数をかぞえる
エントロピー
非可逆性
非衡系の統計力学
沸き立つ湯と地獄の門
情報
アルゴリズムの複雑さ
複雑さとゲーデルの定理
性の本当の意味
知能
117 380 自動振替

VC00317偶然とカオス 1993.3.1
VC00245 ジェンダー 女と男の世界 I.イリイチ/著 玉野井芳郎/訳  岩波書店 2,800 女性
140 380 自動振替

VC00245ジェンダー 女と男の世界 1998年9月 4-00-026257-2
VC00246 シャドウ・ワーク 生活のあり方を問う I.イリイチ/著 玉野井芳郎/訳 栗原彬/訳  岩波書店 2,600 女性
130 380 自動振替

VC00246シャドウ・ワーク 生活のあり方を問う 1998年5月
4-00-026245-9
VC00252 インターネット自由自在 石田晴久 岩波書店 700 情報革命 [目次]
1 インターネットで何ができるか
2 電子メールの世界
3 インターネット・プロトコル
4 ドメイン名とTCP
5 パソコン端末と回線接続
6 インターネット用のソフトウェア
7 趣味のホームページづくり
8 職場のインターネット
9 インターネットの安全性
10 インターネットの将来
35 380 自動振替

VC00252インターネット自由自在 1998.3.1

VC00266 コミュニティ・ソリューション ボランタリーな問題解決にむけて 金子郁容 岩波書店 1,700 心理学
85 380 自動振替

VC00266コミュニティ・ソリューション ボランタリーな問題解決にむけて 1999.5.1
VC00267 弱さ 中村雄二郎/著 金子郁容/著  岩波書店 1,500 心理学
75 380 自動振替

VC00267弱さ 1999.5.1
VC00291 難民つくらぬ世界へ 緒方貞子 岩波書店 388 地球市民
19 380 自動振替

VC00291難民つくらぬ世界へ 1996.2.1
VC00268 愛するということ E.フロム 紀伊国屋書店 1,262 心理学
63 380 自動振替

VC00268愛するということ 1991.3.1
VC00011 ベンチャービジネスのファイナンス 変革期の企業金融を考える 田中譲/著  金融財政事情研究会 2,600 Venture
130 380 自動振替

VC00011ベンチャービジネスのファイナンス 変革期の企業金融を考える 1999.4.1
VC00078 上陸する巨大ネット市場「ナスダック」 アメリカの「ナスダック市場」の現状を紹介し、「ナスダック・ジャパン」の成功条件を提示する! 秘められたあるバイオ・ベンチャーの光芒 近藤一仁 経済法令研究会 1,500 ベンチャー株 [目次]
第1章 ナスダック市場とは何か
第2章 ナスダックが牽引する世界の店頭市場
第3章 世界企業を生んだナスダック市場
第4章 あるバイオテクノロジー企業の栄光と顛末
第5章 NASD(全米証券業協会)のビジョンとリーダーシップ
第6章 ナスダック・ジャパン上陸の衝撃
第7章 「ナスダック・ジャパン」市場でのIR活動に期待すること
75 380 自動振替

VC00078上陸する巨大ネット市場「ナスダック」 アメリカの「ナスダック市場」の現状を紹介し、「ナスダック・ジャパン」の成功条件を提示する! 秘められたあるバイオ・ベンチャーの光芒 1999.11.1
VC00136 会社設立の手順がいちばんくわしくわかる本 有限・株式・合名・合資 設立準備から設立後の届け出まで 矢野輝雄 経林書房 1,500 起業
75 380 自動振替

VC00136会社設立の手順がいちばんくわしくわかる本 有限・株式・合名・合資 設立準備から設立後の届け出まで 1999.11.1
VC00137 有限会社のいちばんやさしいつくり方 日向野利治 経林書房 1,500 起業 [目次]
1 会社をつくるなら有限会社が有利だ
2 有限会社をつくるための準備をする
3 定款のつくり方と認証まで
4 設立登記の行ない方
5 主な諸官庁への届け出
6 さあ、事業を開始しよう
75 380 自動振替

VC00137有限会社のいちばんやさしいつくり方 1999.12.1
VC00292 グローバルブレイン ピーター・ラッセル 工作舎 1,900 地球市民
95 380 自動振替

VC00292グローバルブレイン 1985.6.1
VC00293 自己組織化する宇宙 エリッヒ・ヤンツ 工作舎 3,200 地球市民
160 380 自動振替

VC00293自己組織化する宇宙 1986.9.1
VC00318 人工社会 複雑系とマルチエージェント・シミュレーション Joshua M.Epstein/〔著〕 Robert Axtell/〔著〕 服部正太/訳 木村香代子/訳 構造計画研究所 3,600 複雑系 [目次]
1 はじめに
2 Sugarscapeにおける生と死
3 交配、文化、闘争:歴史の創発
4 砂糖とスパイス―Sugarscapeにおける取引
5 疾病プロセス
6 まとめ
180 380 自動振替

VC00318人工社会 複雑系とマルチエージェント・シミュレーション 1999.12.1
VC00294 人と地球に優しい企業 森孝之 講談社 1,359 地球市民 [目次]
1 若者は“ミニ利休”(米国 リーバイ・ストラウス)
2 環境は人がつくる(米国 ニコレット・モール)
3 どちらのカンザス?(米国 ザ・プラザ)
4 喜びを届けるお手伝い(米国 ホールマーク・カード)
5 愛を培う家(米国 マクドナルド)
6 返品・交換の自由(米国 エル・エル・ビーン)
7 ホテルを替えようか(米国 企業の良心度評価)
8 動物は可哀そう(英国 ザ・ボディー・ショップ)
9 アリババの洞窟(英国 ヴィクトリア&アルバート美術館)
10 サービスって、なんだっけ(英国 マークス&スペンサー)
11 テームズ川下り(英国 環境を守る人々)
12 モリスは生きていた(英国 リバティーとサンダーソン)
13 「いよいよ歳ね」(英国 三つの年齢)
14 パリのイメージ(フランス 香水に尽くした人々)
15 芸術のお値段(フランス オルセー美術館)
16 「チューリップ」投機事件(オランダ 金満国が転落する日)
17 ランジェリー市場が燃えている(オーストリア パルマーとギャゼル)
18 らしさの“とりこ”でいいの?(スウェーデン 人の値打ち)
68 380 自動振替

VC00294人と地球に優しい企業 1990.12.1

VC00071 ゼリンスキーの法則 働かないことのススメ アーニー・ゼリンスキー/著 渡辺章子/訳 講談社 1,262 パラダイムシフト [目次]
第1章 あなたも優雅な有閑ライフをエンジョイできる
第2章 すべては認識によって生まれる
第3章 仕事のモラルは奴隷のモラル
第4章 健康にほどよい程度に働く
第5章 失業とは真のあなたが試されること
第6章 どうも退屈だがそれは自分のせいのようだ
第7章 あなたが主役
第8章 無からは何も生まれない
第9章 ZEN―今この場を生きる
第10章 くだらぬ仲間と一緒にいるよりはひとりのほうがまし
第11章 一日二十ドル以下で貴族生活
第12章 終わりは今始まったばかり
63 380 自動振替

VC00071ゼリンスキーの法則 働かないことのススメ 1995.4.2

VC00240 羽生善治頭の鍛え方 大矢順正 三笠書房 495 柔らかい頭 [目次]
第1章 意志の強さ―羽生はこう言った、「将棋は頭脳スポーツである」!
第2章 指すのはこの“一手”だけ―判断力、考え抜く力をどうつけるか
第3章 “瞬時のひらめき”―その時、羽生の頭脳がフル回転する!
第4章 羽生の苦悩―谷川と明暗を分けた“人間力”の戦い
第5章 より“勝ちたい”と思う者が勝つ!―この闘争心こそ最大の武器
25 380 自動振替

VC00240羽生善治頭の鍛え方 1996.7.1
VC00127 地球環境ビジネス2000-2001 エコビジイネスネットワーク 産学社 4,000 環境ビジネス [目次]
第1章 地球環境の維持・保全への世界的対応
第2章 環境経営と産業のグリーン化
第3章 市場拡大する環境ビジネスの背景
第4章 全産業に裾野を広げる環境ビジネス
第5章 技術系環境ビジネス
第6章 人文系環境ビジネス
第7章 環境教育
付章 国・自治体の助成・補助金
200 380 自動振替

VC00127地球環境ビジネス2000-2001 1999.12.1

VC00079 株式公開会社倍増時代 日本のベンチャーキャピタル活用法 後藤光男/著 秋野正司/著  産業能率大学出版部 2,816 ベンチャー株 [目次]
第1章 株式公開は身近なテーマ
第2章 「東京キャピタルマーケット」の魅力
●「東京キャピタルマーケットの魅力」
●日本の株式店頭市場
●店頭市場への公開と証券会社
第3章 日本のベンチャーキャピタル
●ベンチャーキャピタルの誕生と発展
●ベンチャーキャピタルの機能
●投資事業組合
●経験の蓄積
●コーポレート・パートナリング
●「リソースピープル」の組織化
●安定株主と株式の放出
第4章 ベンチャーキャピタルの活用
●投資を受け入れる前に
●事業計画書の作成
●「企業評価」と「投資審査」
●「日本合同ファイナンス」の豊富な投資資金量
●銀行の融資協調も得られる
●投資受け入れ後の遵守事項
●監査法人との正式契約 ほか
第5章 株式公開への道のり
141 380 自動振替

VC00079株式公開会社倍増時代 日本のベンチャーキャピタル活用法 1998.11.1
VC00128 エコビジネスのすすめ 福岡克也 時事通信社 1,000 環境ビジネス [目次]
1 地球環境の破壊とその再生への模索
2 地球時代へ、今なぜエコビジネスか
3 エコビジネス化へ向かう日本企業
4 海外でのエコビジネスの展開
5 グリーン・グロースのため、経済へのエコロジーの導入
6 エコビジネスとエコライフ
50 380 自動振替

VC00128エコビジネスのすすめ 1991.6.1

VC00295 ワンランク上のビッグプラネット・ビジネス 松本豊人 実業之日本社 800 地球市民 [目次]
1 ビッグプラネットへの道
2 ビッグプラネット誕生
3 ビッグプラネットの報酬制度
4 ビッグプラネットの画面
5 ビッグプラネットへの登録
6 インターネットへの道
40 380 自動振替

VC00295ワンランク上のビッグプラネット・ビジネス 1999.7.1
VC00139 起業・新事業のための公的資金・補助金のすべて 最新版 依田薫 実業之日本社 1,800 起業 [目次]
序章 公的資金のトクする利用と上手な融資の受け方
第1章 最も注目される“イチ押し”の支援とは
第2章 中小企業の新しい経営対策を応援する
第3章 商業・流通・サービス業のための総合支援
第4章 失業をさせず、雇用関係を守るための支援策
第5章 21世紀に対応、まだある意外な公的融資・助成金
90 380 自動振替

VC00139起業・新事業のための公的資金・補助金のすべて 最新版 1999.11.1
VC00031 ボランタリー経済の誕生 自発する経済とコミュニティ 金子郁容/〔ほか) 実業之日本社 2,800 コミュニティー
140 380 自動振替

VC00031ボランタリー経済の誕生 自発する経済とコミュニティ 1998.1.1
VC00140 独立・開業をめざす情報ハンドブック 福島哲史 実務教育出版 1,500 起業 [目次]
第1章 起業家セミナーや勉強会で実力をつけよう
第2章 資格・特技を活かして独立にそなえよう
第3章 自分のアイデアをどう売り込むか
第4章 さあ、会社として設立しよう
第5章 資金を調達しよう
第6章 開業後の運営に役立つ情報
第7章 フランチャイズで独立する
第8章 自分の店を出そう
第9章 海外の情報を入手する
第10章 各種情報サービス・利用サービス
付録 独立・開業の参考図書・雑誌
75 380 自動振替

VC00140独立・開業をめざす情報ハンドブック 1999.8.1
VC00120 イメージとマネージ リーダーシップとゲームメイクの戦略的指針 平尾誠二/著 松岡正剛/著  集英社 514 リーダー [目次]
●1 イメージをマネージする
●2 新たな爆発
●3 ラグビーのどこがおもしろいのか
●4 関係を編集する
●5 ラグビーは深い人間哲学である
●6 攻撃の思想・守備の思想
●7 日本ラグビーがかかえる問題点
●8 理想のラグビーを求めて
26 380 自動振替

VC00120イメージとマネージ リーダーシップとゲームメイクの戦略的指針 1999.10.1
VC00151 マネージング・フロム・ザ・ハート 愛される管理職になるために アトランタ・コンサルティング・グループ/著 楓セビル/訳 集英社 1,553 経営
78 380 自動振替

VC00151マネージング・フロム・ザ・ハート 愛される管理職になるために 1992.10.1

VC00296 未来地球からのメール 21世紀のデジタル社会を生き抜く新常識 エスター・ダイソン/著 吉岡正晴/訳  集英社 2,800 地球市民 [目次]
第1章 『未来地球からのメール』の誕生、そしてマーケットへの想い
第2章 コミュニティ
第3章 仕事
第4章 教育
第5章 管理
第6章 知的財産
第7章 コンテンツ管理
第8章 プライバシー
第9章 匿名性
第10章 セキュリティ
第11章 生活デザイン
140 380 自動振替

VC00296未来地球からのメール 21世紀のデジタル社会を生き抜く新常識 1998.7.1
VC00297 痛快!経済学 グローバル・スタンダード 中谷巌 集英社インターナショナル 1,700 地球市民 [目次]
経済学なくして私たちは生きていけない。
マーケットこそは人類の最大の発明だ。
社会主義はなぜ失敗したのか。
明日のために今日の消費をがまんしますか。
自分で会社をつくろう。
競争にも光と影がある。
所得はどう決まるのか。
市場も「失敗する」。
大不況を克服する方法。
グローバルエコノミー。
貿易黒字はなぜ発生するのか?
さらば、日本株式会社
85 380 自動振替

VC00297痛快!経済学 グローバル・スタンダード 1999.3.1 ISBN4-7976-0001-2 C0033 21世紀に生き残りを図る現代人必携の経済学入門書。深くて痛快な経済の論理を、中学生にも分かる語り口と豊富な図版で展開。類書のない画期的労作。(出未)
VC00167 痛快!税金学 Global standard★tax science 野末陳平 集英社インターナショナル 1,700 経理
85 380 自動振替

VC00167痛快!税金学 Global standard★tax science 1999.12.1 4-7976-7009-6 C0033 税金は想像以上に極めて身近な存在。この自己責任の時代で、税を知らないと損をする。生半可な知識だともっと大損する。日本一の税金通が、無頼の話しぶりで教えてくれる税の素顔と付合い方。(出未)
VC00254 痛快!コンピュータ学 Global standard★computer science 坂村健 集英社インターナショナル 1,700 情報革命 [目次]
第1章 コンピュータ学へ、ようこそ
第2章 20世紀を変えた情報理論
第3章 戦争がコンピュータを作った
第4章 0と1のマジック・ブール代数
第5章 プログラム―コンピュータとの会話術
第6章 世界を変えた小さな「石」
第7章 マシンと人間の架け橋「OS」
第8章 インターネットは「信頼の輪」
第9章 電脳社会の落とし穴
第10章 コンピュータよ、どこに行く?
85 380 自動振替 http://www.shueisha.co.jp/now/9911/shoseki/20.html
VC00254痛快!コンピュータ学 Global standard★computer science 1999.11.1 ISBN4-7976-7007-X C2055 20世紀を変え、人類史を変えた発明品コンピュータ。その原理と本質を「世界のサカムラ」が分かりやすく解剖する。「パソコンは5年で消える?」など、刺激的な話題でいっぱい。電脳時代に必読の1冊登場!(出未)
VC00121 タオのリーダー学 世紀の変わり目を生き抜くための81の戦略 ジョン・ハイダー 上野圭一 訳 春秋社 1,500 リーダー
75 380 自動振替

VC00121タオのリーダー学 世紀の変わり目を生き抜くための81の戦略 1999.3.1
VC00032 自己と組織の創造学 ヒューマン・エレメント・アプローチ ウィル・シュッツ/〔著〕 到津守男/訳 春秋社 3,400 コミュニティー [目次]
●序章 ヒューマン・エレメントの精神とパワー
●第1章 自分自身と人間関係を理解する新しい方法―仲間性(インクルージョン)、統制(コントロール)、開放性(オープンネス)
●第2章 個人として、また、専門家として、自分が効果的であるための根底―自己概念(セルフコンセプト)とセルフエスティーム
●第3章 オープン・チームワーク―協働性が高く、生産的なチームをつくる
●第4章 個人の業績を最高にする―業績の向上と創造性を発揮する
●第5章 コンコーダンス(心からの一致)による意思決定―全員が支持するより良い意思決定の開発、活用
●第6章 リーダーシップの再定義とヒューマン・エレメント的組織をつくる
170 380 自動振替

VC00032自己と組織の創造学 ヒューマン・エレメント・アプローチ 1995.12.1

VC00286 ハートフル・サクセス 21世紀を生きるビジネスマンの条件 ゲイ・ヘンドリックス/〔著〕 ケイト・ルードマン/〔著〕 吉田豊/訳 春秋社 2,000 成功の法則 [目次]
プロローグ 現場での心と魂
●序論 カンパニー・ミスティックとは何か:二十一世紀のリーダーの12の特徴
●第1部 リーダーとしてのミスティック:力の源泉になる
●第2部 実務家としてのミスティック:日常のビジネス問題の解決
●第3部 ミスティックのための訓練:誠実さ、ヴィジョン、直観を高めるための四つの十分間プラクティス
100 380 自動振替

VC00286ハートフル・サクセス 21世紀を生きるビジネスマンの条件 1997.11.1
本の内容
会社の中の神秘家が心ある成功を実現する!アメリカ大企業に信用絶大の超人気コンサルタントによるビジネスの現場
と心を結ぶ英知のエッセンス。
VC00047 ホスピタリティ サービスの原点 力石寛夫 商業界 1,429 ネットビジネス [目次]
第1章 サービス産業に携わる人間としての意識の在り方
第2章 ホスピタリティとは何か
第3章 個人としてのホスピタリティ
第4章 ホスピタリティマインドあふれるお店づくり
71 380 自動振替

VC00047ホスピタリティ サービスの原点 1997.11.1 不明
VC00074 就職しないで生きるには レイモンド・マンゴー/著 中山容/訳  晶文社 1,400 パラダイムシフト [目次]
嘘にまみれて暮らすのはイヤだ。
納得できる仕事がしたい。
失敗してもへこたれるな!―自力で生きぬくテキスト。
小さな本屋さんをはじめた
法律なんかこわくない
したたかな友人たち
心をなくして客をなくす
愛は一軒の家から…
70 380 自動振替

VC00074就職しないで生きるには 1998.9.1

VC00179 脱病院化社会 医療の限界 イヴァン・イリッチ/著 金子嗣郎/訳 晶文社 2,400 構造改革 [目次]
1 臨床的医原病(現代医学の疫学)
2 社会的医原病(生活の医療化)
3 文化的医原病(痛みの抹殺;疾病の創造と除去;死対死)
4 健康の政治学(反生産性;政治的対応策;健康の回復)
120 380 自動振替

VC00179脱病院化社会 医療の限界 1998.10 4-7949-1262-5
VC00281 仕事(ワーキング)! スタッズ・ターケル/著 中山容/〔ほか〕訳 晶文社 4,600 新市場を拓く
230 380 自動振替

VC00281仕事(ワーキング)! 1983.5.1

VC00282 脱「開発」の時代 現代社会を解読するキイワード辞典 ヴォルフガング・ザックス/編 イヴァン・イリッチ/〔ほか〕著 三浦清隆/〔ほか〕訳  晶文社 4,757 新市場を拓く [目次]
開発;環境;平等;援助;市場;ニーズ;単一の世界;参加;計画;人口;貧困;生産;進歩;資源;科学;社会主義;生活水準;国家;技術
238 380 自動振替

VC00282脱「開発」の時代 現代社会を解読するキイワード辞典 1996/9 4-7949-6269-X 本の内容
環境、平等、援助、貧困など、その意味を疑われることのない19のキイワードのもつ矛盾と中毒性を洗い出し、私たちの思考の意識されない構造を明らかにする。脱「開発」の時代を考えようとすれば、その構造を乗り越える必要があるからである。本書は「開発の時代」を終わらせるための「力としての知のガイド」がある。e-book
VC00080 東証を脅かす「ナスダック」その実力と正体 世界最大の「証券市場」上陸で、日本はどうするか 仁科剛平 祥伝社 1,300 ベンチャー株 [目次]
1章 「ナスダック」日本上陸の衝撃―いよいよ始まった株式市場の熾烈な“覇権戦争”
2章 世界最大の株式市場「ナスダック」の正体―理想を追求した“システム”が、驚異の急成長を実現した
3章 「ナスダック」は本当に魅力的な市場なのか―企業と投資家が「日本」のマーケットを見捨てる日
4章 株式初心者でも出来る「ナスダック」投資術―10万円の資金から始められる“宝の山”をどう読むか
5章 「ナスダック」銘柄の何を選べばよいか―株投資はこれを狙え!主要100社の大研究
65 380 自動振替

VC00080東証を脅かす「ナスダック」その実力と正体 世界最大の「証券市場」上陸で、日本はどうするか 1999.11.1
VC00129 沈黙の春 レイチェル・カーソン/〔著〕 青樹簗一/訳 新潮社 552 環境ビジネス
28 380 自動振替

VC00129沈黙の春 1992.1.1
VC00152 スピリチュアル・マネジャー リー・G・ボールマン/著 テレンス・E・ディール/著 山川紘矢/訳
山川亜希子/訳
新潮社 1,553 経営
78 380 自動振替

VC00152スピリチュアル・マネジャー 1996.4.1

VC00049 e‐ネットビジネス これからの情報流通産業 片方善治/谷口啓一/共著 森北出版 1,600 ネットビジネス [目次]
第1章 情報流通産業社会とは
第2章 デジタルコンテンツとその事例
第3章 情報流通端末
第4章 情報流通サービス
第5章 ECビジネス
第6章 情報流通ネットワークインフラ
80 380 自動振替

VC00049e‐ネットビジネス これからの情報流通産業 1999.11.1
VC00039 ツキを呼び込む100の法則 無能唱元 星雲社(ウィーグル) 971 ツキを呼ぶ
49 380 自動振替

VC00039ツキを呼び込む100の法則 1991.6.1

VC00271 上司のための心理学 組織と人を生かすカウンセリングマインド 國分康孝 生産性出版 1,500 心理学 [目次]
第1章 役割としての上司
第2章 上司と部下の人間関係
第3章 リーダーシップとは何か
第4章 ライン・カウンセリングのすすめ方
第5章 部下指導とカウンセリングマインド
第6章 目標達成とカウンセリングマインド
第7章 組織管理とカウンセリングマインド
第8章 管理者の心構え
75 380 自動振替

VC00271上司のための心理学 組織と人を生かすカウンセリングマインド 1995.12.1

VC00272 完全なる人間 A.H.マズロー 誠信書房 2,500 心理学 [目次]
第1部 心理学領域の拡大(緒言健康の心理学へ;心理学が実存主義者から学び得るもの)
第2部 成長と動機(欠乏動機と成長動機;防衛と成長 ほか)
第3部 成長と認識(至高経験における生命の認識;激しい同一性の経験としての至高経験 ほか)
第4部 創造性(自己実現する人における創造性)
第5部 価値(心理学のデータと人間の価値;価値、成長、健康 ほか)
第6部 今後の課題(成長と自己実現の心理学に関する基本的命題)
125 380 自動振替

VC00272完全なる人間 1998.9.1
VC00275 嗜癖する人間関係 アン・ウィルソン・シェフ 誠信書房 2,200 心理学 [目次]
第1章 性的嗜癖
第2章 ロマンス嗜癖
第3章 人間関係嗜癖
第4章 親密さからの逃走
第5章 嗜癖的人間関係
第6章 親密さと健全な人間関係
第7章 回復
110 380 自動振替

VC00275嗜癖する人間関係

VC00180 構造こわし 組織変革の心理学 古川久敬 誠信書房 2,250 構造改革
113 380 自動振替

VC00180構造こわし 組織変革の心理学 1990.12.1

VC00273 経営産業心理学パースペクティブ 斎藤勇,藤森立男 編 誠信書房 2,400 心理学 [目次]
第1部 ヒューマン・マネジメント
●ワーク・モティベーション―仕事への動機づけ
●仕事の成功と失敗
●管理者とリーダーシップ
●対人魅力と職場集団の機能
●職場のストレスと適応
第2部 組織マネジメント
●経営における問題解決と意思決定
●企業組織の活性化過程
●人事測定とディベロップメント
●経営と性役割
第3部 マーケティング戦略
●販売と購買心理
●ファッションの経営心理
●広告の心理
●説得とプレゼンテーションの心理
●マーケティングの深層心理
120 380 自動振替

VC00273経営産業心理学パースペクティブ 1994.6.1

VC00153 複雑系の経営学 創造と崩壊から生まれる経営 涌田宏昭/編著  税務経理協会 2,600 経営 [目次]
第1章 複雑系の経営学の背景
第2章 複雑系研究の諸概念と経営
第3章 企業行動と複雑系
第4章 複雑系と市場
第5章 情報技術による新局面―バーチャル技術とバーチャルプロセス
第6章 生産システムの再構築と革新
第7章 マーケティングの革新とネットワーキング
130 380 自動振替

VC00153複雑系の経営学 創造と崩壊から生まれる経営 1999.9.1
VC00141 ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言 スタートアップ研究会 税務研究会出版局 2,300 起業 [目次]
第1章 ベンチャー起業の条件
第2章 ベンチャー企業のビジネスプラン
第3章 スタートアップの事業戦略
第4章 ベンチャー企業の人事戦略
第5章 ベンチャー企業の財務戦略
第6章 ベンチャー企業の戦略的提携
第7章 ベンチャー企業のM&A
115 380 自動振替

VC00141ベンチャーキャピタリストが語る起業家への提言 1999.11.1
VC00310 風邪の効用 野口晴哉 全生社 1,714 発想の転換
86 380 自動振替

VC00310風邪の効用

VC00154 ニューウェーブ・マネジメント 思索する経営 金井壽宏 創元社 1,600 経営
80 380 自動振替

VC00154ニューウェーブ・マネジメント 思索する経営 1993.3.1

VC00276 行動的な生き方 森田と内観に学ぶ D・レイノルズ/著 山本桂子/訳 創元社 1,600 心理学 [目次]
第1部 モリタ式指導による自己成長
●瞑想、公案、モリタ療法
●よくある誤解
●モリタ自己成長訓練
●ゴールデンアワーの神話
●ゲシュタルト療法との類似点
●行動の修行
●生活における訓練―まり遊び ほか

第2部 モリティストのおとぎ話と寓話
●かえるになった王子
●停止時間
●スノーボール
●塔の大時計のチャイム ほか
80 380 自動振替

VC00276行動的な生き方 森田と内観に学ぶ 1989.12.1

VC00025 アップル(上) ジム・カールトン 早川書房 2,000 カリスマ
100 380 自動振替

VC00025アップル(上) 1998.9.1
VC00277 サラリーマン心理分析室 臨床心理士による悩み相談 小川捷之 早川書房 1,262 心理学 [目次]
会社に行きたくない
職場の人間関係に悩む
昇格したくない
単身赴任で困った
会社を辞めたい
家に帰りたくない
子どもとの断絶
嫁・姑の確執
妻とのセックスが苦痛
愛人ができた
オフィス・ラブで困った
異常な性への傾斜〔ほか〕
63 380 自動振替

VC00277サラリーマン心理分析室 臨床心理士による悩み相談 1994.9.1

VC00287 変な人の書いた成功法則 四年連続トップ納税者が語る 斎藤一人 総合法令 1,600 成功の法則 [目次]
成功に方法論はない
「困ったこと」は起こらない
逆立ちはやめなさい
人は苦労するために生まれてきたのではない
それでも、一+一=三ですか?
男の浮気と女の買い物
「困った」という波動が「困ったこと」を引き起こす
人はそのままで完璧
あなたの魅力、私の魅力
女にモテる方法〔ほか〕
80 380 自動振替

VC00287変な人の書いた成功法則 四年連続トップ納税者が語る 1997.10.1

VC00299 大人の国イギリスと子どもの国日本 マークス寿子 草思社 1,600 地球市民 [目次]
1 なぜこんなに変わってしまった日本
2 豊かさはどこにあるのか
3 イギリスも変わった
4 イギリスが教えてくれるもの
5 イギリス人はなぜ日本語を学ぶのか
6 日本人は閉じこもってしまうのか
80 380 自動振替

VC00299大人の国イギリスと子どもの国日本

VC00288 「バカ」になれる人ほど「強く」生きられる “新しい自分”に生まれ変わる人生の特効薬 伊吹卓 大和出版 1,262 成功の法則 [目次]
第1章 親バカはMADE・IN・JAPAN
第2章 たまには怒ってこそ父親だ
第3章 「利口」でいくか「バカ」になれるか
第4章 言わないことが「美徳」言うことが「能力」―日本人は“腹痛型”西洋人は“頭痛型”
第5章 利口がかかる「心が満たされない病」
第6章 「バカになる」ことが人生の特効薬
63 380 自動振替

VC00288「バカ」になれる人ほど「強く」生きられる “新しい自分”に生まれ変わる人生の特効薬 1992.9.1

VC00081 オーナー経営者が知りたい店頭公開のすべて 和田芳幸/著 楠純夫/著  中央経済社 4,000 ベンチャー株 [目次]
第1章 株式公開とは
第2章 株式公開の基準
第3章 株式公開の準備作業
第4章 オーナー会社からの脱皮
第5章 外部関係者の役割
第6章 自社株評価と税務
第7章 資本政策の進め方
第8章 公開価格とキャピタルゲインの上手な取り方
第9章 持株会の導入の仕方
第10章 ストックオプションと疑似ストックオプション
200 380 自動振替

VC00081オーナー経営者が知りたい店頭公開のすべて 1999.11.1
VC00142 株式会社・有限会社設立の登記マニュアル 勝田一男 中央経済社 3,600 起業 [目次]
第1章 会社にするとこんなに得をする
第2章 設立手続をする前にこれだけはやっておこう
第3章 設立手続をしよう
第4章 設立登記の申請をしよう
第5章 取締役・代表取締役・監査役の基礎知識
第6章 会社設立後もこれだけはやっておこう
第7章 法人成りの手続と商業登記のコンピュータ化
180 380 自動振替

VC00142株式会社・有限会社設立の登記マニュアル 1999.1.1
VC00143 株式会社定款の作り方・変更の仕方 勝田一男 中央経済社 2,800 起業 [目次]
第1編 株式会社の定款
●定款を作らなければならない場合
●定款の記載事項
●標準的な定款の作成例)
第2編 定款の作り方
●総則に関する事項
●株式に関する事項
●株主総会に関する事項 ほか)
第3編 定款の変更の仕方
●定款の変更手続き
●定款変更と変更登記
●定款変更に関する株主総会の招集通知の作成例 ほか)

140 380 自動振替

VC00143株式会社定款の作り方・変更の仕方 1999.2.1
VC00026 勝者に論理あり敗者に美学あり 歴史を駆けぬけた十二人の生きざま 青木茂 中央経済社 1,748 カリスマ
87 380 自動振替

VC00026勝者に論理あり敗者に美学あり 歴史を駆けぬけた十二人の生きざま 1992.10.1

VC00122 すぐれた意思決定 判断と選択の心理学 印南一路 中央公論社 1,900 リーダー [目次]
第1部 我々と意思決定
●意思決定とは何か
●世界の性質と情報を考える
●我々の認知能力を考える

第2部 直観的意思決定のおとしあな
●情報データによる罠
●数値データにおける罠
●記憶情報における罠
●推論における罠
●直観的な決定ルールの罠

第3部 高質な意思決定の実現と組織の意思決定
●効果的に学ぶために
●創造力と想像力
●組織の意思決定
95 380 自動振替

VC00122すぐれた意思決定 判断と選択の心理学 1997.6.1
本の内容
我々の日常生活は、毎日、意思決定の連続である。恋愛からビジネス、国際紛争まで、ほとんどの事象は意思決定の過
程・結果といえる。しかし我々は直観的・本能的に意思決定をし、実際に行なった意思決定の質に対しては驚くほど無
頓着である。一方、国際化・ネットワーク化が進む現在、リスクを負わねばならないリーダーには、特にすぐれた意思
決定の能力が求められている。本書は実際的な立場から「すぐれた意思決定」を実現する術を追求する。
VC00123 すぐれた組織の意思決定 組織をいかす戦略と政策 印南一路 中央公論社 1,900 リーダー [目次]
第1部 組織の意思決定とは
●意思決定とすぐれた意思決定
●なぜ組織をつくるのか
●組織の意思決定の基本

第2部 組織戦略の意思決定
●事業と組織間関係の戦略
●組織の病理と新しい組織構造
●コミットの継続か打ち切りか
●合理的な目的体系を確立する
●正しい倫理と魅力的な理念
●組織文化と組織の真理モデル
●組織変革を実現する
●すぐれた組織の意思決定
95 380 自動振替

VC00123すぐれた組織の意思決定 組織をいかす戦略と政策 1997.6.1
本の内容
企業の意思決定は停滞し危機に瀕している。その一方で、企業戦略から日々の業務に至るまで、スピーディーで合理的
な意思決定がますます強く求められている。われわれは組織の中でどのように意思決定しているのか?すぐれた組織の
意思決定とはなにか?合理的で質の高い意思決定を実現するにはどうすればよいかを理論的に明示する。
VC00311 30日で自分のビジネスをはじめる法 あなたにもできる1カ月の準備と行動 ゲイリー・ジョセフ・グラポ /著 川村透/訳 中経出版 1,400 発想の転換 [目次]
第1章 「起業」のヒントはあなたの経験の中にある
第2章 前向きな態度が、あなたのビジネスを広げる
第3章 成功につながるビジネスプランを作ろう
第4章 人を通して、ビジネスの「きっかけ」を作ろう
第5章 「あなた」、そして「あなたのビジネス」を売り込もう
第6章 売り込みの後のフォローが「成功」の早道である
70 380 自動振替

VC0031130日で自分のビジネスをはじめる法 あなたにもできる1カ月の準備と行動 1999.8.1
VC00083 図解 日本版ナスダック早わかり 出縄良人 中経出版 1,680 ベンチャー株 [目次]
第1章 ナスダック・ジャパンは何を変えるのか
第2章 ナスダック・ジャパンのしくみはどうなるか
第3章 ナスダック公開企業はどんな会社か
第4章 日本の証券市場はどう変わるのか
第5章 ナスダック・ジャパンが日本経済を再生
第6章 フリー、フェア、グローバルな市場を目指して―孫正義氏が語るナスダック・ジャパンの展望
84 380 自動振替

VC00083図解 日本版ナスダック早わかり 1999.9.1

VC00051 図解インターネットビジネスがよくわかる 舘谷浩司 中経出版 1,500 ネットビジネス
75 380 自動振替

VC00051図解インターネットビジネスがよくわかる 1999.12.1
VC00241 知の編集工学 松岡正剛 朝日新聞社 2,200 柔らかい頭 [目次]
1 編集の入口(ゲームの愉しみ;脳という編集装置;情報社会と編集技術)
2 編集の出口(編集の冒険;複雑な時代を編集する;方法の将来)
110 380 自動振替 http://pps.asahi-np.co.jp/span/shoko.phtml?256988-3
VC00241知の編集工学 1996.8.1 不明 日本の情報ネットワークをリードし、「編集工学研究所」を率いる著者が、価値ある情報の発見と発信のための門外不出のノウハウを大公開。言語や記憶の秘密から知の快楽、新たな世界観の構築まで、現代に生きる必須の技術を詳細に説く。
(出未)
VC00255 民力 朝日新聞社/編 朝日新聞社 4,500 情報革命 [目次]
●エリア・都市圏別カラーランクマップ 婚姻率・出生率
●特集・先行指標を見つけよう―データをどう読むか、どう使う
●エリア・都市圏・市町村別主要指標
●民力指数
●都道府県別資料集
225 380 自動振替

VC00255民力 1999.6.1

VC00181 脱学校の社会 イヴァン・イリッチ/〔著〕 東洋/訳 小沢周三/訳 東京創元社 1,500 構造改革
75 380 自動振替

VC00181脱学校の社会 1980 4-488-00688-4
VC00053 インターネット・ビジネス会社情報 寺本義也/編 原田保/編 リンク総研/編 東洋経済新報社 1,800 ネットビジネス [目次]
第1部 新生日本への切り札
●ビットバレーの若者たち:ホットビュー―旗手は渋谷を求める
●夢を実現する注目の人々:インタビュー―志をもって行動する
●成功先進事例:カレントビュー―今後のポイント
第2部 ネットビジネス会社情報
●特選31社最新動向―日本を牽引する22社ときらりと光る9社
●インターネット接続―競争激しい17社の方向は
●Web製作―ここから始まる14社
●コンテンツ・プロバイダー―情報価値の尊さを体現する25社
●ネットサービス・ビジネス―21世紀の主役98社のサービス競争 
90 380 自動振替

VC00053インターネット・ビジネス会社情報 1999.12.1
VC00304 プライベート・エクイティ/価値創造の投資手法 マイケル・J・コーバー 東洋経済新報社 3,400 投資 [目次]
1 PEファンド投資入門
2 PEファンドと投資ポートフォリオマネジメント
3 PEファンドはこうして富を創造する:PEファンドの錬金術
4 戦略的PE投資活用のすすめ
5 日本版PE市場創設に向けて
6 PE投資の将来
170 380 自動振替

VC00304プライベート・エクイティ/価値創造の投資手法 1999.12.1
若いVCの方々にとっても、また実際にVCから資金調達を試みようと考えられておられるベンチャー企業(光る中堅・中小企業)の方々にとっても、大・中企業で新規事業を立ち上げようと考えておられる方々、 新しいR&D投資のあり方を模索されておられる方々、産学の活性化のファンドを考えておられる方々にとっても、資金運用として、プライベート・エクイティ ・ファンドに投資をしようと考えておられる方々にも、一度読まれてたら良いと、お勧めしたい本です。

この本は、米国弁護士のコーバーさんが、種々な調査を下に書かれた、内容の濃い、じっくり読む本です。
VC00055 図解インターネット・ビジネス 寺本義也/編 原田保/編 東洋経済新報社 1,600 ネットビジネス [目次]
第1部 ビジネスをつくるインターネット
●ニューパラダイム創造
●モバイルライフを志向するインターネット人口の増加
●インターネットで拡大する「知域」 ほか
第2部 ビジネスをこわすインターネット
●既存ビジネスの破壊と再生―製造企業の革命
●利便性と手続きの大変革―流通産業の革命
●境界破壊と融合―金融業のビジネス革命 ほか
第3部 インターネット・ビジネス成功の10原則
●インターネット・ビジネスの本質
●インターネット・ビジネスの原則
●インターネット・ビジネスの将来展望
80 380 自動振替

VC00055図解インターネット・ビジネス 1999.12.1
VC00256 なぜ日本企業では情報共有が進まないのか ナレッジ・マネジャー7つの心得 田坂広志/著 東洋経済新報社 1,500 情報革命 [目次]
●はじめに マネジャーからナレッジ・マネジャーへ
●第一の心得 情報機器の扱いではなく情報の扱いに熟達する
●第二の心得 データ、ナレッジ、ノウハウを区別して扱う
●第三の心得 膨大なデータのなかから直観的に要点をつかみ取る
●第四の心得 生きた言葉でメンバーにナレッジを伝える
●第五の心得 協働作業を通じてノウハウの共有を進める
●第六の心得 情報ボランティアの企業文化を育てる
●第七の心得 職場に相互理解による共感の場を生み出す
●おわりに 「こころの生態系」のマネジメントへ
75 380 自動振替

VC00256なぜ日本企業では情報共有が進まないのか ナレッジ・マネジャー7つの心得 1999.2.1

VC00182 これから日本市場で何が起こるのか 田坂広志 東洋経済新報社 1,600 構造改革 [目次]
●ネット革命が徹底的な「顧客中心市場」を生み出す
●資本主義が変わる―ネット革命は「資本主義市場」の性質を根本から変えてしまう
●情報基盤が変わる―ネット革命によってインターネットの「三つの革命」が市場に浸透する
●市場構造が変わる―「ガラス張りの市場」の出現で企業は徹底的な競争を余儀なくされる
●顧客意識が変わる―情報主権が顧客に移るため「戦略的な顧客」が増えていく
●購買行動が変わる―戦略的な顧客は「顧客の声」に耳を傾けるようになる〔ほか〕
80 380 自動振替

VC00182これから日本市場で何が起こるのか 1999.12.1 不明
VC00183 サステナブル社会への道筋 マルチメディア・資源・環境 月尾嘉男/編 東洋経済新報社 1,650 構造改革 [目次]
第1章 破局への道筋から持続への道筋へ
第2章 サステナブル・マルチメディア社会の構想
第3章 サステナブル建築と都市の提案
第4章 生活をささえる産業システムの変容
第5章 新しい循環型経済社会へのダイナミズム
第6章 変革への道筋
83 380 自動振替

VC00183サステナブル社会への道筋 マルチメディア・資源・環境 1996.6.1
VC00319 複雑系で解く景気循環 クズネッツ・サイクルからの展開 野田聖二/著  東洋経済新報社 1,800 複雑系 [目次]
リーディング産業―内需産業サイクル
戦後日本のクズネッツ・サイクル分析
戦前クズネッツ・サイクル分析の前提
戦前リーディング産業の分析
建設投資とアメリカのサイクル
クズネッツ・サイクルの複雑性
複雑系について
複雑系の経済学
福代氏のシステム理論
複雑な経済現象の考察
日米経済の展望
新たなパラダイムを求めて
90 380 自動振替

VC00319複雑系で解く景気循環 クズネッツ・サイクルからの展開 1999.9.1
VC00155 アクション・マネジメント S・レッドウッド/著 C・ゴールドワッサー/著 S・ストリート/著プライスウォーターハウスコンサルタント(株)戦略コンサルティング・サービス事業部/監訳  東洋経済新報社 2,000 経営 目次
第1部 アクション重視の経営
●アクション・マネジメントとは何か
●四タイプのアクション
第2部 アクション・マネジメントの成功要因
●いかに計画するか
●いかに資源配分するか
●いかにリーダーシップを身につけるか
●いかに中間管理層を活用するか
●いかに社員をモビライズするか
●いかにビジョンを共有するか
●いかに人材を育成するか
●いかに統合していくか
●いかにIT情報技術を活用するか
●いかにアクションを活性化するか
第3部 アクション・マネジャーの主要課題
●実際のアクション・マネジャーに学ぶ)
100 380 自動振替

VC00155アクション・マネジメント 1999.12.1 不明
VC00103 CRM 顧客はそこにいる Customer relationship management アンダーセンコンサルティング/〔ほか〕著 東洋経済新報社 1,800 マーケティング [目次]
第1章 『個客』が企業を変える
第2章 見る・創る・考える力
第3章 『個客』を変える力
第4章 インサイトを支える力
第5章 業界リーダーを目指すために
90 380 自動振替

VC00103CRM 顧客はそこにいる Customer relationship management 1999.1.1

VC00184 生きる思想 反=教育/技術/生命 イヴァン・イリイチ/〔著〕 桜井直文/監訳 藤原書店 2,900 構造改革 [目次]
1 稀少性・ニーズ・コモンズ
●住まいとガレージ―住人と居住者をどう区別するか
●静けさはみんなのもの
●現代的な意味での貧困―〔依存〕欲求の歴史に向けて ほか
2 文字・技術・身体
●文字文化とコンピューター
●技術とエネルギーの概念
●健康・からだ・生命の概念
145 380 自動振替

VC00184生きる思想 反=教育/技術/生命 1999.4 4-89434-131-X
VC00258 インターネットと情報リテラシー デジタル情報の処理と発信 佐々木宏/〔ほか〕 同文舘出版 2,600 情報革命 [目次]
第1章 問題解決とコンピュータ
第2章 コンピュータの基本知識
第3章 情報の収集
第4章 統計的データ処理
第5章 データベースの構築と活用
第6章 情報の発信
130 380 自動振替

VC00258インターネットと情報リテラシー デジタル情報の処理と発信 1999.9.1
VC00075 サイバーメディア新思考経済 小が大を制し、遠が近に勝つ 月尾嘉男/著 徳間書店 1,553 パラダイムシフト 第1章 キーワードはボーダレス―マルチメディア技術の特徴
第2章 距離・時間・位置の喪失―マルチメディア経済の特徴
第3章 都会も田舎も平等―マルチメディア生活の特徴
第4章 100兆円産業の出現―マルチメディア産業の特徴
第5章 「大」の時代の終焉、「小」の時代の出発―マルチメディア業務の特徴
第6章 マルチメディア・チャンスを逃すな
第7章 カオスの彼方―21世紀の課題
78 380 自動振替

VC00075サイバーメディア新思考経済 小が大を制し、遠が近に勝つ 1997.2.1
VC00242 知の創造 ネイチャーで見る科学の世界 竹内薫/責任翻訳 徳間書店 4,200 柔らかい頭 [目次]
●科学一般、トピックス
●バイオテクノロジー、医学
●生物
●生物の進化
●エレクトロニクスと技術
●物理、マテリアル
●数学
●天体と宇宙
●地球、環境
210 380 自動振替 http://www.tokuma.com/nature/naiyou.html
VC00242知の創造 ネイチャーで見る科学の世界 1999.10.1 不明 第一線の科学者による限りなくジャーナリスティックな科学解説――専門分野化されあたかもブラックボックスに入ってしまったかのような先端サイエンスの成果が手にとるようにわかる――知の生まれゆく、現場の興奮を伝える『ネイチャー』の顔ともいうべきコラム「news&views」が日本語でついに一冊にまとまった――!!(出未)
VC00056 ネットビジネスの経営戦略 知識交換とバリューチェーン 根来竜之/著 木村誠/著 日科技連出版社 2,600 ネットビジネス [目次]
第1部 理論編
●インターネット・コマースとプラットフォーム・ビジネス
●インターネット・コマースを取り巻く状況
●先行研究で提唱された重要な着想・フレームワーク
●インターネット・コマースでの知識交換
●IC−PFBの5つの基本類型
●IC−PFBの参照モデル
第2部 事例編
●ビジネスモデルの構造
●無段階型のPFBの事例:オークションサイト
●一段階型PFBの事例:モールとショッピング・エージェント
●多段階型のPFBの事例:サプライチェーンのリンケージ・ビジネス
●コミュニティ型のPFBの事例
●IC−PFB基本類型からの発展
●インターネット時代の経営戦略
130 380 自動振替

VC00056ネットビジネスの経営戦略 知識交換とバリューチェーン 1999.11.1
VC00057 ネットワーク・ビジネスの研究 ふれあいが創る共感コミュニティ 野中郁次郎/著 ネットワーク・ビジネス研究会/著  日経BP企画 1,800 ネットビジネス [目次]
第1章 ネットワーク社会とネットワーク・ビジネス
第2章 社会的ネットワーク論の系譜
第3章 ネットワーク・ビジネス組織による知識創造
第4章 社会的ネットワークとマーケティング
第5章 クチコミとネットワーク・ビジネス
第6章 ネットワーク・ビジネスの正当性を考える
90 380 自動振替

VC00057ネットワーク・ビジネスの研究 ふれあいが創る共感コミュニティ 1999.4.1
VC00104 インターネット時代のワン・トゥ・ワンWebマーケティング 顧客とのリレーションシップを構築するために クリフ・アレン/著 デボラ・カニア/著 ベス・イェッケル/著 篠原稔和/訳 三好かおる/訳 日経BP社 2,500 マーケティング [目次]
●ワン・トゥ・ワンWebマーケティング概論
●ワン・トゥ・ワンWebインタラクション
●ワン・トゥ・ワン電子メール
●ワン・トゥ・ワンWebサイトのパーソナライズ
●ワン・トゥ・ワン・プッシュ
●ワン・トゥ・ワンWebコミュニティー
●ワン・トゥ・ワンWebプレゼンテーションと会議
●ワン・トゥ・ワンWeb広告とプロモーション
●ワン・トゥ・ワンとWebサイト・トラッキングトラフィック分析
●ワン・トゥ・ワンWebと他のマーケティング・システム/プロセスとの統合〔ほか〕
125 380 自動振替

VC00104インターネット時代のワン・トゥ・ワンWebマーケティング 顧客とのリレーションシップを構築するために 1999.7.1

VC00010 マックでSOHO!!Macで作るインターネットサーバー 板垣朝子・尾久土正己 日経BP社  1,800 SOHO
90 380 自動振替

VC00010マックでSOHO!!Macで作るインターネットサーバー 1998.8.1

VC00028 シリコンバレー アドベンチャー ジェリー・カプラン 日経BP出版センター 1,748 カリスマ [目次]
第1章 アイデア
第2章 出発
第3章 会社
第4章 資金調達
第5章 顧客
第6章 提案
第7章 パートナー
第8章 発表
第9章 戦争
第10章 スピンアウト
第11章 乗り換え
第12章 宿命
第13章 暗転
第14章 決着
87 380 自動振替

VC00028シリコンバレー アドベンチャー 1995.10.1

VC00029 スターバックス成功物語 ハワード・シュルツ、ジョーンズ・ヤング 日経BP出版センター 1,800 カリスマ [目次]
1 コーヒーとの出合い―1987年以前
2 新しいコーヒー文化を目指して―株式公開以前(1987―1992)
3 起業家精神の見直し―株式公開以降(1992―1997)
90 380 自動振替

VC00029スターバックス成功物語 1998.4.1
VC00027 Forbes創業伝説 ビジネスを「創った」勇気ある男達 ダニエル・グロス,Forbes magazine編集部共著 日経BP出版センター 1,500 カリスマ [目次]
●ジョン・ロックフェラーと近代的企業
●アメリカを救ったJ・P・モルガン
●ヘンリー・フォードとT型モデル
●ウォルト・ディズニーと娯楽帝国
●レイ・クロック―マクドナルドとファーストフード産業
●ジョセフ・ウィルソン―ゼロックス914に社運を賭けて
●アメリカン・エキスプレスとクレジット・カード
●インテルのマイクロプロセッサーとコンピューター革命
●サム・ウォルトン―ウォルマートとアメリカ・ディスカウント業界
●ビル・ゲイツとマイクロソフトの支配
75 380 自動振替

VC00027Forbes創業伝説 ビジネスを「創った」勇気ある男達 1998.4.1

VC00243 パワーズ オブ テン 宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅 チャールズ・イームズ、フィリップ・モリソン 日経サイエンス社 3,883 柔らかい頭
194 380 自動振替

VC00243パワーズ オブ テン 宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅 1983.10.1
VC00185 コンヴィヴィアリティのための道具 イヴァン・イリイチ/著 渡辺京二/訳 渡辺梨佐/訳  日本エディタースクール出版部 2,000 構造改革
100 380 自動振替

VC00185コンヴィヴィアリティのための道具 1989.3 4-88888-148-0
VC00158 マネジメント・ミステリー 突然の経営危機に立ち向かった7人の管理職 テイビィー・ケーラー 日本教文社 1,456 経営
73 380 自動振替

VC00158マネジメント・ミステリー 突然の経営危機に立ち向かった7人の管理職 1994.4.1

VC00289 成功大学 オグ・マンディーノ編著  日本経営合理化協会 9,800 成功の法則
490 380 自動振替

VC00289成功大学 1998.9.1
VC00186 始動!ネットビジネス サイバー経済の舞台裏 日本経済新聞社/編 日本経済新聞社 1,400 構造改革 目次]
序章 広がるネット革命
第1章 サイバー金融の衝撃
第2章 勃興するネット企業
第3章 ポータルサイト最前線
第4章 権利ビジネスに追い風
第5章 ネット氾濫社会
70 380 自動振替

VC00186始動!ネットビジネス サイバー経済の舞台裏 1999.5.1
VC00312 リスク 神々への反逆 ピーター・バーンスタイン/著 青山護/訳 日本経済新聞社 2,200 発想の転換 [目次]
1200年以前 始まり
●ギリシャの風とサイコロの役割
●1、2、3と同じくらい簡単

1200〜1700年 数々の注目すべき事実
●ルネッサンスの賭博師
●フレンチ・コネクション
●驚くべき人物の驚くべき考え

1700〜1900年 限りなき計測
●人間の本質についての考察
●事実上の確実性を求めて
●非合理の超法則 ほか

1900〜1960年 曖昧性の塊りと正確性の追求
●無知についての尺度
●根本的に異なる概念 ほか

未来へ 不確実性の探求
●不変性の失敗
●理論自警団 ほか
110 380 自動振替

VC00312リスク 神々への反逆 1998.8.1 見つからず
VC00012 ベンチャー企業 松田修一 日本経済新聞社 860 Venture
43 380 自動振替

VC00012ベンチャー企業 1998.10.1
VC00084 日本のベンチャーキャピタル 未来への戦略投資 浜田康行 日本経済新聞社 2,200 ベンチャー株 [目次]
1章 ベンチャーキャピタルの形成と発展
2章 ベンチャーファイナンスの戦後史
3章 ベンチャーファイナンスの「出口」
4章 ベンチャーファイナンスの未来
補論 ベンチャーキャピタルとは何か
終章 未来への戦略投資
110 380 自動振替

VC00084日本のベンチャーキャピタル 未来への戦略投資 1998.8.1
VC00260 情報選択の時代 リチャード・ワーマン 日本実業出版社 2,718 情報革命
136 380 自動振替

VC00260情報選択の時代 1990.8.1
VC00163 人材マネジメント戦略 小杉俊哉 日本実業出版社 1,600 経営 [目次]
第1章 会社と社員の関係はすでに変わった
第2章 新しい人材マネジメント・サイクル
第3章 経営人事はバリューチェーンから考える
第4章 企業モデル別にみる人材マネジメント
第5章 EQを使った新しい人材マネジメント・ソリューション
第6章 人材マネジメントと個人のキャリア・デベロップメント
80 380 自動振替

VC00163人材マネジメント戦略 1999.12.1

VC00162 新商品開発マネジメント グローバル企業&ベンチャーに学ぶ実践的フレームワーク 小日向秀雄/著 日本実業出版社 1,500 経営 [目次]
1章 事業経営
2章 マーケティング
3章 新商品開発
4章 新商品開発ケーススタディ
5章 価格設定
75 380 自動振替

VC00162新商品開発マネジメント グローバル企業&ベンチャーに学ぶ実践的フレームワーク 1999.7.1

VC00105 図解マーケティング 市場成熟化時代に消費者を満足させるには 寺田信之介/編著 日本実業出版社 1,500 マーケティング [目次]
1章 マーケティング
2章 市場
3章 製品
4章 価格
5章 流通
6章 消費者
7章 コミュニケーション
8章 調査
75 380 自動振替

VC00105図解マーケティング 市場成熟化時代に消費者を満足させるには 1997.2.1

VC00261 メーリングリスト&メールマガジン活用法 「電子の勉強会」でスキルアップ! コラボレート学習研究会/著  日本実業出版社 1,400 情報革命 [目次]
1 ネットワーク・コミュニティでスキルアップ!!
●I氏のラクラク情報活用法
●ネットワーク・コミュニティとは?
●ナレッジ・クリエーション
2 メーリングリスト、メールマガジン利用法&ネットワーク・コミュニティを支える情報技術
●メーリングリスト
●メールマガジン
●ホームページ
●メーリングリスト、マールマガジン、ホームページの有機的活用法
3 ネットワーク活用で広がる学習、交流のコミュニティ
●会社を飛び越えたネットワーク
●コラボレート学習法とは?
●全国に広がる人的ネットワーク
●メーリングリストで広がるコラボレート学習、交流事例
4 ネットワーク・コミュニケーションの実践事例徹底紹介
●ネットワーク・ツールの活用事例
●ネットワーク・コミュニティのいろいろ
●お役立ちURL一覧
70 380 自動振替

VC00261メーリングリスト&メールマガジン活用法 「電子の勉強会」でスキルアップ! 1999.11.1
VC00177 よくわかるバランスシート 秋山冠/著 石川潤一/著 日本能率協会マネジメントセンター 1,300 経理 [目次]
●バランスシートとは
●貸借対照表のしくみ
●貸借対照表・資産の部の見方
●貸借対照表・負債の部の見方
●貸借対照表・資本の部の見方
●損益計算書のしくみ
●損益計算書の見方
●キャッシュフロー計算書のしくみ
●キャッシュフロー計算書の見方
●財務分析(収益性の検討
●安全性の検討)
●会社の経営状態の読み取り方
65 380 自動振替

VC00177よくわかるバランスシート 1999.11.1
VC00107 マーケターの仕事 小島史彦/著 日本能率協会マネジメントセンター 1,500 マーケティング [目次]
1章 マーケティングって何だ
2章 市場発想で競争に勝つ
3章 マーケターの仕事
4章 マーケティング・プランニングをする
5章 マーケターとしての能力を磨く
6章 マーケターに必要な知識
75 380 自動振替

VC00107マーケターの仕事 1999.10.1

VC00086 実践株式公開マニュアル 優成監査法人 日本法令 2,667 ベンチャー株 [目次]
第1章 株式公開制度
第2章 資本政策立案の実務
第3章 連結ディスクロージャー時代の関係会社の整理実務
第4章 株式公開に関わる税実務
第5章 IRに関わる実務
133 380 自動振替

VC00086実践株式公開マニュアル 1999.12.1
VC00145 超入門/輸入ビジネスを始める人の法律ガイド 輸入関連法のすべてがわかる 製品輸入促進協会輸入関連法研究会/編 日本法令 2,095 起業 [目次]
序章 輸入を始める前に―輸入実務の基礎知識
第1章 輸入関連法の体系
第2章 輸入関連法の概要
第3章 輸入関連法の解釈―行政法の基礎知識
第4章 主な輸入関連法一覧
付論 輸入に関する諸問題

105 380 自動振替

VC00145超入門/輸入ビジネスを始める人の法律ガイド 輸入関連法のすべてがわかる 1999.6.1
VC00321 複雑系と相場 トニス・ヴァーガ/著 新田功/訳 永原裕一/訳 白桃書房 4,200 複雑系 [目次]
第1章 カオス的市場―偶然性とリスク
第2章 複雑性―生命と強気相場の起源
第3章 カオスの指標―診断と予測の用具
第4章 ランダムウォーク―ウォール街の第1歩
第5章 シナージェティクス―カオスとランダムウォークを超えて
第6章 メガトレンドと熱狂―根本的な相違点
第7章 相場のタイミング―テクニカル分析の擁護
第8章 銘柄選択―利益の勢いと消滅
第9章 オプション戦略―カオス的市場におけるヘッジ
第10章 結章―積極的運用の役割
210 380 自動振替

VC00321複雑系と相場 1999.5.1
VC00313 古道具屋さんの経済原論 魚柄仁之助 飛鳥新社 1,500 発想の転換 [目次]
第1章 古道具屋稼業の掟―古物市場初体験
第2章 仕入れ方のコツ―おもしろ商品はこうして探す
第3章 売り方の知恵―「いらないモノ」がなぜ売れる?
第4章 儲け方の秘訣―失敗知らずの経営戦略
第5章 古道具屋さんの経済原論―人と地球にやさしい商売
75 380 自動振替

VC00313古道具屋さんの経済原論 1998.2.1

VC00087 誰も知らないナスダック 地球をのみこむ株式市場 川井健男 宝島社 680 ベンチャー株 [目次]
プロローグ あのナスダックが日本にやって来る
第1章 なぜ、日本にナスダックなのか?
第2章 インターネットが株式市場になる
第3章 瓢箪から怪物ナスダックができるまで
第4章 ナスダックを構成するものたち
第5章 資本を開放せよ
34 380 自動振替

VC00087誰も知らないナスダック 地球をのみこむ株式市場 2000.1.1
VC00108 事例でわかるインターネット・マーケティング 2000年版 荒木浩二/著 毎日新聞社 1,600 マーケティング [目次]
第1部 インターネット・マーケティングの現状と可能性
●インターネットでマーケティングが変わる
●急成長するインターネット市場
●インターネット先進国・アメリカの最新事情 ほか
第2部 先進企業のインターネット・マーケティング実践事例
●リクルート
●紀伊国屋書店
●ミスミ ほか
第3部 インターネット・マーケティングの実践法
●目的に応じた手法の選択
●迅速に、低コストでできる市場調査
●ホームページ制作の実際 ほか
80 380 自動振替

VC00108事例でわかるインターネット・マーケティング 2000年版 1999.10.1

VC00146 会社を辞めて独立・起業するまでの便利事典 独立のための全体像とポイントがわかるマニュアル 佐藤建一 明日香出版社 1,500 起業 [目次]
第1章 独立・自立という生き方
第2章 まず独立・起業するための計画を立てよう!
第3章 会社を辞めるとき、辞めたあとの諸手続き
第4章 フリーランスとして一本立ちする
第5章 SOHOワーカー・在宅ワーカーとして独立・自立する
第6章 FCに加入して事業・商売を始める
第7章 「個人事業」で事業や商売を始める
第8章 会社を設立して事業や商売を始める
第9章 独立・自立に向けての資金調達
第10章 経理と税務はこうする
75 380 自動振替

VC00146会社を辞めて独立・起業するまでの便利事典 独立のための全体像とポイントがわかるマニュアル 1999.10.1
VC00110 マーケティング革新の時代 1 嶋口充輝/〔ほか〕編 有斐閣 2,700 マーケティング [目次]
●顧客創造の革新的マーケティング―顧客開拓から顧客維持に向けて
●日本的マーケティングの誕生と展開―資生堂
●コンセプトと仕組みの革新―東京ディズニーランド
●新市場の発想と革新―ヤマト運輸の宅急便
●話題創造の仕掛けづくり―Jリーグ
●マーケティング革新による市場創造―アスクル株式会社
●ヤング男性のニーズをねらう―株式会社マンダム
●エリア・ベースの展開―花王のエリア・マーケティング
●顧客の獲得と維持のバランス―帝国ホテル
●セグメントワン戦略―パーソナライズド・マーケティングの有効性と展開〔ほか〕
135 380 自動振替

VC00110マーケティング革新の時代 1 1999.7.1

VC00322 複雑適応系リーダーシップ 変革モデルとケース分析 河合忠彦 有斐閣 3,400 複雑系 [目次]
第1部 変革モデルと例証
●はじめに
●複雑適応系パラダイム
●企業の複雑適応系モデル
●ミドルの複雑適応系リーダーシップ―モデル ほか

第2部 ケース分析
●ソニー
●日産とホンダ
●IBM
●おわりに
170 380 自動振替

VC00322複雑適応系リーダーシップ 変革モデルとケース分析 1999.4.1

VC00283 オープンソース・ワールド 川崎和哉 翔泳社 1,900 新市場を拓く
95 380 自動振替

VC00283オープンソース・ワールド 1999.12.1
VC00058 ネットビジネス戦略入門 すべてのビジネスは顧客志向型になる パトリシア・シーボルト/著 ローニ・マルシャック/著 鈴木純一/監訳 翔泳社 2,200 ネットビジネス [目次]
ネットビジネスで成功するための五つのステップ
●顧客がビジネスしやすい環境を提供する
●末端顧客に商品やビジネスの照準を合わせる
●顧客志向型の業務プロセスを末端顧客の視点から再設計する
●収益増加のために顧客を連携させる ほか

成功するために重要な八つの原則とその事例
●適切な顧客を狙う
●顧客の振る舞いを総合的に把握する
●顧客に影響を与える業務プロセスを合理化する
●顧客との関係を広い視野で捉える ほか)
110 380 自動振替

VC00058ネットビジネス戦略入門 すべてのビジネスは顧客志向型になる 1999.7.1
VC00114 パーミションマーケティング ブランドからパーミションへ セス・ゴーディン/著 阪本啓一/訳 翔泳社 2,000 マーケティング [目次]
●1 お金では解決できないマーケティングの危機―誰も注意を払わない
●2 パーミション・マーケティング 広告が再び力を取り戻す方法―有効な広告は期待され、パーソナルで、適切でなければならない
●3 マス広告の進化史―マス広告がマス・マーケティング担当者を生み出した
●4 さあ、始めよう 市場シェアではなく顧客シェアに全力を注げ―顧客の70%に焦点をあて、利益を増やす
●5 繰り返すことが信用を勝ち取り、「パーミション」がさらに効果的にする―マーケティング担当者達が口にするのをはばかる秘密とは
●6 パーミションを手に入れるための五段階―「ポテトもおつけしますか?」
●7 パーミションらくらく活用術―親友の恋人とはデートしてはいけない
●8 あなたがウェブ・マーケティングについて知ってることは全部間違っている―ウェブは放送メディアの延長という勘違い
●9 ウェブにおけるパーミション・マーケティング―無料の切手…ウェブがあらゆるものを変える
●10 ケーススタディ―成功する会社と失敗する会社
●11 パーミション・マーケティングを評価する方法―測定できれば、うまくいったも同然だ
●12 パーミション・マーケティングFAQ―パーミション・マーケティングについての「よくある質問」十一項目
100 380 自動振替

VC00114パーミションマーケティング ブランドからパーミションへ 1999.11.1

VC00013 孫子『兵法』に学ぶベンチャー企業戦略 ブルース・F・ウェブスター/著 渡邉了介/訳  翔泳社 1,200 Venture
60 380 自動振替

VC00013孫子『兵法』に学ぶベンチャー企業戦略 1997.3.1
VC00164 ビジネスマンの「超意識革命」 思い通りに生きる科学 三村寛子 駸々堂出版 1,456 経営
73 380 自動振替

VC00164 ビジネスマンの「超意識革命」 思い通りに生きる科学 1990.3.1

VC00015 ヴァ−ジン〜僕は世界を変えていく〜 リチャ−ド・ブランソン TBSブリタニカ 1,800 カリスマ [目次]
●チャレンジはわが家の教育
●一六歳の試行錯誤
●「スチューデント」がいのち
●ヴァージン・レコード創業
●脱税旅行の豊かな代償
●ショップ、スタジオ、そしてもう一つ
●「チューブラー・ベルズ」大ヒットの顛末
●公私ともどもの綱渡り
●セックス・ピストルズ騒動
●情事、そしてピストルズの分裂
〔ほか〕
90 380 自動振替 http://www.tbsb.co.jp/tbsb/x0navi/index2.html
VC00015ヴァ−ジン〜僕は世界を変えていく〜 1998.9 4-484-98112-2
VC00138 起業の心得 めざせ日本のビル・ゲイツ 松井利夫 産能大学出版部 1,600 起業 [目次]
●第1章 中小・ベンチャー企業をめぐる環境の激変
●第2章 中小・ベンチャー企業の活路
●第3章 人材の育成と確保
●第4章 新プロフィットシステム=「くもの巣型ネットワーク組織」
●第5章 新プロフィットシステムを支える起業家の育成
●第6章 株式の公開
●第7章 一起業家としての私の歩み
●第8章 戒め

80 380 自動振替

VC00138起業の心得 めざせ日本のビル・ゲイツ 1999年2月 4-382-05477-X
VC00020 ビル・ゲイツ立ち止まったらおしまいだ! 世界最高の起業家の洞察力 ジャネット・ロウ/著 中川美和子/訳  ダイヤモンド社 1,600 カリスマ [目次]
●あの子は特別な子供だ
●すべての机と、すべての家庭にコンピュータを!●立ち止まったらおしまいだ
●悪いニュースを聞こう
●同じ決断を二度するな
●パソコン・ビジネスは戦争だ
●世界を驚かせてやろう;未来に立ち向かえ!
●天才か、詐欺師か
●アメリカ長者番付
80 380 自動振替

VC00020ビル・ゲイツ立ち止まったらおしまいだ! 世界最高の起業家の洞察力 1999年7月 4-478-36043-X
VC00023 孫正義インターネット財閥経営 ビル・ゲイツを超える日 滝田誠一郎/著  実業之日本社 1,600 カリスマ [目次]
●人生は限られた時間しかない
●ソフトバンク設立
●孫のナンバーワン戦略
●流通ビジネス事始め
●草創期を支えた10人の大恩人
●病に倒れた孫を襲う内憂外患
●時代の寵児とならしめた孫の二乗の兵法
●孫と西、宿命のライバル
●ソフトバンクに挑み、敗れていった徒花たち
●AX―パソコン規格統一へ動き出す
〔ほか〕
80 380 自動振替

VC00023孫正義インターネット財閥経営 ビル・ゲイツを超える日 1999年6月 4-408-10335-7
VC00022 インターネットの超新星孫正義 巨人ビル・ゲイツが無視できない唯一の日本人
清水高  財界研究所 1,500 カリスマ [目次]
●プロローグ 「四月の正夢」
●ルーツ 起業家の原点
●信長と竜馬
●起業家・孫正義の育ての親佐々木正が語る秘話
●4878億円の資金調達
●株式取引の価格破壊Eトレード
●盟友ビル・ゲイツ
●孫正義・未来を語る
●ヤフーって何かわからない人へ
●インターネットが生むマネー
●エピローグ 「孫」という日本人
75 380 自動振替

VC00022インターネットの超新星孫正義 巨人ビル・ゲイツが無視できない唯一の日本人
1999年6月 4-87932-007-2
VC00016 ビル・ゲイツ未来を語る ビル・ゲイツ/著 西和彦/訳  アスキー 1,600 カリスマ
80 380 自動振替

VC00016ビル・ゲイツ未来を語る 1997年5月 4-7561-1710-4
VC00030 ビル・ゲイツ 巨大ソフトウェア帝国を築いた男 ジェームズ・ウォレス/著 ジム・エリクソン/著 SE編集部/訳  翔泳社 2,330 カリスマ [目次]
序章  運命の風向き
第1章 少年時代
第2章 パソコン革命前夜
第3章 マイクロキッズたち
第4章 ビッグ・ブルーに便乗して
第5章 苦難の果てに
第6章 頂点に立って;終章 さらなる挑戦
117 380 自動振替

VC00030ビル・ゲイツ 巨大ソフトウェア帝国を築いた男 1995年2月 4-88135-207-5
VC00307 感性の勝利 大賀典雄 孫正義 経済界 1,359 発想の転換 [目次]
●プロローグ なぜいま「感性」が必要か―現代企業社会で生きる条件
●第1章 「感性の原点」は何か―初めて語る「私を育んできたもの」
●第2章 「人との出会い」が感性を育む―どんな人から影響を受けているか
●第3章 逆境の時・決断の時いかに処すか―困難を乗り越えるための感性
●第4章 「先」を読む眼を養う―勝ち残る人間はどこを見ているか
●第5章 これから経営者には何が必要か―変革の時代に必要な戦略、思考術
●第6章 未来をどう生きるか―経営者として、そして人間としての道
68 380 自動振替

VC00307感性の勝利 1996年11月 4-7667-8131-7
VC00014 孫正義大いに語る!! ネット革命新世紀への挑戦 竹村健一/著 PHP研究所 952 カリスマ [目次]
第1章 新しい日本経済への挑戦
●インターネットにすべてをかける
●赤字会社のヤフーを100億で買った
(ほか)
第2章 インターネット革命と企業大変革
●ナスダックではリスク開示を徹底
●ナスダックは伸び盛りの企業が集まる場 
(ほか)
第3章 志を貫くためのM&A戦略
●「興銀との喧嘩」の真相とは
●一週間で一千数百億円を用意した大手米銀
(ほか)
第4章 日本再生への構想
●アメリカに遅れていることを明確に認識せよ
●階段を上がった国とそうでない国
(ほか)
48 380 自動振替

VC00014孫正義大いに語る!! ネット革命新世紀への挑戦 1999年12月 4-569-60893-0
VC00021 孫正義起業の若き獅子 大下英治/著 講談社 2,800 カリスマ [目次]
●情報革命の旗手
●熱血の行動力
●アメリカでの武者修行
●事業への船出
●黎明の疾走
●怪物実業家に名乗り
●出版界に殴りこみ
●病床での戦い
●難局打開への闘志
●世界に向けた野心
〔ほか)
140 380 自動振替

VC00021孫正義起業の若き獅子 1999年8月 4-06-208718-9
VC00085 ナスダック・ジャパン 板垣英憲 日本実業出版社 1,400 ベンチャー株
70 380 自動振替

VC00085ナスダック・ジャパン 1999年10月 4-534-02992-6
VC00204 人生の目的 五木寛之 幻冬社 1,429 魂を磨く [目次]
なぜいま人生の目的か
肉親について
金銭について
信仰について
わが人生の絆
学校の絆
青春の絆
人間の絆
71 380 自動振替

VC00204人生の目的

人生に目的はあるのか? すべての人々の心にわだかまる問い、人は何のために生きているのか。人間の値打ちは何によって決まるのか。…人生再発見の書!
VC00211 坂の上の雲1 司馬遼太郎 文芸春秋 552 時代を拓く
28 380 自動振替

VC00211坂の上の雲1


VC00206 マザー・テレサの「愛」という仕事 マザー・テレサ/〔述〕 青春出版社 1,400 魂を磨く [目次]
第1章 本当の餓えとは
第2章 神の声が聞こえた
第3章 大海の一滴
第4章 何も持たないから、豊かになれる
第5章 戦うシスターたち
第6章 「その子を殺してはいけません」
第7章 ハンセン病患者と共に
第8章 死を待つ人の家
第9章 私は神の小さな鉛筆
70 380 自動振替

VC00206マザー・テレサの「愛」という仕事


VC00210 2001年宇宙の旅 アーサー・C・クラーク 早川書房 640 時代を拓く
32 380 自動振替

VC002102001年宇宙の旅

人類を飛躍させるには、一つのきっかけが必要だ。猿と人間の決定的違いは、ひらめきの差だ。
VC00208 生命潮流 ライエル・ワトソン 工作舎 2,200 時代を拓く
110 380 自動振替

VC00208生命潮流

ある群の中で、新しいアイディアが誕生すると、瞬く間に群れ全体にこれが広まる。
大切なのは、いつ、だれが最初にひらめいたかだ。
VC00197 アウト・オン・ア・リム シャーリー・マクレーン 角川書店 838 魂を磨く
42 380 自動振替

VC00197アウト・オン・ア・リム

常に自分と真剣に向かい合う姿勢が、次の新しいステップを生み出す。女優シャーリー・マクレーンの自伝。
VC00235 伊能忠敬 童門冬二 三笠書房 1,333 自己実現 [目次]
●まえがき ビジネスマンとしての伊能忠敬の生き方―この前半生があればこその大いなる自己実現
●序章 “生涯青春”をどうつらぬくか
■長明、信長、忠敬それぞれの「青春」
●第1章 朔風に立つ―逆境はいつまでも“逆境”にあらず
■苦労を舐め尽くした少年時代
■忠敬の生涯の師たち (ほか)
●第2章 自己の使命に“本分”を尽くす
■忠敬の“一生本番”の人生
■“指導者”としての自分を実証した見事な危機管理)
●第3章 新しい“自分”の発見
■忠敬の生きた時代―田沼政治
■壮志を立つ (ほか)
●第4章 事業家・指導者として大成
■水際立った忠敬の“現実”対処能力
■天明の大凶作を克服 (ほか)
●第5章 壮大なる“ライフワーク”の実現
■“自己完成”へ決断のとき
■最大の理解者・妻ノブの死が決断に拍車 (ほか)
67 380 自動振替

VC00235伊能忠敬


VC00278 心の扉を開く アイリーン・キャディー 日本教文社 1,429 心理学
71 380 自動振替

VC00278心の扉を開く


VC00237 「そのままの自分」から始めよう 本多信一 大和出版 1,300 自己実現 [目次]
「自分らしさ」をみつけよう―マイナス体験から、人生の扉は開かれる
●自分を変えなくても、いいんだよ―損と思える性格でもプラスに活かせる
●組織のなかでも、なんとかなるよ―持ち味を活かして、自分を守ろう
●うまくいかなくても、自分を責めないで―短期集中タイプなら、自由業に挑戦してみる
●自分の幸せをこの手につかもう―他人の評価より、自分の幸福を大事にする

65 380 自動振替

VC00237「そのままの自分」から始めよう


VC00192 現代文正法眼蔵1 石井恭二 河出書房新社 2,000 魂を磨く [目次]
現成公按
摩訶般若波羅蜜
仏性
身心学道
即心是仏
行仏威儀
一顆明珠
心不可得
古仏心
大悟
100 380 自動振替

VC00192現代文正法眼蔵1


VC00035 ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる マーシャ・シネター voice 1,893 ツキを呼ぶ
95 380 自動振替

VC00035ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる


VC00072 老子 金谷治 講談社 学術文庫 860 パラダイムシフト
43 380 自動振替

VC00072老子


VC00036 パワー・オブ・フロー チャーリーン・ベリッツ + メグ・ランドストロム 河出書房新社 1,800 ツキを呼ぶ 目次
●第1章 フローとはなにか?
●第2章 シンクロニシティとはなにか?
●第3章 シンクロニシティがフローを招く
●第4章 フローの力を生み出す九つの心の法則
●第5章 フローによって変わる人生
●第6章 レッスンをはじめるにあたって
●第7章 自分自身を知るためのレッスン
●第8章 心の環境を整えるためのレッスン
●第9章 行動の指針となるレッスン
●第10章 自分や他人とつながるためのレッスン
●第11章 宇宙的視点を獲得する
●第12章 フローの力が弱まったとき
●あとがき シンクロニシティを超えて
90 380 自動振替

VC00036パワー・オブ・フロー


VC00200 荘子 1 金谷治訳 岩波文庫 600 魂を磨く
30 380 自動振替

VC00200荘子 1


VC00209 茶の本 岡倉天心 講談社 学術文庫 760 時代を拓く
38 380 自動振替

VC00209茶の本


VC00034 人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ TBSブリタニカ 1,600 ツキを呼ぶ [目次]
第1部 80対20の法則―理解と利用法
●80対20の法則とは何か
●80対20の考え方
第2部 実践・ビジネス篇
●ビジネスへの活かし方
●あなたの戦略はなぜ間違っているか
●シンプル・イズ・ビューティフル ほか
第3部 実践・生活篇
●快楽主義の勧め
●時間革命
●望むものは必ず手に入る ほか
80 380 自動振替

VC00034人生を変える80対20の法則


VC00232 至高体験 コリン・ウィルソン 河出書房新社 1,200 自己実現 [目次]
●機械論の時代―デカルトからミルへ
●意志の心理学へ―ブレンターノからジェイムズへ
●フロイト以降
●マスロー、伝記的スケッチ
●人間の限界をより高く
●現在地点
60 380 自動振替

VC00232至高体験


VC00187 人間を幸福にしない日本というシステム カレル・ヴァン・ウォルフレン 毎日新聞社 1,748 構造改革
87 380 自動振替

VC00187人間を幸福にしない日本というシステム


VC00274 創造的人間 A・H・マスロー 誠信書房 1,800 心理学
90 380 自動振替

VC00274創造的人間


VC00064 システムの科学 ハーバード・A・サイモン パーソナル・メディア 2,000 パラダイムシフト [目次]
1 自然的世界と人工的世界の理解
2 経済的合理性:適応機構
3 思考の心理学:自然と人工との結合
4 記憶と学習:思考に対する環境としての記憶
5 デザインの科学:人工物の創造
6 社会計画:進化する人工物のデザイン
7 複雑性に関する諸見解
8 複雑性の構造―階層的システム
100 380 自動振替

VC00064システムの科学


VC00309 富士見高原Iターン物語 村上方子 山と渓谷社 1,600 発想の転換 [目次]
1 「いつか」が突然やってきた
2 仕事さえあれば
3 バタバタと引越し
4 秋から始まる、秋が深まる
5 新しい出会い
6 はじめての冬
7 春と憂鬱
8 夏に輝く
9 子供のいる風景
10 二度目の冬を前にして
11 信濃境は新・住民パワーの町
12 みんなの手
13 区ってなあに?
14 ねこじゃらし
80 380 自動振替

VC00309富士見高原Iターン物語


VC00076 混迷の時代を超えて E・F・シュマッハー 佑学社 1,500 パラダイムシフト
75 380 自動振替

VC00076混迷の時代を超えて


VC00188 神との対話 1 ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク出版 1,800 魂を磨く [目次]
●人生は、自分が何者であるかを思い出すため、創りなおすためにある。人生は学校ではない。学校は知りたいことを知るために行くところだ。人生は、すでに知っていることを体験する機会だ。
●自分の信念をもち、自分の価値観に従いなさい。それがあなたの親、その親の親の価値観、友人、社会の価値観なのだ。あなたが幸福かどうか知っているのは、あなただけだ。
●宇宙には「良い」状況も「悪い」状況もないと、第一に理解しなさい。すべてはあるがままにすぎない。第二に、すべての状況は一時的だ。そして、それがどちらの方向に変わるかはあなたしだいだ。
●自分がふさいだり、落ちこんだりしていると思ったら、考えなおしなさい。そんなことをしていても何もならないと思ったら、考えなおしなさい。やり直したいと思うのなら、人生は何度でもあるから。〔ほか〕
90 380 自動振替

VC00188神との対話 1


VC00038 易経 上 高田真治/訳 後藤基巳/訳 岩波書店 971 ツキを呼ぶ
49 380 自動振替

VC00038易経 上


VC00238 ビー・ヒア・ナウ ラム・ダス /ラマ・ファウンデーション 平河出版社 2,000 自己実現
100 380 自動振替

VC00238ビー・ヒア・ナウ


VC00207 ブレーンパワー エレン・ミチョード ラッセル・ワイルド 日経BP社 2,136 魂を磨く [目次]
脳―活発に機能する司令塔
老化―知力の減退は防止できる
栄養摂取―正しく食べ、賢く食べる
記憶―非凡な記憶力を身につける
知能―何歳だろうとIQを高める
明晰な思考―賢い決定のよりどころ
学習―新しい技能を独学する
創造性―自分の才能をはっきり解理し、最大限に活用する
感情―気分をコントロールして頭の働きを高める
コミュニケーション―賢い言葉の使い方
107 380 自動振替

VC00207ブレーンパワー


VC00205 ガラス玉演技 へルマン・ヘッセ 新潮世界文学37 4,369 魂を磨く
218 380 自動振替

VC00205ガラス玉演技


VC00269 人間性の心理学 A・H・マズロー 産業能率大学出版部 5,000 心理学
250 380 自動振替

VC00269人間性の心理学


VC00264 トーチェ氏の心の法則 C・トーチェ夫妻 サンマーク出版 400 心理学 [目次]
1 あなたの意識を点検しよう!
あなたの心
あなたの意識
グループの意識
共通する意識 ほか
2あなたの意識を確立しよう!
自分を「成功者」と考えましょう
決断しましょう
自分を愛しましょう他人を愛しましょう ほか

20 380 自動振替

VC00264トーチェ氏の心の法則


VC00115 オルダス・ハックスレー 人文書院 2,400 ユートピア
120 380 自動振替

VC00115島


VC00231 インナー・トラヴェルズ 上 マイクル・クライトン ハヤカワ文庫 621 自己実現
31 380 自動振替

VC00231インナー・トラヴェルズ 上


VC00199 五輪書 宮本武蔵 岩波文庫 460 魂を磨く
23 380 自動振替

VC00199五輪書


VC00073 イリュージョン リチャード・バック 集英社文庫 457 パラダイムシフト
23 380 自動振替

VC00073イリュージョン


VC00191 正法眼蔵随聞記 水野弥穂子訳 ちくま学芸文庫 1,165 魂を磨く
58 380 自動振替

VC00191正法眼蔵随聞記


VC00226 フィンドホーンの魔法 ポール・ホーケン サンマーク出版 800 自己実現 [目次]
1 風の王国スコットランドへ
2 輝きとバイブレーション
3 PCという男
4 アイリーン・キャディの物語
5 キャラバンパークの窪地
6 ドロシー・マクリーンの世界
7 ロック・クロンビーの世界
8 ロック、妖精の王と出会う
9 貴族たちの来訪
10 星の彼方からの愛人たち
11 そして光が君をとらえる
40 380 自動振替

VC00226フィンドホーンの魔法


VC00198 聖なる予言 ジェームス・レッドフィールド 角川書店 740 魂を磨く [目次]
第1章 変化のきざし
第2章 今という時
第3章 エネルギー
第4章 権力闘争
第5章 神秘体験
第6章 過去の清算
第7章 流れに乗る
第8章 人との新しいかかわり方
第9章 新しい文化
37 380 自動振替

VC00198聖なる予言


VC00069 ターニング・ポイント フリチョフ・カプラ 工作舎 2,900 パラダイムシフト
145 380 自動振替

VC00069ターニング・ポイント


VC00270 自己実現への道 M・ジェイムズ D・ジョングウォード 社会思想社 2,427 心理学
121 380 自動振替

VC00270自己実現への道


VC00223 できることから始めよう アンソニー・ロビンズ PHP研究所 1,286 自己実現 [目次]
第1章 運命を夢に描く
第2章 ほんとうに欲しいものを手に入れる
第3章 生み出す力、破壊する力
第4章 質問で人生を好転させる
第5章 変化を起こすコツをつかむ
第6章 成功するための話し方、考え方
第7章 アクション・シグナルを使う
第8章 十日間のメンタル・チャレンジ
第9章 あなたの人生の羅針盤
第10章 新しいあなたになる瞬間
第11章 シンプルな習慣と生き方
第12章 人生を愉しむための贈り物
64 380 自動振替

VC00223できることから始めよう


VC00224 最高の人生をつかむために最低限なすべきこと  マーク・フィッシャー マーク・アレン PHP研究所 1,429 自己実現 [目次]
第1章 まずは自分を信じること―マーク・トウェインの言葉が意味すること
第2章 富は心によってもたらされるもの―ジェームズ・アレンの言葉が意味すること
第3章 心の壁を打ち破れ―稲盛和夫の言葉が意味すること
第4章 決心すること―ダナ・キャランの言葉が意味すること
第5章 やりたいことをしよう―ジョージ・ルーカスの言葉が意味すること
第6章 目標の魔力―ウィリアム・リアーの言葉が意味すること
第7章 行動計画を立てる―デビッド・パッカードの言葉が意味すること
71 380 自動振替

VC00224最高の人生をつかむために最低限なすべきこと 


VC00221 あなたに奇跡を起こすやさしい100の方法 コリン・ターナー PHP研究所 1,429 自己実現
71 380 自動振替

VC00221あなたに奇跡を起こすやさしい100の方法


VC00227 小さいことにくよくよするな! リチャード・カールソン サンマーク出版 1,500 自己実現 [目次]
●小さいことにくよくよするな!
●完璧な人なんて、つまらない
●成功はあせらない人にやってくる
●頭で悩みごとの雪だるまをつくらない
●思いやりは訓練で育つ
●死んでも「やるべきこと」はなくならない
●人の話は最後まで聞こう
●人のためになにかをする―こっそりと
●相手に花をもたせる
●いま、この瞬間を生きる〔ほか〕
75 380 自動振替

VC00227小さいことにくよくよするな!


VC00225 お金のことでくよくよするな! リチャード・カールソン サンマーク出版 1,600 自己実現 [目次]
●千里の道も一歩から
●与えて、与えて、与えつくす
●執着しないと魔法が起きる
●穏やかな情熱の効用
●反省の時を活用する
●まず、自分に支払う
●言い訳とお金もうけは両立しない
●問題は、超越すると答えが出る
●気分とお金の関係を知る
●うますぎる話でも、眉つばではない〔ほか〕
80 380 自動振替

VC00225お金のことでくよくよするな!


VC00222 あなたに奇跡を起こす小さな100の智恵 コリン・ターナー PHP研究所 1,429 自己実現 [目次]
プロローグ 本当のあなたへ
第1章 人生への見方を変えるだけで、あなたは変われる
第2章 あなたを助ける「普遍の智恵」を知る
第3章 あなたの長所を最大限に生かす
第4章 あなた自身を知ることで、他人がわかる
第5章 あなたが本当にしたいことに気づく
第6章 あなたにとって新しいものを生み出す
第7章 あなたは、自分自身の指導者になれる
エピローグ 自分自身であるために
71 380 自動振替

VC00222あなたに奇跡を起こす小さな100の智恵


VC00220 私がわたしを生きる本 テリー・コール・ウイッタカー KKベストセラーズ 1,105 自己実現 [目次]
1 望みとは、かなうものなのです
2 人生にとって、いちばん大切なこと
3 本当に望むものを手に入れましょう
4 自分を否定するのはやめましょう
5 自分を信頼する力をつけましょう
6 葛藤をなくして、本当の自分に気づきましょう
7 真実を語って、とらわれない心をもちましょう
8 ダウンしているときこそ、新しい自分に変わるチャンス
EPILOGUE―いまを生きる喜びを、全身で体験しましょう
55 380 自動振替

VC00220私がわたしを生きる本


VC00219 私がわたしになれる本 テリー・コール・ウイッタカー KKベストセラーズ 1,000 自己実現 [目次]
●いまのあなたは本当のあなたですか?
●あなたは世の中が不公平だと思っていませんか?
●あなたは罪悪感を感じていませんか?
●あなたは人を気にして生きていませんか?
●あなたははっきりした目的をもっていますか?
●あなたは冒険することに尻込みしていませんか?
●あなたは死ぬことを恐れながら生きていませんか?
●あなたは自分とじょうずにつきあっていますか?
●あなたは本当の愛し方を知っていますか?
●あなたは子どものすばらしさを知っていますか?〔ほか〕
50 380 自動振替

VC00219私がわたしになれる本


VC00212 坂の上の雲2 司馬遼太郎 文芸春秋 552 時代を拓く
28 380 自動振替

VC00212坂の上の雲2


VC00213 坂の上の雲3 司馬遼太郎 文芸春秋 552 時代を拓く
28 380 自動振替

VC00213坂の上の雲3


VC00214 坂の上の雲4 司馬遼太郎 文芸春秋 552 時代を拓く
28 380 自動振替

VC00214坂の上の雲4


VC00215 坂の上の雲5 司馬遼太郎 文芸春秋 552 時代を拓く
28 380 自動振替

VC00215坂の上の雲5


VC00216 坂の上の雲6 司馬遼太郎 文芸春秋 552 時代を拓く
28 380 自動振替

VC00216坂の上の雲6


VC00217 坂の上の雲7 司馬遼太郎 文芸春秋 552 時代を拓く
28 380 自動振替

VC00217坂の上の雲7


VC00218 坂の上の雲8 司馬遼太郎 文芸春秋 552 時代を拓く
28 380 自動振替

VC00218坂の上の雲8


VC00193 現代文正法眼蔵2 石井恭二 河出書房新社 2,000 魂を磨く [目次]
行持
恁麼
観音
古鏡
有時
授記
全機
都機
画餅
渓声山色
仏向仕事
夢中説夢
礼拝得髄
山水経
100 380 自動振替

VC00193現代文正法眼蔵2


VC00194 現代文正法眼蔵3 石井恭二 河出書房新社 2,000 魂を磨く [目次]
看経
諸悪莫作
伝衣
道得
仏教
神通
阿羅漢
春秋
葛藤
嗣書
100 380 自動振替

VC00194現代文正法眼蔵3


VC00195 現代文正法眼蔵4 石井恭二 河出書房新社 2,000 魂を磨く
100 380 自動振替

VC00195現代文正法眼蔵4


VC00196 現代文正法眼蔵5 石井恭二 河出書房新社 2,000 魂を磨く
100 380 自動振替

VC00196現代文正法眼蔵5


VC00201 荘子 2 金谷治訳 岩波文庫 600 魂を磨く
30 380 自動振替

VC00201荘子 2


VC00202 荘子 3 金谷治訳 岩波文庫 560 魂を磨く
28 380 自動振替

VC00202荘子 3


VC00203 荘子 4 金谷治訳 岩波文庫 560 魂を磨く
28 380 自動振替

VC00203荘子 4


VC00189 神との対話 2 ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク出版 1,800 魂を磨く
90 380 自動振替

VC00189神との対話 2


VC00190 神との対話 3 ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク出版 2,000 魂を磨く [目次]
●たいていの親は、ほんの短い人生経験しかないまま、子育てをする。自分自身が何者なのか、親たちにまずい決め方をされて、それをなんとか克服しようとしている最中なのに子供が何者かを教えようとする。だから、自分の人生も子供たちの人生も間違ってしまう。
●男性も女性も、自分で編み出したみじめさの悪循環のなかで過ちをくり返す。どちらかが、人生でほんとうに大切なのは、力ではなく強さだ、と気づくまでは。
●自分でいやだと思う人生を嘆くのはやめなさい。かわりにその人生を変え、そんな人生にしている条件を変えることを考えなさい。闇を見つめなさい。だが、呪わないこと。それよりも、闇に射す光になり、闇を変えなさい。〔ほか〕

100 380 自動振替

VC00190神との対話 3


VC00037 易経 下 高田真治/訳 後藤基巳/訳 岩波書店 1,068 ツキを呼ぶ
53 380 自動振替

VC00037易経 下


VC00234 いかにして自分の夢を実現するか ロバート・シュラー 三笠書房 495 自己実現 [目次]
●第1章 積極的考え方の力―ことの成功・失敗をわけるものは何か
●第2章 成功をみちびく法則―なぜ「この考え方」だと夢が着実に実現するのか
●第3章 不平・不安に打ち克つ力―「可能性」は必ずある、誰にもある!
●第4章 自己評価の力―「絶望的」なものの見方・考え方をしていないか
●第5章 自分を動かす力―思い切って実行するための「行動指針」
●第6章 危機を乗りこえる力―失敗した時、どう考えどう行動するか
●第7章 日々の「刺激」の見つけ方・「感性」の磨き方―今日一日を懸命に生きる!
●第8章 自分のベストをひきだす力―「昨日の自分」を超えるためのヒント
25 380 自動振替

VC00234いかにして自分の夢を実現するか


VC00067 マトリックス アンディー・ウォシャウスキー 角川文庫 2,800 パラダイムシフト
140 380 自動振替

VC00067マトリックス


VC00233 李陵・山月記 弟子・名人伝 中島敦 角川文庫 460 自己実現
23 380 自動振替

VC00233李陵・山月記 弟子・名人伝


VC00070 新ターニングポイント フリッチェフ・カプラ 工作舎 1,900 パラダイムシフト [目次]
1 危機と変易(変わりゆく潮流)
2 ふたつのパラダイム
●ニュートン物理学と機械論的自然観
●新しい物理学
3 デカルト=ニュートン思想の限界
●機械論的生命
●ひろがる医療危機
●ニュートン心理学
●袋小路の経済学
●成長の暗い影
4 新しい世界観
●有機システム論
●全体性と健康
●時間と空間を超える旅
●太陽の時代への道
95 380 自動振替

VC00070新ターニングポイント


VC00066 科学革命の構造 トーマス・クーン みすず書房 2,200 パラダイムシフト
110 380 自動振替

VC00066科学革命の構造


VC00236 かもめのジョナサン リチャード・バック 新潮社 476 自己実現
24 380 自動振替

VC00236かもめのジョナサン


VC00308 スモール イズ ビューティフル E・F・シュマッハー 講談社学術文庫 1,000 発想の転換 [目次]
第1部 現代世界
●生産の問題
●平和と永続性
●経済学の役割
●仏教経済学
●規模の問題)

第2部 資源
●教育―最大の資源
●正しい土地利用
●工業資源
●原子力―救いか呪いか
●人間の顔をもった技術)

第3部 第三世界
●開発
●中間技術の開発を必要とする社会・経済問題
●200万の農村
●インドの失業問題)

第4部 組織と所有権
●未来予言の機械
●大規模組織の理論
●社会主義
●所有権
●新しい所有の形態

シューマッハーの人と思想
50 380 自動振替

VC00308スモール イズ ビューティフル


VC00024 アップル(下) ジム・カールトン 早川書房 2,000 カリスマ
100 380 自動振替

VC00024アップル(下) 1998.9.1
VC00007 SOHO 次世代ワークスタイルの考え方と実践 Robert E Garrity オライリー・ジャパン 1,400 SOHO [目次]  
はじめに:新しい働き方
1章 SOHOを可能にした技術
2章 SOHOに適したビジネス
3章 SOHOの利点と問題点
4章 SOHOの人間生活と社会への影響
5章 SOHOを始める−−成功のためのチェックリスト
6章 成功するSOHOビジネスのマーケティングの秘訣
7章 ケーススタディ −アメリカの事例−
8章 結びに:技術と人間生活
付録 SOHO関連情報
70 380 自動振替 http://www.ohmsha.co.jp/data/books/contents/4-900900-50-8.htm
VC00007SOHO 次世代ワークスタイルの考え方と実践


VC00009 正直なビジネス マイケル・フィリップス、サリー・ラズベリー 共著 スタートビジネス 1,700 SOHO
85 380 自動振替 http://www.startbusiness.co.jp/welcome.html
VC00009正直なビジネス


VC00040 インターネットショップのつくり方 寺口 俊伸 AI出版 2,300 ネットビジネス [目次]
1 インターネットショップの作り方
●インターネットショップは儲かるか?
●どんなショップが適しているか ほか
2 インターネットショップ開店と運営
●魅力的なホームページとは
●ホームページの作成あれこれ ほか
3 商品発送と代金決済の方法
●インターネットビジネスの代金回収ビジネス
●郵便振替
4 インターネットのトラブルと情報収集
●ウィルスへの感染
●その他のトラブル ほか
115 380 自動振替 http://www.ai-pub.co.jp/contents/index/inet/index.html
VC00040インターネットショップのつくり方

長年ネットワークに関わってきた筆者の「これだけは言えるのではないか」という提言を盛り込み、そこでインターネットショップ成功の鍵となる、「情報ソースのソース」となるようなホームページを厳選し情報を集め、整理した情報の中から見つけ出された運用のノウハウをご提供します。
VC00046 ブラーの時代
eコマースの新・経営戦略
スタン・デイビス /クリストファー・マイヤー ピアソンエデュケーション 1,900 ネットビジネス [目次]
第1部 「ブラー」とは何か
第2部 欲求の「ブラー化」
第3部 充足の「ブラー化」
第4部 資源の「ブラー化」
第5部 「ブラーの時代」を生きる
95 380 自動振替

VC00046 ブラーの時代
eコマースの新・経営戦略



VC00320 自己組織化と進化の論理
宇宙を貫く複雑系の法則
スチュアート・カウフマン 日本経済新聞社出版局 2,500 複雑系 [目次]
宇宙に浮かぶわが家で―自己組織化と自然淘汰が生物世界の秩序を生んだ
生命の起源―単純な確率論からいえば生命の誕生はありえなかった
生じるべくして生じたもの―非平衡系で自己触媒作用をもつ分子の集団
無償の秩序―自然に生じた自己組織化は進化する力ももっていた
個体発生の神秘―一個の卵から生物体ができる「法則」は何か
ノアの箱舟―生物の多様性は臨界点の境界への進化から生まれた
約束の地―分子の自己組織化を応用すれば新しい薬をつくることができる
高地への冒険―生物や生物集団はより適した地位へと進化していく
生物と人工物―技術や経済や社会もより適した地位をめざして進化する
舞台でのひととき―生物集団は互いに影響し合って進化し、絶滅していく
優秀さを求めて―民主主義の正当性も自己組織化の論理で説明が可能
地球文明の出現―生態系・技術・経済・社会・宇宙を貫く自己組織化の論理
125 380 自動振替

VC00320自己組織化と進化の論理
宇宙を貫く複雑系の法則


生物の進化を説明するにあたり、「自然淘汰」と「突然変異」だけでは不十分であり、「自己組織化」がもたらす適切な秩序がそこに加わる必要がある。これが、本書の主題である。システムが十分に多様化していて複雑であるときには、自発的に自己触媒機能が働き始め、そこに秩序や生命現象が自然に生まれるという「創発理論」がその基礎に据えられている。著者は複雑な系を(1)構成要素どうしがまばらに結合している状態、(2)非常に数多くが結合している状態、そして、(3)それらの間にある相転移の状態(適度に結合した状態)とに分けることで、秩序の表れ方を説明する。
VC00033 最強組織の法則 ピーター・M・センゲ 徳間書店 1,942 コミュニティー [目次]
●第1部 最強組織の条件―ラーニング・オーガニゼーションとは何か
●第2部 システム思考革命―ラーニング・オーガニゼーションの中核ディシプリン
●第3部 ラーニング・オーガニゼーションの構築
●第4部 創造への課題
●第5部 組織学習の新しいテクノロジー
97 380 自動振替

VC00033最強組織の法則


VC00109 マーケッティング情報革命 小川 孔輔 有斐閣 2,400 マーケティング [目次]
第1部 市場が変わる
●新しい産業と市場の創造
●通信衛星を使ったヴァーチャル市場―オークネット
●米国インターネット・ビジネスでの成功―1‐800‐FLOWERS社 ほか)
第2部 取引が変わる
●情報技術の商取引への影響
●小売情報支援の仕組み―大正製薬
●卸売流通企業連合の勝利―プラネット ほか)
第3部 意思決定の仕組みが変わる
●デジタル情報と関係性マーケティング
●マーケティング情報先端企業―ジェーソン
●ワンツーワン営業革新―トヨタ自動車 ほか)
120 380 自動振替

VC00109マーケッティング情報革命


VC00247 ネットワーキング情報社会の経済学 林紘一郎 NTT出版 2,900 情報革命 [目次]
第1章 NET+Work+ing
第2章 QWERTYの謎―ネットワークの外部性
第3章 相互接続―外部性の内部化
第4章 互換性、標準化と制度―内部化を担保する技術と仕組み
第5章 ユニバーサル・サービス―「効率」を通じた「公正」
第6章 ネットワーク産業―共有地と公衆網の悲劇
第7章 情報ハイウエイからインターネットへ―社会資本とは何か
第8章 マルチメディア産業の市場構造―新しい枠組みを求めて
145 380 自動振替

VC00247ネットワーキング情報社会の経済学

本書は電気通信事業から学界に転じた著者が授業で使うための教科書的著作である。まえがきによれば「現在起きている経済現象のうち、何らかの意味でネットワークとして捉えられる事柄について、経済学および関連諸科学が答えられる限りの回答を与えてみようとする試み」であり、ネットワーク、ネットワークの外部性、相互接続に関する経済的・技術的分析、ユニバーサル・サービス、公益事業、社会資本、メディアとコンテンツの分離・融合などについて、従来の研究のレビュー、アメリカの電話事業の歴史や現在の日米両国における電気通信、情報インフラに関するさまざまな動きなどを踏まえて幅広く検討を行った、網羅的著作である。

VC00168 小さな会社の総務・経理がすべてわかる本 〔2000年版〕 楠亜紀子/監修 杉田英樹/監修 山口毅/監修 成美堂出版 1,260 経理 [目次]
●第1章 総務の仕事とポイント
●第2章 従業員の雇入れ
●第3章 社内規則をつくろう
●第4章 従業員に関する届出と手続き
●第5章 運営に必要な経理の基礎知識
●第6章 日常の請求と支払いをスムーズにこなす
●第7章 運営に必要な勘定科目の知識
●第8章 給与の計算
●第9章 決算をする
●第10章 移転や変更手続き
63 380 自動振替

VC00168小さな会社の総務・経理がすべてわかる本 〔2000年版〕 1999年12月 4-415-08480-X 本書は会社をこれから設立しようという方、またすでに会社を運営しているビギナー経営者や、総務・経理を担当者におすすめできるやさしい会社運営マニュアルです。社会保険や労働保険、法務、会計、税務など、会社運営に必要な具体的なさまざまな知識やノウハウをすべて1冊に集約し、図解やイラスト、表組で表現しました。
目次
第1章 総務の仕事とポイント;第2章 従業員の雇入れ;第3章 社内規則をつくろう;第4章 従業員に関する届出と手続き;第5章 運営に必要な経理の基礎知識;第6章 日常の請求と支払いをスムーズにこなす;第7章 運営に必要な勘定科目の知識;第8章 給与の計算;第9章 決算をする;第10章 移転や変更手続き
VC00175 経理規程ハンドブック トーマツ/編 中央経済社 10,000 経理 [目次]
●第1部 総論―経理関連規程の考え方・作り方
●第2部 経理関連規程の作成
(●経理規程●勘定科目処理要領●原価計算規程●予算管理規程●販売管理規程●与信管理規程●購買管理規程●外注管理規程●棚卸資産管理規程●実地棚卸実施要領●有価証券管理規程●固定資産管理規程●関係会社管理規程●連結財務諸表作成要領●情報システム業務管理規程●情報機器管理要領●内部監査規程)

500 380 自動振替

VC00175経理規程ハンドブック 1999年12月 4-502-17074-7 本書は、組織的経営をめざす企業が、経理にかかわる各種の規程を作成する場合あるいは現在ある規程を見直す場合等に際し、必要な事項をすべて解説したものです。「経理関連規程の作成」編では、各規程ごとに、その規程を作成するにあたっての基本的な「考え方」を示し、条文の各条ごとに「キーポイト」を設け、その条文を作成するに当たっての考え方・検討事項を示し、さらに必要に応じて「参考」を設け、関連する会計原則・法令やフローチャートを掲げています。
目次
VC00171 やさしく学べる簿記・経理 見やすい、わかりやすい、よみやすい連結会計が楽しく勉強できる本 2時間で制覇! 瀬戸裕司/編著 税務経理協会 1,600 経理 [目次]
●基礎編
●実践編(会社の設立
●営業開始1ヶ月目
●営業2ヶ月目
●決算整理事項)
80 380 自動振替

VC00171やさしく学べる簿記・経理 見やすい、わかりやすい、よみやすい連結会計が楽しく勉強できる本 2時間で制覇! 1999年6月 4-419-03325-8 (株)税務経理協会からでている『やさしく学べる日商簿記マスター』シリーズの姉妹書です。そのうち3級レベルに焦点を絞って実務に即役立つ知識を身につけていただくように構成されています。簿記の知識がない方にとっても、わかりやすいようになるべく平易な文章で解説しております。また、イラストや図解を多用し、ビジュアル的にも理解しやすいように工夫しております。これまで行ってきた「1日でわかる簿記経理の基礎実務」という講演の内容を要約したものであり、簿記・経理上のポイントを詰めこんだ中身の濃いものとなっています。実践編の随所に「豆知識」を挿入しています。ストーリーの中では直接出てこないが関連する論点、また少々細かいと思われる内容についてはここで解説しています。
目次
基礎編;実践編(会社の設立;営業開始1ヶ月目;営業2ヶ月目;決算整理事項)
VC00176 経理のしくみとポイント 決算書・バランスシート・損益計算書専門知識がなくてもすぐにマスターできる 大木忍 日東書院 1,200 経理 [目次]
●第1章 経理とはなにか
●第2章 決算書の誕生
●第3章 バランスシートに強くなろう
●第4章 損益計算書に強くなろう
●第5章 損益分岐点に強くなろう
●第6章 これだけは知っておきたい経理のポイント11題
60 380 自動振替

VC00176経理のしくみとポイント 決算書・バランスシート・損益計算書専門知識がなくてもすぐにマスターできる 1999年5月 4-528-01810-1 目次
第1章 経理とはなにか;第2章 決算書の誕生;第3章 バランスシートに強くなろう;第4章 損益計算書に強くなろう;第5章 損益分岐点に強くなろう;第6章 これだけは知っておきたい経理のポイント11題
VC00166 はじめての「経理」入門 たった1枚の図形を覚えるだけ!! 高下淳子 ぱる出版 1,500 経理 [目次]
●序章 1枚の図形で経理がわかる
●第1章 はじめての「経理」入門
●第2章 ところで経理の仕事って何?
●第3章 これが毎日の経理の仕事だ!
●第4章 これが毎月の経理の仕事だ!
●第5章 これが年1回の経理の仕事だ!
75 380 自動振替

VC00166はじめての「経理」入門 たった1枚の図形を覚えるだけ!! 1999年5月 4-89386-712-1 何故、経理を難しく感じるのでしょうか?理由は簡単です。最初の段階でやるべき肝心なことを飛ばしてしまうためです。それは、本書の中心である「5つの箱」の図形をイメージで暗記するという作業です。たったひとつの図形を覚えるかどうかによって、その後の苦労が違ってきます。経理に開眼するのに10年かかってしまう人と、ほんの30分で経理の仕組みを理解できる人との差は、最初の1枚の図形です。会計も資金も簿記も、経理のすべての急所が、1枚の図形に凝縮されているのです。本書は、その会計ワールドの基本の図形を中心にして、常にそこに戻りながら、会計の基礎知識と、経理実務をご理解していただけるように、編集しました。
目次
序章 1枚の図形で経理がわかる;第1章 はじめての「経理」入門;第2章 ところで経理の仕事って何?;第3章 これが毎日の経理の仕事だ!;第4章 これが毎月の経理の仕事だ!;第5章 これが年1回の経理の仕事だ!
VC00173 図解見てわかる経理 角本尚史/監修 池田書店 1,300 経理 [目次]
●1 経理とはどんな仕事か見てみよう
●2 経理のルールを見てみよう
●3 帳簿と伝票のしくみを見てみよう
●4 現金・預金・小切手・手形のしくみを見てみよう
●5 売上と仕入(請求と支払い)のしくみを見てみよう
●6 会社の経費のしくみを見てみよう
●7 人件費のしくみを見てみよう
●8 原価のしくみを見てみよう
●9 消費税のしくみを見てみよう
●10 決算整理のしくみを見てみよう
●11 決算と経営分析のしくみを見てみよう
65 380 自動振替

VC00173図解見てわかる経理 1999年2月 4-262-17414-X 本の内容
これから経理の知識を身に付けたい人、現在経理の担当者、会社経営のしくみや経営分析を知りたいビジネスマンや経営者まで役立つ経理実務書です。
目次
VC00169 よくわかる簿記と経理 海老原 薫 監 西東社 1,300 経理 [目次]
●第1章 簿記と経理の役割と目的
●第2章 簿記のしくみとルール
●第3章 現金、預金、手形の実務と記帳
●第4章 仕入と売上の実務と記帳
●第5章 費用項目と記帳
●第6章 給与、賞与などの計算と記帳
●第7章 債権と債務の処理と記帳
●第8章 固定資産、繰延資産の管理と記帳
●第9章 決算整理の手続き
●第10章 決算書類と税務申告書の作成
●第11章 経営分析のしかた
65 380 自動振替

VC00169よくわかる簿記と経理 1998年10月 4-7916-0121-1 本書は、簿記と経理についての基礎からスタートし、簿記の実務を中心にして、給与計算、決算書類の作成、税務申告、経営分析まで、経理担当者が主として扱う業務について説明したものです。税務申告や経営分析などはかなりのベテランや専門家が扱う分野ですが、知識として知っておいたほうがよいことはもちろん、彼らをサポートするうえでも役に立つと考えて取上げました。
目次
VC00178 経理のしくみ 基礎知識から実務まで仕事に役立つ完全アドバイス 太田則利 日本文芸社 1,300 経理 [目次]
●第1章 「経理」とはどんな仕事か
●第2章 簿記のしくみを知る
●第3章 現金・預金の出納と小切手・手形の知識
●第4章 「売上」に関する経理
●第5章 「仕入」に関する経理
●第6章 「経費の支払い」に関する経理
●第7章 人件費の知識と給与計算のしかた
●第8章 消費税のしくみと計算のしかた
●第9章 勘定科目の知識と税務
●第10章 決算のしかた
●第11章 決算書の作成のしかた
●第12章 法人税・法人住民税・法人事業税の知識
●第13章 決算書と経営分析

65 380 自動振替

VC00178経理のしくみ 基礎知識から実務まで仕事に役立つ完全アドバイス

本の内容
あなたの即戦力になる経理実務書の決定版!「仕訳・記帳事務から決算書作成」まで、豊富な実例で具体的に解説。経理業務に不可欠な「税金の知識と実務」もやさしく説明。知りたいことがすぐに引ける詳細な「さくいん」付き。経理の知識がさらに深まる「PLUSαMEMO」を充実。
目次
第1章 「経理」とはどんな仕事か;第2章 簿記のしくみを知る;第3章 現金・預金の出納と小切手・手形の知識;第4章 「売上」に関する経理;第5章 「仕入」に関する経理;第6章 「経費の支払い」に関する経理;第7章 人件費の知識と給与計算のしかた;第8章 消費税のしくみと計算のしかた;第9章 勘定科目の知識と税務;第10章 決算のしかた;第11章 決算書の作成のしかた;第12章 法人税・法人住民税・法人事業税の知識;第13章 決算書と経営分析

VC00170 図解と絵でわかる経理
上坂 善章 
西東社 1,300 経理 [目次]
●第1章 経理の役割と仕事
●第2章 決算書を見てみよう
●第3章 記帳する
●第4章 現金・預金・小切手・手形
●第5章 売上と仕入
●第6章 おもな経費などの取扱い
●第7章 給与などの計算
●第8章 棚卸しと原価計算
●第9章 決算整理
●第10章 決算と経営分析
65 380 自動振替

VC00170図解と絵でわかる経理
1996年12月 4-7916-0291-9 本の内容
経理というと、むずかしそう、とっつきにくそう…というイメージが先行しているようですが、決してそんなことはありません。たとえば実際に経営分析をしてみるとなかなかおもしろいものですし、借方、貸方に分けるという作業についても慣れれば、パズルを組み立てていくようなおもしろみがあります。本書でも、できるだけビギナーのみなさんが、楽しみながら経理の体系を理解できるよう、実例、伝票や帳簿のサンプル、図版、イラストをふんだんに盛り込み、イメージしやすい構成に努めています。とくに巻頭のカラーページでは、経理システムをやさしいチャートにまとめ、より親しみやすいものにしました。
目次
第1章 経理の役割と仕事;第2章 決算書を見てみよう;第3章 記帳する;第4章 現金・預金・小切手・手形;第5章 売上と仕入;第6章 おもな経費などの取扱い;第7章 給与などの計算;第8章 棚卸しと原価計算;第9章 決算整理;第10章 決算と経営分析





VC00172 簿記・経理早わかり 図解セミナー 大原簿記専門学校実務能力開発プロジェクトチーム/編著 
増進堂 1,100 経理 [目次]
●第1章 会社と簿記・経理
●第2章 簿記とは何か
●第3章 勘定科目の勘どころ
●第4章 会社の税金・個人の税金
●第5章 決算数字の見方・考え方
55 380 自動振替

VC00172簿記・経理早わかり 図解セミナー 1995年4月 4-424-52105-2 本の内容
経理の基本が見える、読める。大原簿記「教えるプロ」の簿記・経理入門書。ビジネスにすぐ役立つ、実務能力開発ブック。利益を上げ、経費を抑える計数感覚が身につく。
目次
第1章 会社と簿記・経理;第2章 簿記とは何か;第3章 勘定科目の勘どころ;第4章 会社の税金・個人の税金;第5章 決算数字の見方・考え方
VC00002 お金、この神秘なるもの J・ニードルマン 角川書店 2,330 money [目次]
序文 お金の力
第1部 豊かな社会と貧しくなった心
第2部 最も価値のある貨幣
第3部 お金―あらゆるものに入りこんでいる、説明しようのないもの
117 380 自動振替

VC00002お金、この神秘なるもの


VC00044 電子商取引のマーケティング ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス部編 ダイヤモンド社 1,600 ネットビジネス [目次]
第1篇 経営環境のパラダイム転換
●業種・業際の「超融合化」時代の企業戦略
●金融界に訪れたパラダイム転換
第2篇 エレクトロニック・マーケティング
●エレクトロニック・マーケティングの本質と実践
●サイバー空間におけるマーケティングの新潮流
●バーチャル・ストアを利用した市場調査のイノベーション
第3篇 eコマースによるインキュベーション
●ネットワーク空間を制する四つのビジネスモデル
●個客と企業との永続的関係を築くネット・メディア戦略
80 380 自動振替

VC00044電子商取引のマーケティング


VC00253 インターネットはグローバル・ブレイン 立花隆 講談社 1,900 情報革命 [目次]
1 語る―インターネットはグローバル・ブレイン
●「インターネットはもう終わり」か?
●『インターネットはからっぽの洞窟』か
●考えるための材料はいくらでも収集可能 ほか
2 探る―インターネットはどこでもドア
●関連情報が充実している巨大ニュース・リンク
●仮想ミュージアムで世界中の絵画を鑑賞する
●最新の映画情報をキャッチし、懐かしの名優に出会う ほか
3 話す―インターネットは社会をどのように変えるのか
●日本を変える大衆参加型メディア―対談・吉村伸
●二十一世紀型ライフスタイルをつくる原動力―対談・吉田望
●新聞が変わる。メディア再編の時代―対談・堀鉄蔵 ほか
4 問う―コンピュータの未来 対談
●ビル・ゲイツ
95 380 自動振替

VC00253インターネットはグローバル・ブレイン


VC00004 SOHO独立開業ビジネスの素134 井指賢 JBD 1,300 SOHO
65 380 自動振替

VC00004SOHO独立開業ビジネスの素134


VC00005 SOHO独立開業ビジネスの素2 井指賢 JBD 1,400 SOHO
70 380 自動振替

VC00005SOHO独立開業ビジネスの素2


VC00006 SOHO独立開業ビジネスの素3 井指賢 JBD 1,400 SOHO
70 380 自動振替

VC00006SOHO独立開業ビジネスの素3


VC00111 マーケティング革新の時代 2 嶋口充輝/〔ほか〕編 有斐閣 2,700 マーケティング [目次]
第1部 「追いつき追い越せ」時代
第2部 「ジャパン・イズ・ナンバーワン」時代
第3部 日本から学ぶ開発プロセスのマネジメント
第4部 「弱肉強食」時代
135 380 自動振替

VC00111マーケティング革新の時代 2 1999.7.1

VC00112 マーケティング革新の時代 3 嶋口充輝/〔ほか〕編 有斐閣 2,700 マーケティング [目次]
ブランドをつくるということ
第1部 ビジョンから始まるブランドづくり
●ブランドは消費者のメンタル・プラットフォーム―ソニー
●伝統を超えて時代をリードする―メルセデス・ベンツのブランド・ポジショニング
●ブランドのDNAとしての闘争心―ナイキ ほか
第2部 強いブランドに学ぶ
●国とカテゴリーを超えてブランド・ファミリーをつくる―ネスレ
●グローバルに美を売る―資生堂のマルチブランド戦略
●顧客から始まる逆三角形の組織図―ノードストローム ほか
第3部 こんな技術がブランド構築を支える
●ブランド・スチュワードシップ―オグルヴィ・アンド・メイザー社
●グローバル・ブランディングとブランド・パワー診断―ヤング・アンド・ルビカム社のBrandAsset Valuator
●ブランド診断システムの一例―BRX/GLOBAL RESEARCH社の「ブランド・エクイティ・システムズ」 ほか
135 380 自動振替

VC00112マーケティング革新の時代 3 1999.7.1

VC00113 マーケティング革新の時代 4  嶋口充輝/〔ほか〕編 有斐閣 2,700 マーケティング [目次]
第1部 メーカー・マーケティングの展開
●流通系列化政策の歴史的展開―松下電器のチャネル戦略
●自動車フランチャイズ・システムの生成と再革新―GM:サターン・プロジェクトの模索
●ディスカウンターの盛哀―商業集積としての秋葉原
第2部 近代小売産業の確立
●総合スーパーの成立―ダイエーの台頭
●新業態としての食品スーパーの確立―関西スーパーマーケットのこだわり
●専門チェーンの台頭―青山商事のビジネス・システム ほか
第3部 情報化時代のマーケティング・システム
●進化するコンビニ・システム―セブン・イレブン・ジャパンの成功
●流通システムの発展―変革を繰り返す花王
●大手メーカーと量販店間の「製販連携」の展開―P&Gとウォルマートの協調と確執 ほか
第4部 卸売業・生産財の流通革新
●オーダー・エントリー・システムの追求―半導体メーカーのシステム改変
●クイック・レスポンス・システムの展開―アパレル産業の革新
●中間流通の革新―常識へ挑戦するトステム ほか
135 380 自動振替

VC00113マーケティング革新の時代 4  1999.7.1

VC00228 小さいことにくよくよするな! 2 リチャード・カールソン サンマーク出版 1,500 自己実現 [目次]
●前向きな気分環境をつくる
●十分間の余裕をみる
●ハッピーな配偶者はあなたの味方
●いまの瞬間を生きる子供に学ぶ
●身の保全より心の保全
●たまにはキレてもいい
●相手の話を聞く
●きょうだいゲンカは放っておく
●家の手入れは橋のペンキ塗りと同じ
●電話に出ない〔ほか〕
75 380 自動振替

VC00228小さいことにくよくよするな! 2


VC00229 小さいことにくよくよするな! 3 リチャード・カールソン サンマーク出版 1,700 自己実現 [目次]
●仕事は思いきって楽しもう
●コントロール癖にご用心
●競争のワナにはまるな!
●締め切りにオロオロしない
●「電話なしタイム」をつくる
●忙しがるな!
●退屈な会議も使いよう
●「疲れる」と思うだけで疲れる
●お役所仕事は消えてはくれない
●「死んでしまったら、仕事はできない」〔ほか〕
85 380 自動振替

VC00229小さいことにくよくよするな! 3


VC00230 インナー・トラヴェルズ 下 マイクル・クライトン ハヤカワ文庫 621 自己実現
31 380 自動振替

VC00230インナー・トラヴェルズ 下


VC00156 2000年版 最新経営イノベーション手法50 日経ビジネス編 日経BP社 1,500 経営
75 380 自動振替

VC001562000年版 最新経営イノベーション手法50


VC00290 21世紀、世界は日本化する〜超先端国・日本の実力 日下公人 PHPソフトウェア・グル−プ 1,500 地球市民
75 380 自動振替

VC0029021世紀、世界は日本化する〜超先端国・日本の実力


VC00259 30のキ−ワ−ドで学ぶ21世紀のIT手法 日経BP社編 日経BP社 933 情報革命
47 380 自動振替

VC0025930のキ−ワ−ドで学ぶ21世紀のIT手法


VC00052 E−ファイナンスの挑戦
ソフトバンク・ファイナンスが創る21世紀の金融イノベーター
北尾吉孝 東洋経済新報社 1,600 ネットビジネス [目次]
第1部 ソフトバンクのE‐ファイナンス戦略
●これまでの日本の金融システム
●構造的変化の潮流
●ソフトバンク・ファイナンスの戦略

第2部 21世紀の金融イノベーター
●投資信託市場を開拓する
●投資家主権を確立するインターネット・トレーディング
●保険のマーケットプレイスで保険を選ぶ
●インターネットが変える外国為替取引
●消費者主権でローンを借りる
●ライフプランを通じた金融のトータルアドバイザー
●インターネット・ショッピングの発展に経済面から貢献する
80 380 自動振替

VC00052E−ファイナンスの挑戦
ソフトバンク・ファイナンスが創る21世紀の金融イノベーター



VC00250 ITパワ−〜日本経済・主役の交代 中谷巌、竹中平蔵 PHP研究所 1,000 情報革命
50 380 自動振替

VC00250ITパワ−〜日本経済・主役の交代


VC00157 MBA講義 八城政基 日経BP社 1,600 経営 [目次]
第1日 エクソン、シティバンクは危機をどう乗り切ったか
   1 グローバリゼーション
       規制のきかない金融の世界/キャッシュ・マネジメント・アカウント
2 遅すぎる問題処理
       消える銀行と不良債権処理/下げつづけた不動産市場
   3 ジョン・リードの問題処理
       「自分は大失敗した」/シティのバランスシート
       漢方薬では遅すぎる
   4 大合併の時代
       ブームの背景/巨大銀行の誕生/石油業界の再編
       エクソン・モービルの誕生
   5 エクソンの歴史
       独禁法による企業分割/同意審決/エッソとモービル
   6 エクソンの危機対応
       カトリック教会/一回目の危機対策/増産計画の抑制
       刺身とビフテキ/資源枯渇への備え/LIFOとFIFO
       バブルの最中の知恵/優先順位は利益性/アメリカ流人員削減
       年金の計算/指名解雇をどう実施するか
   7 躊躇する日本の経営者に
       経営者は寂しい/悪い年ほどストックオプションを増やせ
   ■質疑応答
       リエンジニアリングの失敗は/エクソンの経験をシティで生かす
       やってはいけないこと
   8 シティバンクの危機対応@
       タクスフォースと「血判状」/アメリカの銀行監督
       メモランダム・オブ・アンダスタンディング
       ファイブ・ポイント・プラン/キャピタル・ベース
       コア・ビジネス、カスタマー/公的資金に頼らず
       顕著に回復した株価
   9 シティバンクの危機対応A
       リスク管理の土壌/焦げ付き経験の有無
       キャメル方式とは/キャメルのMはマネジメント
       トップが承認しなければ・Eは収益、Lは流動性
       当たり前のことを実行する/リカバリーからストラテジーへ
       大きな方向転換/お客のニーズを聞く/ブランド・エクイティ
   ■質疑応答
       「偉い人」をつくるな/トップから交代を
       ゼネラル・マネジャーの仕事/共通語はバッド・イングリッシュ  
   
 第2日 取締役会をどう変えるか
   1 弁護士とロイヤーの違い/企業内弁護士の存在/タックス・ロイヤー
       重要なプロジェクトへの参加/法律違反を回避する方法
   2 バブルの責任論について
       倫理観の問題ではない/問題はシステム/どう実行するか
   3 プランニングについて
       シェルのシナリオ・プランニング/シティの方式
   ■質疑応答
       コンサルタントの使い方/知恵にお金を出さない
   4 債権大国も自慢にならない
       債権大国の実像/滞留するマネー/海外投資のリターン
       ジャパニーズ・マネジメント/「シティさん、全銀協に入りませんか」
       消費者のパワー/「成功を祈ります」/出戻りも当たり前  
   5 利益率について考える
       競争の変化/ROE、ROCE、EVA/ROTA
       シャット・ダウンの経済学/キャッシュフロー会計
   6 取締役会をどう機能させるか
       監査役は閑散役/社外取締役制度の導入/「社会の良心を入れろ」
       経営陣と取締役の峻別/日本型執行役員制度はまやかし
       監査委員会の機能/内部監査の報告/人事報酬委員会の役割
       CEOの辞めさせ方/役員報酬の決め方/スコア・カード
   7 エクソンの企業統治
       各種委員会の役割
   ■質疑応答
       社外取締役をどう選ぶか/社外取締役をどう評価するか
       報酬よりも名誉/五〇代半ばで就任
       英国の改革/悪いボードの例
   8 ステークホルダーとシェアホルダー
       だれもが不満
   ■質疑応答
       もの言わぬ取締役に無言の圧力/取締役会はセレモニーではない
       評価はベル形曲線で
 
 第3日 株主資本主義とは何か
   ■質疑応答
   1 邦銀の値段
       低い利益率/リスク評価/もっと頭を使え
       お雇い外国人の導入/磨けば光る
   2 現地法人のガバナンス
       現地法人の場合/親会社との関係
       現地採用という言葉はない/給与の話
       アメリカ人は三倍
   3 人口減少、高齢化、年金
       英国と移民問題/高齢化が産業を変える
       未積み立て債務は八〇兆円/アメリカ企業の対応
       株価の資金調達/401k/個人資産に日米差  
   4 シェアホルダー資本主義
       株式市場の構造/なぜシェアホルダーが大事か
       企業を変えるパワー?/優良銘柄
   5 人事、人材開発
       人事評価について/早く見極める/評価のポイント
       評価の評価/幹部をどう育てるか/公平なエクソンの方式
   6 サラリーの決め方
       エクソンは年功序列的
   ■質疑応答
       給与体系はどうか/評価のフィードバック
       評価に差をつける/敗者復活戦/同期入社の処遇
       ある日、部下が上司に/だれを社長にするか
       一〇万人から四〇人を選ぶ
   7 MBAの効用
       管理職の訓練/MBAの使い方
       異業種経験を重視
   8 人材抜擢法
       
 第4日 企業を変える
   1 議論の前提
       講義のまとめ/変化への対応/ジョン・リードの決断
       日産の改革
   2 社会人学生の問題意識
      論点その1・借り物の民主主義
      論点その2・プロフェッショナルの不在
      論点その3・隣りを気にする
      コメントその1・マネジメント・バイ・ポジションの問題
       経営企画の仕事/社会主義的
      コメントその2・「みんな敗者」の資本主義
       ガービンの話
      コメントその3・リースマンの指摘
       やはり社外取締役/業界団体の存在
      コメントその4・広報の機能と役割
       ロビイストの役割/エクソン、シティの不祥事処理
       サービス・エクセレンス
      論点その4・マーケットシェア至上主義
      コメントその5・利益のあるシェア
       利益を生まない付加価値
      論点その5・個の自立を促す仕組み
       戦略なきチームワーク
      コメントその6・ロジカルに考える
   3 解決の具体策を考える
      対策その1・プロフェッショナルの中途採用
      対策その2・ジョブ・ポスティングの実施
      対策その3・能力給の徹底
      ■総括・制度の問題
       女性をどう使うか/ジョブ・ポスティング
       採用は慎重に
      対策その4・役員報酬の増額
      ■総括・すべてはCEO次第
       二期四年では/社員からの直訴
       経営を評価する仕組み
      対策その5・株主総会、子会社を変える
       改革派に期待しても
      ■総括・持ち株会社のメリット
       プロ株主対策/執行役員こそ偉い
      対策その6・教育を変える
       途上国の留学を
      ■総括・形ではなく中身を変える
       地位を与えたら権限も/形式主義の弊害
       シティでの話し合い/他人から学ぶ
 
 第5日 グローバリゼーションを理解する
   ■質疑応答
   1 責任のとり方
      機関投資家はものを言え
   2 新規投資の判断基準
      市場のニーズを見極める/シティでの経験
      わずか半年で/Eコマース、Eビジネス
      経済性の判断/石油採掘のケース
      ウインドウズ・オブ・リスク/アジア危機とリスク
   3 情報技術に対する認識
      ジョン・リードの考え/社長も生存競争にさらされる
      合併の理由/金融はテクノロジーで決まる
      
   4 グローバリゼーション六つの潮流
      金融自由化が契機/メリルの攻勢/英国のビッグバン
      為替取引の飛躍的拡大/メイド・イン・グローバリー
      銀行も差別化が必要/不便なクレジットカード
      シンガポールに移す/ITの効用/進む制度の国際標準化
      10Q/バフェットの投資哲学/インターネットと英語
      わかったふりは危険/いまが一番忙しい
80 380 自動振替

VC00157MBA講義


VC00303 インタ−ネットのミニ株取引から始めて株で1億円作る! 仁科剛平 ダイヤモンド社 1,400 投資 [目次]
プロローグ 1億円実現のキーワードは複利・街け算型投資とニュー・ジャパン銘柄
第1章 株式投資の基礎知識
第2章 株価はなぜ動くのか?
第3章 インターネット取引口座を開設する
第4章 第1ステージ―10万円を300万円にする投資術
第5章 第2ステージ―300万円を1000万円にする投資術
第6章 第3ステージ―1000万円を1億円にする投資術
第7章 インターネット&パソコンは株式投資の強い味方
70 380 自動振替

VC00303インタ−ネットのミニ株取引から始めて株で1億円作る!


VC00159 コ−ポレ−トブランド経営 伊藤邦雄 日本経済新聞社 1,800 経営
90 380 自動振替

VC00159コ−ポレ−トブランド経営


VC00098 コトラ−の戦略的マ−ケティング
いかに市場を創造し、攻略し、支配するか
フィリップ・コトラ− ダイヤモンド社 2,200 マーケティング
110 380 自動振替

VC00098コトラ−の戦略的マ−ケティング
いかに市場を創造し、攻略し、支配するか



VC00251 テクノロジ−・ストリ−ミング〜技術頭脳集団NTT−ATの挑戦 船木春仁 ダイヤモンド社 1,800 情報革命 [目次]
第1章 電話はつながる、という常識への挑戦
第2章 接着剤が光の回路になる
第3章 ミクロの世界の旅人
第4章 パラボラアンテナがいつも白く、きれいな理由
第5章 コミュニケーションの根源に迫る音声研究
第6章 世界的資産「電波」のパイロット
第7章 物言わぬ物体とのコミュニケーション
第8章 知の流通を変える電子図書館
第9章 電気の宿命と真摯に向き合う
第10章 次世代情報通信技術の研究開発マネジメントを探る
90 380 自動振替

VC00251テクノロジ−・ストリ−ミング〜技術頭脳集団NTT−ATの挑戦


VC00048 ドットコム・ショック
新旧交代の経済学
大前研一 小学館 1,400 ネットビジネス
70 380 自動振替

VC00048ドットコム・ショック
新旧交代の経済学



VC00082 ナスダック・ジャパン&東証マザ−ズ&新店頭市場の公開ガイド 図解 太田昭和監査法人 中央経済社 2,000 ベンチャー株
100 380 自動振替

VC00082ナスダック・ジャパン&東証マザ−ズ&新店頭市場の公開ガイド 図解


VC00160 ネット・ビジネスモデルの経営 福島美明 日本経済新聞社 1,600 経営
80 380 自動振替

VC00160ネット・ビジネスモデルの経営


VC00050 ネットパワ−〜ネットビジネスの行方 早川優 総合法令出版 1,500 ネットビジネス
75 380 自動振替

VC00050ネットパワ−〜ネットビジネスの行方


VC00161 よくわかるITマネジメント 杉浦司 日本実業出版社 1,600 経営
80 380 自動振替

VC00161よくわかるITマネジメント


VC00149 リコ−の環境価値マネジメント〜なぜ環境格付けno.1企業になれたのか 峰如之介 ダイヤモンド社 1,800 経営 [目次]
1章 初めての開発承認
2章 リサイクル対応設計憲法起草
3章 環境複写機第一号の誕生
4章 資材革命とコメットサークル
5章 リサイクルコストを把握しろ
6章 リマニュファクチャモデルが新モデル
7章 ゴミゼロやります!
8章 走って走って4700キロ!
9章 ゴミゼロ工場は高収益
10章 工場からゴミが消えた日
11章 環境価値マネジメントと環境ビジネス
90 380 自動振替

VC00149リコ−の環境価値マネジメント〜なぜ環境格付けno.1企業になれたのか


VC00144 会社を辞めるときの退職・転職完全ガイド 日本実業出版社 1,333 起業
67 380 自動振替

VC00144会社を辞めるときの退職・転職完全ガイド


VC00174 監査小六法 平成12年版 日本公認会計士協会 中央経済社 4,800 経理
240 380 自動振替

VC00174監査小六法 平成12年版


VC00102 経済のニュ−スが面白いほどわかる本
日本経済編
細野真宏 中経出版 1,400 マーケティング [目次]
1 円高と円安と日本の景気について
●「円高」、「円安」ってどういう意味?
●(外国)為替相場の決まり方について
●どんな状況になると円高や円安になるのか? ほか

2 日銀の仕事について
●銀行の仕事について
●日銀の仕事について
●日銀は日本で唯一の発券銀行 ほか

3 バブル経済について―マネー経済への導入
●日本とアメリカの貿易の関係について
●プラザ合意について
●お金を売ったり買ったりするってどういうこと? ほか

4 バブル崩壊後の日本と景気対策について―景気対策の効果とその問題点
●不良債権の処理について
●銀行の貸し渋りについて
●自己資本比率について ほか

5 借金大国日本の現状について
●国債について
●日本の借金はなんでこんなに増えたのか?
●歳出が増加している原因について ほか
70 380 自動振替

VC00102経済のニュ−スが面白いほどわかる本
日本経済編



VC00301 個人投資家は「人気株」でうまく儲けなさい 湊川啓祐 すばる舎 1,500 投資
75 380 自動振替

VC00301個人投資家は「人気株」でうまく儲けなさい


VC00054 図解eビジネス ア−サ−アンダ−セン 東洋経済新報社 1,600 ネットビジネス
80 380 自動振替

VC00054図解eビジネス


VC00257 図解IT経営 新谷文夫 東洋経済新報社 1,600 情報革命
80 380 自動振替

VC00257図解IT経営


VC00106 図解でわかるインタ−ネットマ−ケティング〜これがスピ−ド時代のマ−ケティング手法だ!: 博報堂 日本能率協会マネジメントセンタ− 1,600 マーケティング [目次]
第1章 インターネットマーケティングとは何か
●インターネットマーケティングとは
●インターネットマーケティング市場の動向 ほか

第2章 顧客とのリレーションシップづくり
●常連客をどのようにつかまえるか
●顧客データベースを装備する ほか

第3章 インターネット調査の実務と効果測定
●インターネットマーケティングの効果測定
●効果測定方法の分類 ほか

第4章 ウェブサイト制作の実務と運営方法
●とりあえずウェブサイト制作を始めてみる
●制作の全体的な流れをつかむ ほか

第5章 システム構築の基礎知識
●ウェブサイト運営チームを組織する
●ウェブサイト運営のポリシーを決める ほか
80 380 自動振替

VC00106図解でわかるインタ−ネットマ−ケティング〜これがスピ−ド時代のマ−ケティング手法だ!:


VC00003 図解でわかる金融工学入門 石井至 日本能率協会マネジメントセンタ− 1,800 money
90 380 自動振替

VC00003図解でわかる金融工学入門